タグ「比べてみました」の記事

ブレザーとブレザー

こんばんは!



本重です!




今日は久々の「比べてみました」シリーズ。本日比べるのはこちらの二つ。




BEAMS F / ARTHUR HARRISON フランネル ダブル ブレザー
サイズ:42〜52
価格:¥98,000+税
商品番号:21-16-1775-264

BEAMS F / ARTHUR HARRISON ダブル ブレザー
サイズ:42〜54
価格:¥89,000+税
商品番号:21-16-1824-015

ブレザーです。どちらも<BEAMS F>のオリジナルですが、モデルが違います。

向かって左が「SENZA INTERNO 6BW」(以下S)、右が「NORMAL CONSTRUCTION 6BW (HAND MADE LINE)」(以下H)

今回はダブルの形を比べます。


 

まず、ラペルの太さが違います。「H」の方がやや太め。合わせがやや浅いのか、Vゾーンも広く見えますね。ボタン位置も微妙に違います。


 

着丈は「H」の方が長い仕様に。ウエストシェイプは「S」の方がややきつめ。全体のディテールは同じです。


 

肩まわりの雰囲気も違ってきます。なだらかに傾斜がついたのぼりの「S」(上)に比べ、やや急な角度で袖山が少し盛り上がるような袖付けの「H」。ただどちらも丸みを帯びた柔らかなルックスになりますので、ここは微妙な好みになってきます。


 

生地はどちらも<ARTHUR HARRISON>。どちらもウール100%のハリのある生地ですが「H」は綾織り、「S」はフランネルです。


 

ボタンです。どちらもエンブレムのゴールドメタルボタン。「H」の方がやや厚みのあるボタンを使っています。


 

裏地。落ち着いたグラデーションの「S」に、洒落たレッドの「H」。どちらもキャプラを用いています。完全にお好みです。



 

同じようで違う、二つのブレザー。見たままのルックスはもちろん、実際に着た際の着用感やシルエットも違ってきます。最終的にはお好みですが、どちらも間違いないのない逸品です。




 

ちなみに私は、「H」の方を購入し、困ったら着るぐらいの勢いで着ています。

 

シンプルなタイドアップスタイルも、


 

少しクセのあるタイドアップスタイルも、


 

ニットを合わせたカジュアルスタイルにもすんなり合わせられます。





BEAMS F / ARTHUR HARRISON ブレザー
サイズ:42〜54
価格:¥83,000+税
商品番号:21-16-1793-015

ちなみに今回比べてはいませんが、シングルもおすすめです。コーディネートの合わせ方などは基本的には同じで大丈夫ですよ。




 

スタッフ着用率ナンバーワンと言っても過言ではないブレザー。どんなコーディネートも包み込んでくれる汎用性は、一着持っておいて間違いないアイテムです。

皆様もぜひチェックしてみてくださいね!
















それではご来店をお待ちしております。







本重





 

↑フォロー機能で投稿を簡単にご覧いただけます!








<GERMANO>「ノープリーツ」と「ワンプリーツ」

こんばんは!



本重です!




お昼にアップしたブログはご覧いただけましたか?

あの人気ブランドのパンツを比べていますよ!




そして今回も比べていきます。




GERMANO / トロピカルウール ノープリーツ スラックス
サイズ:42〜52
価格:¥24,000→12,000+税
商品番号:21-23-0741-081

