スタッフ「金替 啓太」の記事

ウェルドレッサー達のアウター事情

こんばんは、金替です。


アウターどうしましょうね。

と言いながら僕自身は目星が付いているんですが、コーディネート含め今も尚イメージ中です。


なのに、他のアウターも気になるのです。

スタッフだけでなく、当店にはウェルドレッサーが沢山いますので。


ということで、イメージも膨らまして頂き易い彼等を本日はサラッとご紹介。


まずは<BARBOUR>



スーツのスタイリングにもハマってます。

良く見るとブラックウォッチのビデイル。

デニムからスーツまで。 

守備範囲が非常に広いです。


続いて<GRENFELL>


本格トレンチコート。

エポレットに、ガンパッチに、アンブレラヨークに。

全部付いてます。


こちらもくすぐられる<ASPESI>


別注のオフィサーコート。

ベビーウェイトな生地です。

タフです。

ベビーウェイトなアイテムとの相性抜群です。



モダンな着こなしの彼は<PALTO>


グレンプレイドのコートの中には丸首のニット。

リラックスした感じなのに醸し出される上品さ。


そして開催中イベントの<CIRCOLO1901>からは


こちらもグレンプレイド。

でもプリントの生地です。

軽快です。

ジャケット感覚でサラリと羽織って。




スーツの上に。

ジャケットの上に。

ニットの上に。


コーデュロイのパンツの上に。

デニムの上に。

フランネルのパンツの上に。



お手持ちのアイテムやイメージのコーディネート。

どこに着ていくのか。

誰と会うのか。


数多くのバリエーションがございますので、きっとぴったりなアウターが見付かるはずです。


来て、見て、触って。

着てみて、ハマって。


ご来店お待ち申し上げます。


金替



こちらもお願いします。




ビームス ジャパンおよびビームスF 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


SlowGun&Co. TRUNK SHOW 開催中

こんにちは、金替です。


いよいよ始まりました。



スタジアムジャンパー、ライダースどちらにしましょう?




アルパカ、カシミヤ?悩ましい。




ツィードも沢山。




BEAMSだけの特別な生地も。





袖や裏地も。






ボタンも特別な物をご用意。






大事なシルエットも豊富なサイズから。






またと無いこの機会に。

特別な一着を。


明後日10月7日までの開催です。

是非ご来店下さいませ。



https://www.beams.co.jp/blog/jbf/30167/



ビームス ジャパンおよびビームスF 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


金替


身に纏う。四季香る。

こんばんは、金替です。


タイトルは韻を踏みたかっただけです。

とはいえ、移り行く四季を感じる今日この頃。

肌寒くなってきたので、秋仕度していきましょう。こんなコートを身に纏う秋、いかがでしょうか。



Brilla per il gustoのこちらのコート。

生地は上質で、洗練されていて、見ているだけでも漂う気品。



BACTRIANとはフタコブラクダのこと。

ディテールもダブルブレストで。

LORO PIANAらしい非常にラグジュアリーな生地です。




後ろ姿も魅力的。





ハンドステッチが醸し出す、重厚感の中にあるしなやかさ。



パッチアンドフラップのポケットが醸し出すエレガントの中にあるスポーティーさ。



スーツのスタイルに。

ジャケットのスタイルに。

フランネルのパンツに。

デニムに。


どんなスタイルにマッチするものは、何時の時代にもマッチします。


是非

来て、見て、触って

着てみて、ハマって

下さいませ。





ご来店お待ち申し上げます。




金替


こちらもお見逃しなく。


https://www.beams.co.jp/blog/jbf/30167/



ビームス ジャパンおよびビームスF 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


SlowGun&Co. TRUNK SHOW ~特別な一着を~

こんばんは金替です。


本日はタイトル通り、<SLOWGUN>を代表するスタジアムジャンパー、ライダースジャケットのカスタムオーダー会のお知らせです。




10月5日(金)から10月7日(日)の3日間、当店で開催致します。


お客様のお好みに合わせ、袖のレザー、ボディの素材、裏地、ボタンまでお選び頂ける今回のオーダー会。

女性の方はもちろんの事、キッズサイズもオーダーして頂けますので、ご家族でお楽しみ頂けるオーダー会となっております。


そんな楽しみで心躍るイベントの開催が迫ってまいりました。


とある営業終了後、デザイナーの小林さんにお越し頂きその魅力についてお話頂きました。




その魅力を今度はお客様へ伝えるべく、スタッフも真剣。


 


