スタッフ「大山 達己」の記事

着せつけ職人、カズ

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

横浜の「おタツ」と呼ばれております、大山です。


今日は入り口の2体のトルソーからご紹介。




周辺は英国のアウターを集めたレイアウト。

その着用イメージを膨らませるコーディネートです。




今時期に重宝するコートを着用しております。

個人的にも好みのスタイリング。

色味、バランス、イケてます!



GRENFELL スリムキャンベル ステンカラーコート
価格:¥138,000+税
商品番号:21-19-0594-210

TAGLIATORE / COSTA AZZURRA ビッグ グレンチェック ジャケット
価格:¥86,000+税
商品番号:24-16-1446-248

BEAMS F / 21ゲージ モックネックニット
価格:¥21,000+税
商品番号:21-15-0582-872

GTA / BYRON コットン 1プリーツスラックス
価格:¥30,000+税
商品番号:21-23-0685-977

J&M DAVIDSON / 別注 25ミリ グレインレザー ベルト
価格:¥23,000+税
商品番号:21-52-0043-169




CORDINGS / 別注 HAMPTON ベルテッド ライディングコート
価格:¥158,000+税
商品番号:21-19-0598-085

De Petrillo / NAPOLI ブロックチェック チェンジポケット ジャケット
価格:¥135,000+税
商品番号:21-16-1782-380

BEAMS F / オックスフォード ボタンダウンシャツ
価格:¥14,000+税
商品番号:21-11-1140-563

GTA / HERRICK サキソニー サイドアジャスター 2プリーツ スラックス
価格:¥32,000+税
商品番号:21-23-0835-977

Fumagalli / ウールコットン ストライプ ネクタイ
価格:¥16,000+税
商品番号:21-55-0524-977



そこへ、カズさん登場。

「これカッコいいでしょ?私が作ったんですよー。」


ちょっと得意げです。




コーディネートのポイントとかあるんでしょうか?


「ベージュ×ブラウンのトーン・オン・トーンの中で、タイのオレンジが程よくアクセントになってるとこかな。」





「ちなみに、今日私が着ているのも同じジャケット。お揃いなんだよね。」


このジャケットが入荷したときから、一目惚れしていたそう。

思い入れの強さが伺えます。



「そうだ!お気に入りのジャケットだし、スタイリング画像撮っちゃおうかな。大山くん、カメラマンお願いできる?」


カズさん、テンション上がってきました。


撮影前に、鏡の前でコーディネートの最終チェック。




「このジャケット、いいねぇーやっぱり。」


「おぉっと。チーフの挿し方がイマイチ。直すからちょっと待っててくれる?」


こだわりの男、カズ。

細かいポイントも抜かりなく手直しします。




.....そろそろ、撮りましょうか?




「チーフの遊ばせ方が大事なんだよ。もうちょっと待ってくれる?」


............



お待たせしました。

カズさんこだわりのスタイリングがこちら。

De Petrillo / NAPOLI ブロックチェック チェンジポケット ジャケット
価格:¥135,000+税
商品番号:21-16-1782-380

FRANCO BASSI / レジメンタルストライプ ネクタイ
価格:¥16,000+税
商品番号:21-55-0577-380

PAOLO ALBIZZATI / シルク ハンティング×ペイズリー チーフ
価格:¥6,800+税
商品番号:21-47-0559-837

CROCKETT&JONES / 別注 CHESTER ロングウィング タッセルローファー
価格:¥82,000+税
商品番号:21-32-0087-502

トルソーとは違い、チノパンでスポーティにまとめたコーディネート。

細部もご覧ください。


タイやチーフのダークなボルドーがポイントになり、ブイゾーンが締まって見えます。


トルソーと同じジャケットを着用しながらも、カズさんのキャラクターにマッチしたシブい小物チョイスが光りますね。




着せつけ職人、カズ。


マネキンは誰もが納得する「分かりやすさ」を重視してスタイリングします。


一方で、お客様や自身は「キャラクター」「こだわり」を加味してスタイリングします。


カズさんの絶妙なスタイリングのさじ加減、是非店頭でお確かめください。


では、横浜でお待ちしております。

使いやすい柄パン(休日編)

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

横浜の「おタツ」と呼ばれております、大山です。

PT TORINO / BASE グレンチェック 1プリーツ スラックス
価格:¥39,000+税
商品番号:21-23-0803-512

さて、先週のブログではPT TORINOの柄パンを使ったビジネスコーデをご紹介しました。




本日は同じパンツを使って、休日コーディネートを考えてみます!