GERMANO / トロピカルウール 1プリーツ スラックス
サイズ:42〜52
価格:¥24,000→12,000+税
商品番号:21-23-0739-081

<GERMANO>のスラックス、「ノープリーツ」と「ワンプリーツ」モデルです。




こちらの二つ、ディテールはほぼ変わりません。同じ生地の「ノープリーツ」モデルと「ワンプリーツ」モデルといったところです。



ただ、もちろんプリーツの有無で見え方が変わってきます。




唯一の違いは持ち出し部分。通常ボタンの「ノープリーツ」に対して、見えない仕様の「ワンプリーツ」。それに伴って、ピンループもありとなしになっています。




気になるのはシルエットですよね。


並べてみます。違いはわかりません。




重ねてみてもほとんど同じです。笑






ということで着せてみます。



プリーツがある分、「ワンプリーツ」の方がややもも周り、ヒップにゆとりがあるように見えますね。







と、ここで答え合わせです。


「ノープリーツ」



「ワンプリーツ」



まさかの結果に。
すそ周りとヒップは「ワンプリーツ」の方が細いようです。もも周りはさすがにプリーツの効果が表れていますが。

「ノープリーツ」=「細い」、「ワンプリーツ」=「ゆったり」と単純には言えないことが分かりますね。







ただ、プリーツの有無で見え方が変わることは間違いありません。また、股上も大きく変わってきますので、履き心地も異なります。

完全にお好みですので、ご自分のスタイルでお選びください。






シルエットが違えど、合わせは変わりません。



ストレッチの効いた生地は、ビジネスシーンの強い味方に。これからのクールビズにお非常におすすめです。








ベーシックなウールパンツ。プリーツで見え方や履き心地が変わってきますので、ぜひご自分のスタイルに合うものをお選びくださいね!










皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。





本重



フォロー機能で投稿を簡単にご覧いただけます!

こちらから







「EVO-F FIT」と「1AT037」

こんにちは!



本重です!




今日は人気シリーズの第6回目。過去のブログは下のハッシュタグ、「比べてみました」からご覧いだだけますよ!

ではさっそく比べていきます。




今回はトラベラースラックス対決です。




PT TORINO / TRAVELLER テクニカルウール 1プリーツ スラックス
サイズ:42〜52
価格:¥37,000+税
商品番号:21-23-0757-512

INCOTEX / 別注 ストレッチウール 1プリーツ スラックス
サイズ:42〜52
価格:¥37,000+税
商品番号:21-23-0726-716

<PT TORINO>の「EVO-F FIT」(左)と<INCOTEX>の「1AT037」(右)です。




ワンプリーツベルトループ付きのベーシックなデザインのこちらの二つ。背景が黒なので少し明るく写っていますが、同じチャコールカラーです。色合いが微妙に違いますね。


どちらもストレッチウールを使用し、機能性に優れたハイスペックモデルです。<PT TORINO>は持ち出しあり、<INCOTEX>はなしです。




最大の違いはバックのディテール。<INCOTEX>はシャーリング仕様になっています。ウエストのサイズフィッティングが楽ですね。




裏地はブランドの違いが顕著に出ています。少し控えめな<INCOTEX>に、主張の強い<PT TORINO>。見えない部分ですから気にはならないですね。




並べてみます。違いがわかりません。




重ねてみます。




<PT TORINO>(上)の方が裾幅が細いですね。




こちらは裏返した写真です。<INCOTEX>(上)はシャーリングの分、平置きだとヒップが小さく見えます。ももにかけても若干細いですね。




では嘘をつかない数字をチェックしてみます。


<PT TORINO>




<INCOTEX>




平置きと同じ結果ですね。もも周りは<INCOTEX>の方が細く、すそ周りは<PT TORINO>の方が細い。なので<PT TORINO>はテーパードがより強いことが分かります。

それよりも<INCOTEX>のサイズ44と46のヒップの差がすごい。。笑






ではマネキンさんの脚をお借りして、実際に履かせてみます。





<PT TORINO>(左)と<INCOTEX>(右)です。サイズはどちらも46です。




こう見ると裾幅の違いがそこまでわからない分、<INCOTEX>の方が全体に細く見えますね。マネキンさんはお尻で切れてしまっているので、シャーリングでヒップが潰れてしまっていますが、、。




股上はほとんど同じです。持ち出しの有無で見え方も結構変わってきますね。







ここまで散々比べてきましたが、こちらの二つ、合わせにはほとんど違いはありません。笑





いつものネイビージャケットスタイルはもちろん、





少しリラックスしたスタイルにもおすすめです。







当店でも屈指の人気パンツブランドが手掛けるトラベラースラックス。シルエットはもちろん、機能性にも優れており、どちらも間違いない一本です。ぜひチェックしてみてくださいね!










皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。





本重



フォロー機能で投稿を簡単にご覧いただけます!

こちらから







「J688」と「CORE」

こんにちは!



本重です!




今日は比べてみましたシリーズの第5回目。

過去のブログはハッシュタグ「比べてみました」からご覧いただけますよ!

