スタッフ「岸 卓司」の記事

ダルクオーレと伊藤、時々岸 其の弍

こんばんは。


最近、近くの物がやたらと見えづらくなりました。


老眼デビューを果たした岸です。


さて、


伊藤の人気に乗ってしまおうという魂胆が見え見えな企画の第二弾をお届け。


私の意図を察してか、


伊藤から


「岸ちゃん、今日ダルクオーレ着てきたから。」


とのお言葉。


アザス!


優しさ溢れるパイセンの姿を


カメラにおさめました。


コチラ、




ダブルのブレザースタイル。


ネッカチーフが自然でいいですね。


下手するとやり過ぎ感を出しそうなアイテムをサラリと使うのが伊藤らしさ。


因みにシャツはルイジボレリ、ネッカチーフはバタクとの事。




キリッ!



更に別の日、


またしても伊藤からお声掛けが、


本当にお優しい。




ん、前回と同じじゃ?




アっ、失礼しました。

前回はダブル、今回はシングルのブレザーですね。


勿論、ダルクオーレのオーダー。




ポイントは高くしたラペルの返り位置との事。


「ここねッ、ここ。」




分かりづらい所ですが、


伊藤の拘りが伺えますね。




やっぱりバックショットも撮っときましょ。


相変わらずいい背面具合。


伊藤のコーディネートはシンプルですが、シャツの襟の高さや出し具合、デニムのサイズ感や丈などシンプルだからこそ余計に伊藤らしさが伝わってきますね。


因みにシャツはオーダーかと思いきや古着で、デニムは古着かと思いきや現行品だそうです。


はい、


如何でしょうか。


次回はいよいよこの企画の最終回をお届けします。


では、又。






ダルクオーレと伊藤、時々岸

こんばんは。


岸でございます。


久々の投稿となりました。



少し前の話しになりますが、

当社でも取り扱いのあるダルクオーレの創業者であるルイジ、ダルクオーレ氏が亡くなられました。


既製服は勿論、オーダーでも数多くのお客様やスタッフから好評をいただいていたダルクオーレ。



改めてお悔やみを申し上げます。



ダルクオーレの品、私は既製服では購入しておりませんが、前々からオーダーが気になっており、


一昨年オーダーしました。




そして半年後の仮縫いを経て暫く前に届いたのです。


私のもとへ。


春夏様の生地という事もあり暫く寝かせ熟成。


そして時期到来。


採寸はやはりこの人にお願いしました。




Mr BEAMSのMr伊藤。


全国でも数名しかいないサービスマスターの称号を持つ伊藤。


そんな伊藤がダルクオーレを数多くオーダーしているのは有名な話。




採寸した当日もダルクオーレでオーダーしたスーツを着用してたのでパシャリ。


もう似合うとか似合わないとかとの次元を超え伊藤の〝物〟になってますね。






バックスタイル。




綺麗に収まってます。


服の事をセカンドスキンなどと言ったりしますが、

まさにそんな感じです。



折角なので2人並んでみました。




足の向き!


合わせた訳ではありませんが、

しがちです。


私のスーツ、何故かパンツが既にダブルで仕上がって納品されたのでそのまま履いてみました。


少し長いくらいですが、折角なのでこのままにしておこうと思います。


修理が仕上がりましたら又、スタイリングなどに上げてみたいと思います。




それでは、


また次回。












新宿の屋上事情

こんばんは。


岸でございます。


題名を見てピンと来た方、


通ですね。


そうです。


横浜辺りを始め一部の方に好評?をいただいているシリーズ。


〝屋上事情〟


再びの新宿編をお届け。



昔の人は言いました。


【馬鹿と煙は高いところに行きたがる。】


はい。その点では私は自他共に認める馬鹿。


しかし、


バンジージャンプとかは嫌い。


適度な高さが好きな馬鹿。


で、


当店の目の前丸井の屋上庭園をご紹介。




庭園。


8F迄上がりそこから階段を上がると、




緑、ミドリ、そら。




地上の喧騒が嘘のような世界。




空が広くて高いなぁ。






春、感じます。


 


ラベンダーでしょうか。多分。


花に疎くてすみません。


綺麗に咲いてました。




ソーシャルディスタンスを保ちながら寛ぐ猫たち。


これからの季節は特に気持ちいいと思いますので、新宿でのお買い物の休憩などに使ってみては如何でしょうか?


その際は目の前のビームスにも是非お立ち寄りくださいね。


お待ちしております。




では、


また次回。





あらためまして

こんばんは。


岸でございます。


この度、横浜から新宿へ異動してまいりました。


当店のブログ王吉井の紹介でご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、宜しくお願い致します。



【新宿】



新しい宿、


日本橋から発する甲州街道最初の宿場町は高井戸。


日本橋からは約16キロ。


今のように舗装された道などではなく高低差もある道のり。


皆さん思いました。


「高井戸まで遠くね?」


で、高井戸よりも手前に出来た新しい宿が新宿。


と、物の本にあります。




今や歌舞伎町のある新宿、都庁のある新宿。


なんでもあり。



そんな新宿から私なりのブログをお届け出来ればと思っています。


宜しくお願い致します。


では、


また次回。