タグ「hanes」の記事

BEAMS JAPAN、おすすめバレンタインギフト2.3階篇

みなさん、こんばんわ!

今回は荒井から2.3階でおすすめのバレンタインギフトをご紹介いたします。


まずは2階から

こちらです。



Hender Scheme / 3d purse
カラー:ナチュラル、ブラック
サイズ:ONE SIZE
価格:¥30,800(税込)
商品番号:11-64-0080-309


Hender Scheme
カラー:ナチュラル、ブラック
サイズ:ONE SIZE
価格:¥18,700(税込)
商品番号:11-64-0070-309




財布とAirPodsケースです。


バレンタインには少し高価かもしれませんが、おすすめの商品です。


Calvin Klein Underwear / Cotton Classic Boxer Brief
カラー:グレー×ブラック
サイズ:S、M、L
価格:¥7,150(税込)
商品番号:11-49-0008-933


Hanes × BEAMS / 別注 Japan Fit 2pack T-shirts
カラー:ホワイト/ブラック
サイズ:S、M、L、XL
価格:¥3,850(税込)
商品番号:11-49-0010-411

必ず使うこちらの商品はちょっとしたギフトにおすすめです!

次回は張本から1階のおすすめをご紹介します!

どうぞお楽しみに。



▼バレンタイン特集ページもぜひご覧ください。



▼こちらの画像をタップ&「+♡フォロー」でBEAMS JAPANの情報がチェックしやすくなります!



TEL:03-5368-7357

BEAMS JAPAN 2階 荒井



ブログ内に記載の価格は、記事公開時のものであり、変更する可能性がございます。

私の新婚旅行 #5 サンディエゴで過ごす2日目

Day3


30分ほど北へドライブしてEncinitasというエリアへ。

ここがまたのんびりしてて良いところなんだ。


まず朝食を。

シンガーソングライターJason Mrazさんが行きつけという話のカフェへ。



「Jitters Coffee Pub」




地元感垂れ流しで雰囲気はめちゃくちゃいいけど、朝食としては正直物足りない・・・


そんな時は朝メシとはいえ容赦なくハシゴしちゃいます。

旅で我慢は禁物です。


Hanes×BEAMS 別注 Japan Fit 2pack T-shirts
カラー:ホワイト
サイズ:M
価格:¥2,700+税
商品番号:11-49-0108-411



健康極まりない。



嫁の許可も出ましたので、食後は小一時間の運動タイム。




その後はスケートショップへ

「MCGILLS SKATE SHOP」

80年代のスケートスター集団BONES BRIGADEのメンバー、マイク・マクギル氏がオーナーのお店。

マイク・マクギル氏はマックツイストというエアトリックを生み出したスケート界のパイオニア。

このBLOGを一度閉じて、すぐYouTubeで検索してください。



ザ・地元のスケートショップ。


雑多な感じがたまらないですね。

ここでのポイントはレジ前のクッキーです。

これがアメリカです。


San Diegoへ戻ってカブリヨ国定公園へ。


こんな感じの岬にある地図だけでみても最高な公園です。

メキシコはどっちかな?


国境沿いの街なので本当に見えるんです。


はるか昔、ポルトガルから初めて西海岸を訪れたというカブリヨ先輩。


めちゃくちゃ勇ましいっす。




おやつタイムー。


また来ちゃいました。

グリーンのカップはシェイクですよ。

バニラ、チョコレート、ストロベリーをミックスしたのはナポリタンといいます。

裏メニューになるのかな。




フリーウェイの高架下にあるスケートパークへ。



お邪魔します。



「ワシントンストリート」

こちらは地元のスケーターによる100%手作りDIYスケートパーク。

信じられますか?

