スタッフ「フミ」の記事

コートのコト。(戦う漢達編)

こんにちは。中島です。


今季の気になるコートについて色々紹介させて頂きます。



今回はこちらの〈GRENFELL〉のトレンチコートをご紹介させて頂きます!


ワイルド師匠はサラッとカッコよく着ますね〜。若輩者の自分はまだまだです。


GRENFELL / 別注 WINDSOR オイルドコットン トレンチコート
サイズ:34〜40
価格:¥168,000+税
商品番号:21-19-0591-210

今回のトレンチコートはオイルドコットン素材の〈BEAMS〉別注品です。


今回、「戦う漢達編」と銘打たせて頂いたのは、トレンチコートの起源に由来します。


第一次大戦下のイギリス軍が寒冷地での戦闘用として防水型のコートを開発したものが発祥と言われているそうなんですね〜


トレンチコートのトレンチという言葉自体も、陣地の周りに掘る穴、塹壕という意味なんです。


その為、しっかりとした作りのものは今でも戦時中のディティールを引き継いでいるんです!



❶ガンフラップ

ライフルを発射した際、衝撃を吸収する役割を果たすディティールなんですね。実生活でライフルを打つ機会は日本では無さそうですね。


それだけではなく、雨だれ防止の役割も担ってたりします。




❷エポレット

階級を示すバッチを下げたり、水筒や双眼鏡のストラップをずらさない役割だったそうです。




❸D環

ウエストのベルト部分の装飾で、軍用品をぶら下げるためのディティールだそうですね。当時は手榴弾とかですかね。現代だったら定期とかぶら下げても面白いのではないでしょうか?




❹ストームシールド

肩から背中にかけて二重になった構造が雨の水滴がコートに入らないよう下に落ちる構造になっています。




ライナーもついておりますので、寒い日もバッチリ


最近観た映画だと、2017年公開の戦争映画ですかね。

第二次大戦のダンケルクの大撤退を陸、海、空3つの視点で描く傑作ですね。

主人公の名前も無いし、台詞の台本もほとんどないそうなんですね〜


その殺伐としたかんじが戦争のキリッとした緊張感を生んでいたような気がします……


劇中やはりトレンチコートが目を惹きました。




こちらのトレンチコート、当時の漢達の戦う気迫を見に纏える逸品かと思われます。


様々な戦いがある現代社会にふさわしいかと


それでは風格漂うワイルド師匠でお別れです。


最後までお付き合いありがとうございました!


中島








コートのコト。(海の漢達編)

こんにちは、中島です。

今季の気になるコートについて色々紹介したいと思います。



今回は〈INVERTERE〉のダッフルコートです!




お髭の番長の着こなしです!やっぱり雰囲気がありますね〜



INVERTERE / 別注 ヘリンボーン ダッフルコート
サイズ:S〜XL
価格:¥158,000+税
商品番号:21-19-0357-369

当時のボディスペックはそのままに、腕まわりは細身で現代的にアップデートされた別注仕様です。


元々は北欧の漁師たちが着用していた防寒着が起源みたいですね。




そのため特徴としてはこのような寒さをしのぐように大きなフードと




このようなトグルと言われる留め具ですね


このトグルは手袋をしたまま着脱しやすいようになっていたり、船上で風向きに合わせて右前・左前を入れ替えやすいような工夫だったりと、海の漢達にはいい事だらけですね。






カラーバリエーションも8色と豊富。


この2色の組み合わせ、お気づきでしょうか…


ダッフルコートが有名な映画といえば、71年公開のアメリカ映画で、優等生と不良の親友同士の青春模様を描く名作。

IVYのファッションのお手本としても有名な映画です。


二人の主人公がダッフルコートを色違いでそれぞれ着こなしているんですね。

2人の配色を真似してみました。


それぞれのキャラクターに合った色で楽しむのもいいと思います!




最後はジェダイみたいな番長でお別れです。


最後までお付き合い頂きありがとうございました!