ではさっそくいきましょう!今回のアイテムはこちらの2本。




ジーンズです。




SIVIGLIA / CORE ウォッシュドデニム ジーンズ
サイズ:28〜34
価格:¥29,000+税
商品番号:24-21-0129-115

JACOB COHEN / J688 ウォッシュデニム ジーンズ
サイズ:28〜36
価格:¥39,000+税
商品番号:24-21-0144-210

<SIVIGLIA>の「CORE」(左)と<JACOB COHEN>の「J688」(右)。ブランドの定番人気アイテムですね。




ウッシュ加工が施された2本。全体の色落ちは「J688」の方がやや濃い目です。また、「J688」はブランドならではの良い香りも特徴的。




どちらもボタンフライです。フロントボタンは4つ。「J688」の方が刺繍などのデザインが多く見られますね。




後ろです。「CORE」の方がベルトループがやや短く見えます。パッチはもちろん違います。




細かく見ると、ステッチの入れ方も違いますね。「J688」の方が力強い印象。




裾の処理はどちらもタタキ仕様ですが、「CORE」はシングルステッチ、「J688」はチェーンステッチです。

どちらも加工でアタリを表現しているので、裾上げをされる際は「ハギ加工(貼り付け加工)」をおすすめします。



次は平置きでサイズを見ていきます。




まずは並べてみました。丈感が全然違いますね。




重ねてみます。そこまで大きな違いはありませんが、




裾幅は「CORE」の方が細く、テーパードがきつくなっています。




見づらいですが、こちらはひっくり返した写真です。もも周りは「J688」の方が細いことがわかります。



では、数字でサイズをチェックしましょう。


「J688」




「CORE」



平置き通りですね。股上が「CORE」の方が浅いのは意外でしたが、、。

 

ここでマネキンさんにバトンタッチ。




「J688」と「CORE」です。シルエットはそこまで変わりませんが、穿かせてみると丈感の違いが顕著です。「J688」は中に折り込んでいるのに対し、「CORE」はそのままでぴったり。

サイズ31で着せているのでウエストぱっつぱつです。笑




横から。「CORE」の方が裾にかけてのテーパードがきついのがわかります。




股上もこう見ると「CORE」の方が浅いですね。

ちなみに細いシルエットの2本ですが、どちらもストレッチが効いた生地なので穿きやすさは抜群ですよ!





イタリアを代表するジーンズブランド、<SIVIGLIA>と<JACOB COHEN>。

脚を美しく魅せるシルエットは、イタリアブランドならでは。ぜひチェックしてみてくださいね!

下のリンクから他のモデルもご覧いただけますよ!


<SIVIGLIA>

JACOB COHEN>










皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。




本重


フォロー機能で投稿を簡単にご覧いただけます!

こちらから








本日ご紹介のアイテムも対象です!ぜひご利用ください!







「グルカ」と「グルカ」

こんにちは!



本重です!





今日は比べてみましたシリーズの第4回目。




こちらの2本です。今までモデルで比べていましたが、今回は「グルカパンツ」という括りで比べていきます。




PT TORINO / BUSINESS コットン シングルグルカ 2プリーツ スラックス
サイズ:42〜52
価格:¥37,000+税
商品番号:21-23-0771-512

GERMANO / 別注 コットンリネン グルカパンツ
サイズ:42〜52
価格:¥29,000+税
商品番号:21-23-0747-081

<PT TORINO>(左)と<GERMANO>(右)です。



2アウトプリーツ、片側のグルカ仕様の共通点を持った2本。生地はコットン100%でパリッとした質感の<PT TORINO>に、リネン混で柔らかく、ストレッチ素材の<GERMANO>。




グルカのベルト部分が微妙に違います。<GERMANO>の方がベルトが長いですね。フラップありフォブポケットも付いてます。



正面から見るとウエスマンの太さも違いますね。<PT TORINO>の方がやや太めです。



後ろも違います。<PT TORINO>はフラップ付きのポケット、<GERMANO>はフラップなしです。




スレーキ(内側)です。<GERMANO>は柄が入ってますね。




並べてみました。丈感以外はそこまで違いは分かりませんが、



重ねてみると結構違いますね。



特に膝から裾にかけての絞りに差があります。<PT TORINO>の方がだいぶ細いですね。




ではここで平置きでのアイテムサイズをチェック!