というより皆洋服屋なので、目の前に置かれた生地やボタンの数々に興味津々です。

実際に目で見て、触って、そしてお話しを伺って。

一つの個体の持つ、多くの背景を知る。

生地の魅力、ディテールの歴史、ボタンにまつわる薀蓄。


それらをクリエイションしている小林さんの魅力の詰まった時間でした。

作り手のお話しが聞けるというのは貴重であり、この上なく贅沢な事だなと再認識しました。


今日は少しだけ当日ご用意する生地やボタンをご覧頂きたいと思います。


まずはボディに使用する生地から。


ヴィンテージのツイード生地達。




こういった生地を用意出来るのも小林さんだからこそ。

これらのツイード生地でスタジャンなんて物凄く洒落てます。

まさに自分だけの一着にはうってつけ。


カシミヤの生地も



上品そのもの。大人の方がさらりと着て様になるスタジャンをご希望の方はこちらがオススメです。


アルパカもありますよ。




そしてビームス限定となるハリスツイードの生地も。



正直どの生地にしようかと真剣に悩んでます。


そしてこちらも注目。



デットストックのペンドルトンの生地。




まさに特別な一着が出来上がりそうな予感がしますね。


袖のレザーの生地や



ボタンもお選び頂き。





こちらのヴィンテージボタンは小林さんが探し集めた物達。


それぞれに歴史ありの物達です。


皆揃ってサンプルに袖を通し始めました。


それぞれボタンを変えたクレイジーパターンも雰囲気が良い。



ガシっとした重みのあるハリスツイードが醸し出す重厚感も良し。



僕の大好きなブラックウォッチも外せないところです。


悩みがつきませんが、それがオーダーの楽しみ。

イベント開催まではまだ時間があるので色々イメージを膨らませてみたいと思います。

イベント開催が待ち遠しい。

待ちわびる時間が楽しい。

楽しい事が待っているって素敵なことですよね。


あなただけの一着を身に纏い、楽しい時間お過ごし頂きたいと思います。



お問合せなどがございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。


是非、この機会にご来店お待ちしております。


金替





ビームス ジャパンおよびビームスF 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku




置いておいても、老いていかない。

こんばんは、金替です。


先日、新宿は高島屋さんで開催されていたクラシックカメラ博へ行って参りました。


僕の目当ては決まっていました。

Nikon F3をただただ探す。

店員さんと話してはコンディションを確認したり、機能性を聞いたり。

そして手に入れたNikon F3。

昔のカメラで現在(イマ)を撮り映し出す。


置いておいても、老いていかない。

名品とはそういうものです。


前置きが長くなりましたが、先日のブログで少しだけご紹介したこちらを。


CROCKETT & JONESのHAYLEさん



ダークブラウンスエードのチャッカーブーツ。

僕が彼に出会ったのはかれこれ10年前。

当時丸の内にいた僕はこのシルエットに一目惚れ。


横を向いてよHAYLEさん。



程よい丸みのトゥ。

スポーティーでエレガントで。

駆け出しの僕の心を鷲掴み。


逆も向いてよHAYLEさん。



アンライニングの軽快さ。

若かりし僕の足元に柔軟性をもたらしてくれました。


ちょっと後ろ向いてよHAYLEさん。



丸の内仲通りを彼と歩いた事を思い出します。ベージュのチノに、ウールのスラックスに、本当に万能でヘビーローテーションでした。


さ、前を向いてよHAYLEさん。



しかしながらここ数年は履かなくなりました。儚くなりました。


理由は特にありません。

気分なのでしょう。色々な靴にも出会い、色々なスタイルを模索している中で頻度が減っていたのです。


でも今物凄く気分なのです。この靴が。彼が。


底も見せてよHAYLEさん。



プリーテッドのパンツや、英国調の生地のジャケット。最近の流れに彼はベストマッチ。



置いておいても、老いていかない。


そして昔の僕の履き方はしない。

昔を経て今の履き方を。現在(イマ)を踏みしめる。



主観的な内容になってしまいましたが、伝えたいことは、いつの時代にもマッチするこのHAYLEさんの魅力なんです。


是非とも彼と現在(イマ)を歩いてみて下さい。





ご来店、お待ち申し上げます。


金替




ビームス ジャパンおよびビームス F 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


美しい時間

こんばんは、金替です。


街は夏休み。

通勤の電車もいつもとは違う光景。

子供達の笑い声、スーツケースを持ち旅行へ行く人。

楽しい予定に向かう人を見ているとこちらまで楽しい気分になります。


そしてお店でもいつもとは違う光景。

続々と新作の入荷。

おのずと楽しい気分になります。


君はどこへ向かうの?



