タグ「ヘリンボーンジャケット」の記事

日替わりブログ〜私が本気で欲しいもの〜




こんにちは!




今週もやってまいりました!



日替わりブログ!



テーマはこちら!!




【私が本気で欲しい物】





夏真っ只中、しかし店内には早くも秋冬物がチョコチョコと入荷中、、




何買うか悩みますよねえ、 、




そんな皆様をお助けすべく!




各スタッフが本気で今欲しい物をご紹介!



必見です!!




では早速、私のオススメから、、、




こちら!!








BEAMS F / MARLING & EVANS ヘリンボーン ジャケット
価格:¥85,800(税込)
商品番号:21-16-1983-731






〈MARLING&EVANS〉社の生地を使用した、BEAMS F オリジナルのジャケット。


秋冬アイテムになります。








ウール100%、ブラウンのヘリンボーン織



若干起毛した質感







パッチポケット仕様で軽やかな雰囲気。




ずっと探してたんです!



シンプル、かつクラシックな雰囲気のブラウンのジャケット!



まさにドンピシャ、早速コーディネート組んでみました。







クリームのBDシャツに、ネイビー×イエローのストライプタイ。


合わせたのはリジットのデニムにブラウンのタッセルローファー。



全体的な色味のニュアンスを合わせてまとまりを出してます!



かなりオーソドックスな合わせですが、カッコいい!!と僕は思います。



もちろんインナーをニットなんかに変えて、カジュアルダウンしても良さそうです。




なんならインナーは古着のトレーナー、足元ニューバランス、頭にベースボールキャップ、なんて合わせも良さそう、、



色々思いついちゃって止まらないです。



そのくらいオススメ!!


お客様の好みに合わせてコーディネートを提案させていただきますので、是非一度手にとって見ていただきたいです!








と、僕のオススメはここまで。





明日紹介してくれるのはこの方、、









要チェックです!!







後藤

ほんまのほんまもん(3)


ほんまです。


頻繁にスタイリングを更新してるせいもあってか、

最近よく「今日も緑と茶だね」と、言われます。


"緑茶のほんま" 

なんかお茶の広告みたいですね。


はい。


【本日の一枚】



黄昏てますね。


世界遺産 

ジャイアンツ・コーズウェイ

(Giant's Causeway)


Ireland アイルランド です。


この写真を見返して

ここどこだったっけ?

ん、ジャイアンツ・コーズウェイだ。


と、なりました。

訪れてからだいぶ時間は経ちますが、

印象深い場所は覚えているものですね。


ジャイアンツ・コーズウェイ。

名の通り意味は"巨人の道"

巨人が造ったという伝説すらあります。


私が座っている大小様々な六角形の岩。

これら実は自然にできたものなんです。

先程の巨人の伝説はさておき

火山活動でこうなったそうですが、

だとしても、とても神秘的です。


イルミネーションは好きではない私。

むしろ、自然の創り出したモノに

とても魅力を感じます。


このジャイアンツ・コーズウェイ

アクセスは控えめに言って不便そのもの。

しかし、行く価値は十分あります。


私も首都ダブリンから

時間をかけて訪れました。


アイルランドを訪れる際は、

是非とも。



それでは、はい。

メインディッシュよりも力が入り気味な

オードブルの前置きを終え、


メインへ行きましょう。


【本日の一品】



BEAMS F / JOHN HANLY 

ヘリンボーン ジャケット
カラー:BROWN
サイズ:42〜52
価格:¥77,000+税
商品番号:21-16-1655-731



 BEAMS F オリジナル

ヘリンボーンのジャケットです。


前述の通り、茶色を愛する私。

私服も含め茶系がとても多く、

少々土臭いくらいの物が好きです。


そんな私が入荷した時に

一目散に試着したのがこちら。




茶系のヘリンボーンに

赤、黄、などのネップが入っており

とても洒落ています。


どの色を拾って、Vゾーンを組もうか

生地を見ただけでもワクワクしますね。




そして、

生地はJOHN HANLY


はい、ここでようやく

オードブルの前置きと繋がります。


1893年に設立された

アイルランドの老舗生地メーカーです。




身長180cm size48


私は思い切り "黄" を拾いました。


デニムと合わせていますが、

ウールスラックスや、コットンパンツでも

幅広く活躍してくれます。



ニットが活躍する季節となってきましたので

中にエンジ色のニットなどいかがでしょう。


こちらではクルーネックを合わせていますが、

モックネックや、タートルネックももちろん。


生地の多色にやられ、難しそう…

と、思われるかもしれませんが、

そんなことはありません。


むしろ、

持ってる服のどれと合わせよう。と

服選びが楽しくなる一着です。




楽しい服選びを。


是非とも。


ほんま