<PT TORINO>




<GERMANO>




今回は見た通りですね。
<PT TORINO>の方が全体的に細いのがわかります。





では次は立体的に見ていきます。マネキンさんにバトンタッチ。


サイズはどちらも46です。



シルエットは一目瞭然ですね。<PT TORINO>の方が細いです。



股上はやはり<GERMANO>の方が深いです。<PT TORINO>はウエスマンの主張が強く、よりグルカっぽい雰囲気ですね。












<PT TORINO>は男らしい雰囲気を活かして、甘辛なミックスコーディネートに。



レザー、グルカのラギッドさにボーダーの上品さをミックスして、大人のカジュアルスタイル。





<GERMANO>は季節感のあるジャケットコーディネートに。




主張しすぎないグルカのディテールが普段のジャケットスタイルにほどよいアクセントを与えてくれますね。







2本のグルカパンツ。ディテールは似ていても、シルエットや雰囲気は全く違いますね!ぜひチェックしてみてください!









皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。






本重


フォロー機能で投稿を簡単にご覧いただけます!

こちらから









大切な相手を想う気持ちはみんな一緒。

いつでもどこでも、離れていても。

心がつながれば、勇気とエネルギーが湧いてくる。

どんな時にも心をつないで。

“HEARTS TOGETHER”




「HERRICK」と「SERGIO」

こんにちは!



本重です!




今日は大変ご好評いただいている、パンツの比較の第3段。

以前のブログは下のリンクからご覧いただけます。


「EVO」と「GENTLEMAN」

「1AGW11」と「10S138」



では今回は当店でも人気なモデルのご紹介。




こちらの2本です。




GTA / HERRICK トロピカルウール サイドアジャスター 2プリーツ スラックス
サイズ:42〜52
価格:¥29,000+税
商品番号:21-23-0752-977

GTA / SERGIO トロピカルウール 1プリーツ スラックス
サイズ:42〜52
価格:¥34,000+税
商品番号:21-23-0750-977

<GTA>の「HERRICK」(左)と「SERGIO」(右)です。



ベルトレス、サイドアジャスター付きという共通点を持つこちらの2本。

「HERRICK」は2アウトプリーツ、「SERGIO」は1インプリーツです。




サイドアジャスターの仕様が異なります。金具付きの「HERRICK」に対して、ボタン仕様の「SERGIO」。金具の方がグッと深く、好みの位置で絞れますが、緩みやすくもあります。ボタンは緩みにくい分、調整が効きづらいですね。




「HERRICK」のみ、モデル名の刺繍がスレーキに入ります。着用時には見えませんので気にはならないですね。




ボタンや生地の質感も違います。さらっとした「HERRICK」、ざっくりとした「SERGIO」。




ピスポケット(後ろ) も違います。「SERGIO」は片側のみフラップが付きます。申し訳ございません。ここだけ写真撮り忘れました。



重ねるとこのような感じです。「HERRICK」の方が細いですね。




分かりやすいのは、膝から裾にかけて。裾幅もだいぶ違いますね。





では数字でサイズをチェックしてみましょう。


「HERRICK」



「SERGIO」




ん?ちょっとややこしいですね。裾幅は「HERRICK」の方が圧倒的に細いのに対し、もも周りは「SERGIO」の方が細い!でもヒップは「SERGIO」の方が太い!書いていて訳分からなくなりそうです。





ということで、マネキンさんにバトンタッチ!




左が「HERRICK」、右が「SERGIO」です。サイズはどちらも46。

正面からでも「HERRICK」の方が細いことがわかりますね。




ヒップ、もも周りはさほど変わらないようにも見えますが、テーパード具合は明らかです。きつく、グッと絞ったラインの「HERRICK」に対し、緩やかなテーパードの「SERGIO」。




股上もわかりやすいですね。「HERRICK」の方が浅いです。こう見ると、プリーツの違いで見え方に差が出ますね。

ちなみに、インプリーツは「フォワードプリーツ」とも言われ、英国調のパンツに多いディテールです。正面から見た際にプリーツの開き具合がよく分かり、あまりタイトなパンツには向いていません。しかし、綺麗なインプリーツはパンツのセンタークリースへのつながりを美しく見せ、美脚効果につながります。