INCOTEXの新入荷。




サイドアジャスターで。



広げてみましょう。



流石の美しいライン。


どういう穿き方が良いか、考えます。


まずはこちら。



トレンドのボルドーに対してはキャメルカラーのニットジャケットで。

インナーは全体のトーンが暗くなりすぎない様にホワイトのモックネックで。

足元はダークブラウンスエードのチャッカーブーツ。


お次は万能選手のベージュで。


チルデンニットを合わせて。シャツはこんな感じのチェックで。



足元はダークブラウンスエードのチャッカーブーツ。



そしてグリーン。


ネイビーの軽い仕立てのジャケットにこれまたチェックシャツ。チェックが好きなもので。


実はうっすらグリーンの糸が入ってるんです。パンツの色を拾うにはこのくらいの色目がすごくまとまります。

足元はダークブラウンスエードのチャッカーブーツ。


比較的スポーティーなこなしの3パターンをご紹介。

しかしながら足元使い回しかよと思われる方もいるかもしれません。


ただこの足元の彼、本当に全てのコーディネートをうまくまとめてくれるんです。


彼の名は

CROKETT&JONESさんのHAYLEさん。

自分自身所有していて、彼に出会ったのは今からおよそ10年前。

駆け出しの頃良く履いていました。

最近は履くことが少なくなりましたが、また履きたいなと感じてます。


儚い物にならぬ様に、履かないと。


そして10年前とはまた違った履き方を。


「履こう、履き方を考えよう。美しい時間だ。」


原宿にいる尊敬する大先輩に言われた言葉を思い出しました。


一本のパンツから色々な回想をしてしまいましたが、そこが洋服の楽しさでもあるのかなと感じてます。




そんなHAYLEさんについてはまた改めて。



ご来店お待ち申し上げます。



金替


お問い合わせ、ご来店お待ちしております。



ただいま開催中です。




ビームス ジャパンおよびビームス F 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


待ちわびる楽しさ

こんばんは、金替です。


暑いです。日々暑いです。

「もう暑いのは嫌だ、涼しくなってくれ」なんて思ったりします。


涼しくなった時をイメージしてみましょう。




続々と新作入荷です。




TAGRIATOREの新作達。

その中から今日はこちらを。




イエローのペーンが目を引きます。

色を拾ったコーディネートや、ホワイトのニットを差し込んで淡い上品なこなし。


イメージは膨らみます。

着る時を待ちわびる楽しさ。




ラペルに付いてるこちらも一新。



ハウンドトゥースにオーバーペーン。

チェック好きの私としては非常にくすぐられるこちらの生地。


今日はウールのパンツを合わせて。



さてインナーですが、ニットにするか、シャツ、タイにするか。


今日はタイドアップスタイルをご紹介。

こんな感じでいかがでしょう。



タブカラーのホワイトのシャツに合わせるのはジャケットのベースカラーを拾ったタイで。

ベースカラーがネイビーのタイはVゾーンを引き締めてくれます。そこに入り込むブラウン、ゴールド、ホワイトのストライプがジャケット、シャツの色目と絶妙な調和をもたらしてくれます。


足元はスウェードのモンクストラップで、堅すぎず程よいスポーティーな印象を演出。


インパクトのあるジャケットに対して、その他のアイテムをベーシックな物を合わせることでクリーンな印象に。


イメージしていたらより秋が恋しくなりました。


秋が待ち遠しい。

色んな意味で。



新作と共にお待ちしておりますので、是非とも


来て、見て、触って

着てみて、ハマって


下さいませ。


ご来店お待ち申し上げます。


金替




ただいま開催中です。




ビームス ジャパンおよびビームス F 新宿では、楽天ペイもご利用頂けます。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/

日頃の感謝を込めて。

こんばんは、金替です。


いよいよですね4年に一度の祭典。

いえ、それよりも前に。


いよいよですね父の日。

日頃の感謝を込めた贈り物を。






様々な商品と共にお待ちしております。


ちょっとしたお出掛けに便利な大きさのバッグ。

車の助手席に置いておくのも良いですね。




もうそこまで来ている夏に向けて、軽快な足元演出の必需品。

エスパドリーユを履いて、暑い夏に清涼感を。




クールビズでジャケットを羽織らない日が多くなるかもしれません。

チェックのタイを絞めてクールビズでも間延びしないコーディネートを。



「好きな色がグリーン」なんて方にはうってつけ。

お財布に、ハンカチ、ネクタイとお色纏めの贈り物。




「俺はブルーが好きだ」なんて方にはこちらで。

梅雨時期の必需品折り畳みの傘はいかがでしょう?