中島






極寒装備

こんにちは中島です。

最近めっきり寒くなって、本格的にアウターを探してる方多いんじゃないでしょうか。




ごっち兄さんも寒くてダウン羽織っちゃってます。

こんな寒い時期はなんといっても1982年公開のSF映画の傑作を思い出しますよね。


舞台は極寒の南極観測基地、10万年もの間氷漬けになっていた未知の生命体と人類が戦うという内容の映画なのですが、極寒の南極が舞台なので、劇中の人物は大体ファーのついた暖かそうな上着を着ているんですね。


今年の冬はこれくらいの防寒装備が欲しい…


イメージが近いものをいくつかピックアップしてみました。



一つ目は<WOOLRICH>のダウンです。うちの防寒真打です。笑 タグがチラ見えしてますが、



-20度までいけてしまう証明つきの最強アウターです。これなら怖いもの無し


WOOLRICH × BEAMS F / 別注 ウール ARCTIC PARKA HI COLLAR ダウンコート
サイズ:XS〜L
価格:¥128,000+税
商品番号:21-19-0560-089




続いて<PYRENEX>。形は<WOOLRICH>に近いですね。こちらの方が少し軽い生地の印象。

さらっと羽織れて暖かいのはいいですよね。


PYRENEX × International Gallery BEAMS / 別注 ANNECY ダウンジャケット
サイズ:XS〜XL
価格:¥110,000+税
商品番号:23-19-0769-502



最後は<HERNO>の上品なファーダウン。

防寒性はもちろん



ジャケットスタイルにもバッチリです。


HERNO / フーデッド ダウンコート
サイズ:44〜52
価格:¥133,000+税
商品番号:21-19-0574-557


3つとも南極で未知の生命体と戦うのは困難ですが、日本の冬は乗り切れること間違いなしです。


最後までお付き合い頂きありがとうございます。皆様のお越しをお待ちしております。


中島



優しいジャケット

何故かは分かりませんが、昔から漠然とツイードを着ている人は優しい人というイメージがあります。

お達さんを見てもよく分かります。笑





英国紳士は釣りなどのアウトドアの際にツイードジャケットを着て行ったそうなんですね。

風を通さず生地が丈夫で暖かいからでしょうか。

そして、地元の公園でおしゃべりしているご年配の方などもTシャツの上や、スウェットパンツに合わせたり、ラフな様相。


ツイードの生地の丈夫さや素朴さ、着る人の自由な雰囲気。全体的に寛容な感じがツイードの優しさの理由なのでは?

なんて勝手に考える秋口でした。


お店にもツイード素材のジャケット色々と揃っております。




BEAMS F / HARRIS TWEED ヘリンボーン ジャケット
サイズ:42〜52
価格:¥82,000+税
商品番号:21-16-1841-731




BEAMS F / MOON ハウンドトゥース オーバーペーン ジャケット
サイズ:42〜52
価格:¥72,000+税
商品番号:21-16-1840-731





De Petrillo / NAPOLI ブロックチェック チェンジポケット ジャケット
サイズ:42〜52
価格:¥135,000+税
商品番号:21-16-1782-380

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

それでは、皆様のご来店を心よりお待ちしております。



中島史博





ご挨拶

こんにちは、はじめまして。


ビームス ハウス メン 横浜の中島と申します。




ささっと自己紹介を失礼いたします。

生まれは神奈川県横浜市。映画や音楽、漫画も好きです。あとお菓子も好きです。お酒はそこまで飲めません。博物館も昔から好きで、学芸員の資格なんかも持ってます。


そして突然ですが、私がおりますここビームス ハウス メン 横浜のご紹介も併せて失礼致します。





場所は横浜モアーズの1Fにございまして、こちらがメインエントランスになります。





更に奥に進んでいただくとこのようになっております。






スーツやジャケット、シャツ、ニットなど上質なお品物を多数取り揃えております。






反対側のエントランスには靴や、ベルト、鞄などのお品物ご用意しています。

またブログなどで細かくご紹介させていただきますね。


スタッフ一同、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。


最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


中島