スタッフ「Satoshi Tsuruta」の記事

銀座の靴


みなさま、こんにちはTsurutaです。


北角ブログでも紹介されていましたが…。

ビームス 銀座では現在、レザーシューズが大充実!の品揃え。




<ALDEN>でもおなじみ、米・ホーウィン社の美しいシェルコードヴァンを贅沢に使用したアッパー、トリプルソールとハンガリアンラストが生み出す重戦車級のたたずまい。
唯一無二の存在感を誇る<HEINRICH DINKELACKER>がビームス 銀座にも登場です!



グルカサンダルの火付け役といえばコチラ。
惜しげもなく使われる高級素材や丁寧なステッチ、熟練職人によるハンドソーンの底付けなど、イタリア靴の古典的な良い部分がしっかり残っている「良いシューズ」です。
<F.LLI.GIACOMETTI>はレザーサンダル以外にローファーもおすすめです。



説明不要の<ALDEN>。
<International Gallery BEAMS>の別注モデル群はどれもが一癖ある仕上がり。フォクシングステッチを施した某・B.B社仕様のタッセルスリッポンはここ最近のスマッシュヒットです。



昨日(8/12)閉店後に大きくレイアウト変更した店内中央のシューズコーナーは、こんな感じ。



コーナーではレザーブルゾンを着用した3体のマネキンくん達がお出迎え。


ベージュ系のニット&プリーツパンツでクラシカルなムードですが、ヴィヴィッドオレンジの<ROBERTO COLLINA>ニットキャップでシリアス度が20%減。埃っぽくなりすぎない様に気を付けたポイントです。ヘリテージ感強めのコーディネートには<ALDEN>のコンビV-tipがぴったりマッチ。ちなみに、アッパー切り替えの内側が濃色のコンビシューズは珍しいですね。



オレンジキャップの奥にもふたり、控えています。


ブラック&ブラウン。

どちらも旬のカラーリングです。
スエード素材ドライビングブルゾンのインナーにボタンダウンシャツ+ウールニットタイで70'sプレッピーを気取った茶色い彼。
アルパカ素材のフェアアイルベストにウールタイ、サキソニーパンツにダブルのライダースを合わせた色黒の彼。


足元は<ALDEN>の黒スエードタッセルスリッポンと<ENZO BONAFE>のビットモカシン。


レザーブルゾン+レザーシューズで秋の装いを先取りした三人です。


こう暑くては、秋冬物なんてまだ試着出来ないよ。

ごもっともです。


まずはこの秋のイメージを掴んで頂くということで…。

銀ブラの涼みがてら、シューズでもゆっくりご覧になってみてください。



CROCKETT&JONES DIJON
カラー:BLACK、DARK BROWN、NAVY
価格:¥87,000+税
商品番号:21-32-0194-502

とはいえ、このあたりは秋になる前に無くなってしまいそう…。




店内中央のシューズコーナーとは別で、店内最奥にはいつも通りドレスシューズがずらりと。



階段の傍には人気の<Paraboot>などがギッシリ。


こんなにシューズが揃うショップはなかなかありません。
ビームスでも随一かと。


・・・・・・・・・・・・・・・


えっ?ところで夏のセールはもう終わってしまったの?



盛夏アイテムはエントランスコーナーにてご覧いただけます。



スイムウェアにパイル地のTシャツ、その上にジャケットを羽織ったプールサイドスタイル。足元はグルカサンダルです。


夏の靴、秋の靴は是非ともビームス 銀座にて。

皆さまのご来店、お待ちしております。




Tsuruta