また、アウトプリーツは「リバースプリーツ」とも言われ、既製品や英国以外のものに多い仕様です。正面からの開き具合が分かりづらく、シルエットに影響が出にくい為、割とタイトなパンツにも対応可能です。

ミックススタイルが主流の昨今では、あまり意識せずとも問題ありませんが、プリーツの開き具合に関しては、フィッティングの際にしっかり確認しましょう。









話がだいぶ逸れてしまいましたが、、




「HERRICK」はテーパードしたシルエットを活かし、タイドアップスタイルで。




ネイビージャケットには間違いない相性の良さ。ベルトレスが問題なげればお仕事にもおすすめです。






「SERGIO」はややゆったりしたシルエットを活かし、リラックスしたカジュアルスタイルで。




ニットポロはタックインしてウエストを高い位置で穿くと、こなれた雰囲気になります。モノトーンで今年らしさもプラスして。







<GTA>の人気の2本。先ほどおすすめのコーディネートをご紹介しましたが、どちらもビジネス、カジュアルスタイル両方合わせられます。シルエットやディテールでお好みでお選びくださいね!










皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。




本重



フォロー機能で投稿を簡単にご覧いただけます!

こちらから




「1AGW11」と「10S138」

こんにちは!



本重です!





今日は昨日のブログに引き続き、パンツの比較をしていきます。

今回のアイテムは、、




こちらの2本です。



INCOTEX / 別注 ストレッチコットン サイドアジャスター 1プリーツ スラックス
サイズ:42〜52
価格:¥33,000+税
商品番号:21-23-0728-716

SLACKS / 別注 コットン 1プリーツ パンツ
サイズ:29〜34
価格:¥36,000+税
商品番号:21-23-0729-716

<INCOTEX>(左)とそのカジュアルライン、<SLACKS>(右)。タイトルの「1AGW11」と「10S138」というのはモデル名です。暗号みたいですね。



<INCOTEX>はワンプリーツ、長めの持ち出し、ベルトレス、サイドアジャスター仕様。<SLACKS>はワンプリーツ、持ち出しなし、ベルトループ付きです。




<INCOTEX>にはフォブポケットが付いていますね。<SLACKS>には、右後ろに「INCOTEX」の文字が刺繍してあります。




内側です。それぞれのブランドタグが付けられています。

生地はどちらもストレッチが入っており、細身ながら抜群の穿き心地。やや「INCOTEX」の方が薄い質感です。





並べてみました。あまりわかりませんね。<SLACKS>の方は丈が短いです。




重ねると、やや<INCOTEX>の方が細いのがわかります。ほんの少しですね。

次は数字で見ていきます。


<INCOTEX>



<SLACKS>



<SLACKS>はインチ表記ですが、大体いつも44サイズの方で30、46サイズの方で31というサイズ感です。

こう見ると、ヒップ以外は<INCOTEX>の方が細いことが分かります。




では実際に、履かせてみます。




<INCOTEX>(左)と<SLACKS>(右)です。サイズは46と31。ディテールの違いは顕著ですが、シルエットは前から見るとそこまで変わりません。




しかし横から見ると、明らかです。<INCOTEX>の方が全体的に細いですね。

<INCOTEX>は、ヒップからのテーパードが非常にきれいで、コットンパンツながらドレッシーなルックス。

一方、<SLACKS>は小さいヒップから、緩やかなテーパードのカジュアルパンツらしいシルエット。




股上はさほど変わりませんが、<INCOTEX>の方がやや浅めです。ステッチの入れ方などもそうですが、<SLACKS>の方は無骨な印象ですね。








<INCOTEX>はタイドアップスタイルがおすすめです。



上品なコットンパンツなので、タイドアップスタイルには好相性です。裾はダブル仕上げがおすすめです。





<SLACKS>はカジュアルなスタイリングに。



タックインなどはせず、シンプルに着こなすのがおすすめです。裾はタタキ仕上げですね。







同じブランドでも違った見え方の2本のコットンパンツ。ぜひチェックしてみてくださいね!












皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。





本重



フォロー機能で投稿を簡単にご覧いただけます!

こちらから









「EVO」と「GENTLEMAN」

こんにちは!



本重です!