因みに私、金替の好きな色はレッドです。

私の好きな色の情報はどうでもいいと思いますので、

参考までにレッドのアイテムを。



ベージュやブラウンの似合う大人な男性に憧れます。

お父様でイメージしてみて下さい。



日頃の感謝を込めて。

言葉では少し恥ずかしくて伝えられない想いを、

贈り物に乗せて伝えてみませんか。


お贈りする方を想像する時間。

お贈りする物を想像する時間。

それは素敵な時間です。


素敵な時間のお手伝い、させて頂きます。


ご来店お待ち申し上げます。


金替




インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


雨の日に歩いて気付くこと。

こんばんは、金替です。


生憎の雨模様。

そんな時期ですね。


雨が降ると何かと不便で、気分も沈みがち。

でも強い味方がいれば鬼に金棒。

先日の「底力」に続いて、本日はこちら。


PARABOOT WILLIAM



言わずと知れた名作WILLIAM達。

レースアップよりは着脱も幾分しやすいダブルモンク。


ちょっと横向いてもらいましょう。



そのまま横になってもらいましょう。



彼等の底力。

雨の日に活躍してくれることは間違いないはずです。


顔付き改めて見ていきましょう。


まずはオイル含有率の高い定番のリスレザーを使用したこちら。

定番、王道が醸し出す風格でしょうか。カジュアルからドレスまで幅広いコーディネートに。



お次はスコッチレザー。

リスレザーのスムースな顔立ちに比べ、シボ感が表情豊かな印象を与えてくれますね。


そしてスエード

ブラックカーフスエードの艶っぽさ。

ボリューム感のあるWILLIAMに程よい色気を加えた感じです。


そんなWILLIAM達と合わせる靴下をご紹介。



ブルーの細いピッチのボーダーを合わせて。同じトーンの物を合わせるとまとまりが良くなります。

細いピッチのボーダーを合わせることで、カジュアル過ぎない印象に。

WILLIAMの守備範囲の広さを活かしてあげるコーディネート。




対照的に太いピッチのボーダーを合わせて。よりカジュアルに、よりスポーティな印象に。

デニムに、チノとの相性は抜群のはずです。





私も愛用中のSPANGLE。ブラックカーフスエードの艶っぽさに靴下で煌びやかさを加えて。

ちょっと派手かな?とお思いになると思いますが、モノトーンでのまとまりがあってすごく調和します。

オススメの足元です。



足元コーディネートを考え、雨の日も歩いちゃいましょう。



普段は歩いている道。雨だから今日はタクシーで、今日はバスでといったことあると思います。

でも雨の中歩く「普段歩いている道」は、普段とは違う姿かもしれません。

「普段」とは違う「非日常」の中の情景もまた素敵な物です。



ふらっと訪れた金沢は東茶屋街。三度目の来訪だったこの場所で初めての雨。



知っていた、見ていた情景とは少し異なる物を見る事が出来ました。

雨の日に歩いて気付くことが沢山ありました。


梅雨に負けずに、雨の日も楽しみましょう。


金替


ちなみに。


当店のみの先行販売中です。

お見逃しなく。




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/



底力

こんばんは、金替です。


先日から靴のご紹介をしてますが、本日も靴のご紹介。


これからの時期にピッタリな彼等です。


CROKETT&JONESより




この画像だけだと何故「これからの時期にピッタリ」かわかりませんね。


そもそもこれからの時期というのは、梅雨。

雨で濡れた路面は滑りやすい。

路面の滑りやすさの危険性を身をもって知っている私は、是非ともこちらをご紹介したかったのです。


もったいぶりました。

タイトル通り、「底」に彼等の「力」が宿ってます。


ひっくり返してみましょう。




そう。皆さんラバーソール。

皆さんの底力。


先ずはMORETONさんから。



名作です。良い面構え。



Uチップのトゥ周りの雰囲気の良さ。


そして彼の底力。

リッジウェイソール。


「リッジウェイ」とは「あぜ道」のこと。

その名の通りあぜ道状の「ひれ」を細かく配しているので、グリップ力を強め悪路への対応力が抜群。


あの時、これを履いていれば、、、


続いてはこちら。

SEDGEMOOR3。


こちらはカーフと