マジメな印象のパンツなので、シャツかニットを合わせたいですね。


パッと思い浮かぶのは、こんなモノトーンコーデ。



ただ、これではヒネリがありません。


私の好きな暖色を混ぜて、温かさを感じる渋い大人コーデをつくりたいです!


幸い、売り場には差し色になる良い色のニットが揃ってます。



上着との相性を考えて、落ち着いた色味のニットが欲しいところですが.....


DRUMOHR / 8ゲージ タートルネックニット
価格:¥30,000+税
商品番号:21-15-0599-899


いいの、ありました!

三択ですが、ここは迷わずボルドーをチョイス!

三色の中では1番色味が暗く、上着の色を選ばない事が大きな理由です。


あと単純に、個人的にグレー×ボルドー、大好きです。


ダークブラウンの靴もよくハマる配色。

つくづく良い色のニットです。


上着は何をあわせよう?

実は、ボルドーを持ってきた時点で、自分の中でほぼ答えは決まっていました。

店内のココにある、アレを持って来るっきゃない!



お待たせしました。完成したコーディネートが、こちら。



Barbour / BEDALE SL オイルド ジャケット
価格:¥49,000+税
商品番号:21-18-0130-197

PT TORINO / BASE グレンチェック 1プリーツ スラックス
価格:¥39,000+税
商品番号:21-23-0803-512

CROCKETT&JONES / BOSTON2 スエードローファー
価格:¥68,000+税
商品番号:21-32-0126-502



オリーブ×ボルドー×グレー。

なんて、大人な色合わせでしょう!

若い人より、歳を重ねたダンディな大人にサラッと着て欲しい。


足元はチャッカブーツやサイドコアブーツの方が季節感があっていいかもしれません。


ですが、敢えての軽快なローファーをチョイス!都会的な秋冬コーデはこれくらいヒネリがあってもいいんじゃないでしょうか。


このスタイリングだと、デニムや無地のウールパンツを合わせるのが定石。ですが柄パンにするだけで、ありきたり感のない変化球コーデが完成します。


これぞホントのオンオフ兼用。

まだまだコーディネート、ご紹介できますよ。続きは店頭で。

使いやすい柄パン(ビジネス編)

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

横浜の「おタツ」と呼ばれております、大山です。


さて、売り場をご覧頂くと、気づく方も多いはず。

今季は、柄物パンツ(略して柄パン)が豊作です!




そこで「無地パンツは一通りあるんだよねー」って方にオススメしたい、柄パンがあるんです。

PT TORINO / BASE グレンチェック 1プリーツ スラックス
価格:¥39,000+税
商品番号:21-23-0803-512

PT TORINO の柄パン。

ミディアムトーンのグレー地にさりげないグレンプレイド柄。

主張しすぎないところがGoodです。

フランネルやサキソニーと比べると、毛足も長くない為、長い期間着られそう。





どんな合わせにしようか、ビジネスシーンを念頭にコーディネート、組んでみます!


オトコの定番、ネイビージャケットで考えたいです。程よい織の表情がコーディネートに映える、いい感じのジャケットが見つかりました。



BEAMS F / Ermenegildo Zegna ソリッド ジャケット
価格:¥82,000+税
商品番号:21-16-1837-731

ブイゾーンはこれ!

ネイビーグラデーションのストライプタイに無地の青シャツ。タイのザラッとした生地の加工がいい感じです。



パンツに柄が入ってポイントになっているので、他のアイテムは極力シンプルにまとめるのがオススメです。

さあ、完成したコーディネートがこちら。



ネイビーでまとめたベーシックなジャケパンスタイルですが、柄パンを取り入れたことにより、新鮮さを感じます。


是非いつものビジネスシーンに柄パンをちょい足ししてみてください。

「なんか、いつもと違うねー」ってちょいモテするはずです。

次回のブログでは、同じパンツを使ったカジュアルコーデもご紹介したいと思います。



定番ニットで「ブラウン×ブラック」コーデ

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

横浜の「おタツ」と呼ばれております、大山です。


もうそろそろ出番ではないでしょうか?




ZANONE / CHIOTO 5ゲージ スタンドカラー カーディガン
価格:¥49,000+税
商品番号:21-15-0562-716

毎年の定番、ZANONEのCHIOTOです。

5ゲージとは思えないほど、ハリがあり、しっとりした編み立てのニット。




一枚で着てもサマになり、アウターにレイヤードしてもポイントになる万能ニット。

使い勝手の良さは、是非店頭でご説明させてください。


今日は、ベージュカラーのCHIOTOを用いた休日コーディネートを組んでみます!