これをコンクリート固めて自分たちで手作り。

自分たちで自分たちのスペースを作り上げる。

ローカルリスペクトを忘れてはいけません。



近くのスリフトストアもチェックチェック。

簡単に言えばリサイクルショップみたいなもんです。


特に何も見つかりませんでした。

古着屋さんはこの手のスリフトから宝を掘り当てる頭の上がらないお仕事です。



散髪でもしようかな。

一応新婚旅行なので。



仕上がりました。


フレッシュで気持ちが良いです。

自分、最初から最後までメキシコ人だと思われていました。

G-SHOCK GW-M5610
価格:¥20,000+税
商品番号:11-48-0061-259



アメリカの床屋さんは席に着くとビール飲むか?と缶ビールが出てくるところが多いです。

カルチャーなんでしょうかね。




アーバンアウトフィッターズで見た、マグネットになるチェキのフレーム良かったな。


買っておけば良かったな。



今日のサンセットは街角から。


オー、イェー。

毎日、夕陽を見ながらお疲れ様なんていう暮らし、憧れますね。



San Diego Downtown





お夕飯の時間ですよ。

「Phil's BBQ」

街で人気のBBQレストラン。



本場のベイビーバックリブがこちら。


とにかくむしゃぶりついてください、この画像に。


そうそう、誰と行っても料理は基本シェアがオススメです。

量が多いですし、色んな種類食べたいですから。




あぁ今日もよく遊んだ。

アイス食べて寝よう。


サーティワンでは通じません、バスキンロビンスです。



つづく。



私の新婚旅行 #3 サンディエゴで過ごす1日

今日はCORONADOというリゾートエリアにでも行ってみましょうか。

一応新婚旅行なので。

CORONADOはSan Diegoのダウンタウンから車で15分くらい。


この辺りはとにかく暑い。

年間通してもほぼ晴れ、Tシャツでオッケー。


西海岸に面してる海が身近な街です。


強い日差しの太陽のおかげでパームツリーがこんなにグングン。

日本の海沿いの街、湘南とかに行ってもこんな意気の良いパームツリー見ることができません。

これもアメリカ来てブチ上がるポイントです。



リゾートならば午前中はビーチで海水浴。


何も考えずにのんびりします。


サパーン。


母なる海、最高です。




さて、近くにはBrewery(ブリュワリー)というビール酒造所があります。

クラフトビールが楽しめるんですね。

「CORONADO BREWING COMPANY」


こちらは世界No.1に輝いたこともある名門らしい。

日本でも探せば輸入スーパーとかでここの缶ビールたまに見ます、お好きな方は飲んでみてください。


こんなところに訪れておきながら僕はビールあんまり飲めませんが、お好きな方はビール酒造所に立ち寄るのは激オススメです。

何よりカリフォルニアの暑く、乾いた気候が美味しさを必ず引き立てます。


Breweryは旅の後半にも立ち寄りますので、ビール好きな方はしばしお待ち下さい。



そろそろランチタイムですかね。

お散歩がてら近くのデリで適当にお惣菜でも買いましょうか。


お持ち帰りで買ったらどこで食べようかな。

紙のブラウンバッグがまたアメリカらしくていいじゃないですか。


Hanes × BEAMS
カラー:ホワイト
サイズ:M
価格:¥2,700+税
商品番号:11-49-0108-411


ミルク、ミートローフ、マカロニサラダみたいなの。

ロケーションのおかげでチープなお惣菜も唯一無二の最高ランチに。

誰ですか、空気も調味料と言ったのは。




ランチの後は観光地でも見ましょうかね。

「HOTEL del CORONADO」


1888年創業、歴史あるホテルで建物の作りを見るだけでも面白いです。




そうそう、アメリカは車社会なので油断してましたが、ここの駐車場停めるだけで$40くらいかかりました。

さすがは観光名所。


そういう時はお土産でも買って駐車場サービスを受けるのが得策です。






さて、San Diegoのダウンタウンにでも戻りましょうかね。





つづく。




私の新婚旅行 #2 おはようサンディエゴ

泊まっていたMOTELはこんな感じ。







至って普通のMOTELです。

が、ネーミングと看板が良いですね。



Hanes POCKET V-NECK TEE
カラー:ホワイト
価格:¥4,000+税
商品番号:13-04-0419-411









借りていた車はこちら


CHEVYのEQUINOX



TOYOTAで言うところのRAV4みたいな感じですかね。



荷物も積めて2人でロングドライブするにはちょうど良いです。


いつもは値段重視で大体コンパクトカーを借りるのですが、アメリカでコンパクトカー乗ってるのなんて旅行者くらいじゃないでしょうか。

逆にあんまり見ません。



さて、San Diegoにはこの旅の3年くらい前に初めて訪れたのですが、その時は街にあまり滞在しなかったので今回はゆっくり見たいと思いまして。


2日程滞在することにしました。

そうそう、僕たちの旅は厳密に行程を決めず、行き先をポイントで決めておくスタイルです。

なので、どこに何時までに行かなきゃとかあまりないです。


2日間、気の向くままにフラフラします。



「COFFEE & TEA COLLECTIVE」


多分、あんまり日本のガイドブックとかで紹介されてないと思います。


おじさんですが、カフェ巡りとか割と好きな方です。




以前、自分の好きなスケーターがここでアートショーやってて来てみたいと思ってたんです。


バーンと開けたスペースや高い天井、気さくでスタイリッシュな店員さん、苦くて甘いラテ。

ありがとう、アメリカ。







つづく。