今日は、パンツのご紹介。

よく店頭で、、

「これとこれどっちが細いの?」

「シルエットどんな感じ?」

とご質問いただきます。気になりますよね。

ということで、本日は似てる2本のパンツを比較してご紹介していきます!





こちらの2本。



PT TORINO / PASTEL コットンツイル 1プリーツ スラックス
サイズ:42〜52
価格:¥30,000+税
商品番号:21-23-0766-512


PT TORINO / PASTEL コットンギャバジン 1プリーツ スラックス
サイズ:42〜52
価格:¥35,000+税
商品番号:21-23-0768-512

<PT01(ピーティゼロウーノ)>改め、<PT TORINO(ピーティー トリノ)>のパンツです。今シーズンより、ブランドネームが変更になりました。



今回比べるのは、「EVO FIT」と、「GENTLEMAN FIT」。どちらもブランド定番の形です。「EVO FIT」にはノープリーツのものもありますが、今回は揃える為にワンプリーツで比べていきます。




この2本、生地感以外には見た目はほとんど同じです。わかりやすい違いはスレーキ(主にパンツの裏に使用される生地のこと)。シーズンによっても違いますね。また、写真撮り忘れましたが、「GENTLEMAN FIT」にはファブポケットが付きます。フィッティングの写真でご確認ください。





では、シルエットの違いを見ていきます。さっそく並べてみました。向かって左が「EVO FIT」、右が「GENTLEMAN FIT」。これではそこまで違いがわかりませんね。




重ねてみます。上が「EVO FIT」、下が「GENTLEMAN FIT」です。




「EVO FIT」の方がやや細いのがわかります。




膝〜裾までにかけてもやや「EVO FIT」の方が細いです。(ちょっと写真ずれてますが。)

ちなみに、ここでもよくご質問いただくのが裾の処理に関して。もちろん、お好みが一番ですが、私個人的には、




・きれい目なジャケットに合わせる、タイドアップしてビジネスで着る、というイメージがあれば「ダブル仕上げ」

・どちらも兼用であれば「ダブル仕上げ」





・カジュアルスタイルのみの場合は、「タタキ仕上げ」

という感じでおすすめしています。


ダブル仕上げの方がクリーンに見えるので、汎用性はありますが、裾にややボリュームが出ます。

タタキ仕上げはすっきり収まりますし、ボリュームを出したい時はロールアップができます。しかし縫い目が目立ち、どうしてもカジュアルな印象になります。

どちらも幅を選べますので、そこでも印象を変えられます。

裾の処理も奥が深いんですよね。











話が逸れてしまいましたので、ここでオンラインページのサイズ詳細をチェック!


「EVO FIT」




「GENTLEMAN FIT」




となっています。驚きなのが、サイズ46だともも周り、ヒップは「EVO FIT」の方がやや太いということ。ほんとかなぁ。






ということで、マネキンさんの脚を借りて着せてみました。サイズは46で比較します。




若干角度が違うのが気になりますが、、、
確かに、「EVO FIT」の方がヒップがあるように見えます。でももも周りは
「GENTLEMAN FIT」の方が太いような・・・。ただ、わかりやすいのは膝から裾にかけてのテーパード。これは明らかに「EVO FIT」の方がきつく、細いです。




股上は明らかに「EVO FIT」の方が浅いですね。またもや角度が違う・・・。写真、もっと頑張ります。







「EVO FIT」はクリーンなジャケットスタイルに。




細さを活かして、全体的にジャストなフィッティングで仕上げるとこなれた印象に。裾は短め、ダブル仕上げがおすすめです。







「GENTLEMAN FIT」はほどよいゆとりを活かして、大人のカジュアルスタイルに。



こちらは全体的にゆとりのあるフィッティングです。テーパードが効いたパンツなので、アウターからのVラインのシルエットを強調できます。裾はジャストレングス、ここはダブルでもタタキでもどちらでもという感じですね。私ならダブルにします。





見た目はほとんど同じでも、微妙にフィッティングが異なる2本のパンツ。ぜひ、お好みを見つけてくださいね!


次回のブログでは、また別のブランドのパンツを比べていきますよ!

ぜひフォローしてお待ちください!笑











皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。





本重



フォロー機能で投稿を簡単にご覧いただけます!

こちらから