キーワードは「ブラウン×ブラック」

いろんなアイテムで、今期提案が多い色合わせです。


大人っぽくシャツを着たいところ。

シャツコーナーのこの辺にいいのがありそうです。




ブラックのシャツ、ありました!



BAGUTTA / BERLINO オンブレチェック ワイドカラー シャツ
価格:¥24,000+税
商品番号:24-11-1876-248

柄はブラック×オフホワイトのオンブレチェック。シックな配色とスッキリとしたシルエットにより、オンブレの不良っぽいイメージが中和されています。



合わせてみると、かなりいい感じです!

グラデーションのように、シャツからニットへ自然に色が繋がります。

次はパンツを考えます。


柔らかい色味の上半身がぼやけないよう、強い色で引き締めたいところ。

シャツにブラックが入っているので、色を拾ってブラックパンツを合わせたいです。


いいの、ありました!


PT TORINO / SOUL コーデュロイ 5ポケットパンツ
価格:¥32,000+税
商品番号:24-21-0182-512

PT TORINOのブラックコーデュロイパンツ。

細くシャープなシルエットで足をスッキリ見せられそう。

細畝のコーデュロイも肉厚なニットと好相性。


完成したコーディネートは、こちら!



持ち物は少なく、クラッチバッグで軽快に。


シューズはトレンドのビットローファーをチョイス。

カジュアルながらも、どこか上品さ漂うコーディネートと絶妙にマッチします。


こんな装いで、木枯らし吹く港町・横浜の街並みを散策。ワーポの屋上でバーンゴルフを楽しみ、夜は野毛の飲み屋で一杯。


コロナが落ち着いたらやりたい、大山の妄想休日コーディネートでした。




気になるシャツと、そのコーデ

ブログをご覧頂き、ありがとうございます。


横浜の「おタツ」と呼ばれております。大山です。


実は入荷して以来、ずっと気になっていたシャツがあるんです。当店のシャツコーナーの隅で、異彩を放っています。


Drake’s / 別注 タッターソール ワイドカラーシャツ
価格:¥24,000+税
商品番号:21-11-2669-175




少し起毛したコットンの生地に鮮やかなタッターソール柄。いったい何色入っているんでしょう。

どの色をひろってコーディネートしようか、見ているだけでワクワクさせられます!



襟はワイドカラー。他でもないこの襟型により、カジュアル過ぎない、どこかクリーンな雰囲気にまとまっていますね。



コーディネート、組んでみます!



まずピンときたのは、シャツ全体の暖色カラー。これを活かしてタイドアップしたいです。

シャツの色数が多いので、ゴチャゴチャしないように単色のタイを探します。





起毛感のあるシャツの素材との繋がりを意識し、ウールタイをチョイス!

ネップの効いた絶妙な色味がシャツとマッチします。


上着は、レザーブルゾンも気になりますが.....

今回はジャケットで!


素材感を重視しながらも、主張の強いシャツの柄とバッティングしないよう、柔らかい色味のジャケットがほしいところ。


De Petrillo / POSILLIPO ヘリンボーン ベージュ ジャケット
価格:¥14,3000+税
商品番号:21-16-1788-380


これでいってみます!




うん、いい感じです。

でもなんかさみしい。もう一声って気がします。もう一色キーカラーアイテムをいれて、シャツの色味を活かしたい。


そこで、オレンジのニットをさしてみます。




グッと締まりました!

シャツとタイ、どちらにも含まれるオレンジ色をニットでまとめあげ、ブイゾーンのアクセントに。



とくると、チーフはこれ。




透け感のある混紡素材。適度な軽快さとブイゾーンの色味を拾った雰囲気がバッチリ!





できました!

シャツから考えたコーディネートがこちら。




パンツはデニムだとラギッドすぎるので、ウールパンツ。上半身の素材感を意識して、フランネル素材のパンツをチョイスしました。




靴はカントリー調のコーディネートとマッチする、ブラウンスエードの外羽根仕様。よく見ると、ストームウェルト仕様になっており、悪天候時も心強いです。


こんなコーディネートで、冬枯れの並木道を歩きたい。きっと吹き荒ぶ木枯らしの寒さに負けないくらい、温かみのあるスタイリングになるでしょう。


以上、気になるシャツのコーディネートでした。