グレインレザーでご用意。



装飾の無いシンプルな顔立ち。

その普遍的なデザインが故、コーディネートの守備範囲は抜群。 


そして彼の底力。

ダイナイトソール。



言わずと知れたこのソール。昼夜問わず生産されたことから「day and night」が訛って「ダイナイト」になった位ですからラバーソール界の重鎮です。

グリップ力もさることながらやはりこのソールの持ち味は薄さ。

ラバーソールだとどうしても厚みが出てスポーティーな印象になりがちですが、このダイナイトソールの薄さはレザーソールの靴と遜色無いほど。


ドレッシーな着こなしにはこちらを。



この中で幾つか散りばめた私のソールへの思い。

もしも聞いてみたい方がいらっしゃれば店頭でお尋ね下さいませ。

ソウルフルにお話します。





梅雨の準備、始めましょう。

ご来店お待ち申し上げます。



金替



インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/




LOAFERに想いを馳せる時間

こんばんは、金替です。


先日は「LOAFERと過ごす時間」と題して、店内のスタッフやマネキン達とともに様々なローファーをご紹介しました。


今日はその中から一足をピックアップして、「LOAFERに想いを馳せる時間」としてご紹介。


このお方です。



CROKETT & JONES/別注 MAINE ペブルグレインレザーローファー
カラー:ダークブラウン
価格:¥82,080+税
商品番号:21-32-0127-502

MAINEの革の乗せ替え。

ペブルグレインレザー。


伝わりますでしょうか、この表情。

「ペブル」とは小石のこと。小石の様なスタンプ加工ということでしょうか。


ヒールを小さく修正してるのでフィット感も良し。



良い面構えです。


前から見ても


上から見ても



後ろから見ても



しつこいですね。でもこのシボ感が奥行きをもたらしてくれていて、そこから生まれる重厚感が素敵なんです。

なのでもうひとつだけ。


横から見ても



素敵です。想いを馳せながら360度撮影をしてしまいました。 


コーディネートはこんな具合で、如何でしょうか。


ダブルのジャケット。そして千鳥格子。

そんなジャケットの重厚感に負けないペブルグレインレザー。


もちろんメタルボタンにも



軽い印象のローファー。その中で重厚感をも感じさせるのがこのローファーの良さ。


軽快かつエレガント。


是非、お試しくださいませ。


ご来店お待ち申し上げます。


金替




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


LOAFERと過ごす時間

こんばんは、金替です。


暑くなってきました。それでも燦々と降り注ぐ陽の光を浴びるのは心地の良いものです。


季節と共に装いにも変化が。

幾分軽快な装いになっていく日々。


店内を見渡し、スタッフの足元に注目してみました。



これはスタッフ高橋。

ALDENのウイングタッセルローファー。

ホワイトデニムに合わせて。




こちらはスタッフ久我。

CROKETT&JONESのタッセルローファー。

ワイドなトロピカルウールに合わせて。



そしてスタッフ石原。

オーダーをしたENZO BONAFEのタッセルローファー。これまたオーダーしたブラウンのスラックスに合わせて。


見事に3人ともタッセルローファー。

しかしながら顔付きは三者三様。

男らしい雰囲気からエレガントな表情まで。


チョイスするディテールやコーディネートで見え方も変わります。

「LOAFER」の語源は「怠け者」などと言われますが、そんなことは無いなと感じます。怠け者どころか雰囲気を計算して皆履いているはずですから。


店内を見渡せば、こんなにも多くのローファー達が。


CROKETT&JONES





GEOGE CLEVERLEY



ALDEN



それらを身に纏った当店のウェルドレッサー達。








もう怠け者だなんて言わせません。

軽快さを演出しつつ、重厚感を損なわない彼等はこの時期の主役です。


お客様のイメージするコーディネートにピッタリのローファー、ご提案させて頂きます。



そんな私も


キラキラ輝く太陽に負けないよう、キラキラの靴下と合わせたALDEN。


色んなスタイルに色んなローファー。


是非ご覧になってみて下さい。


ご来店お待ち申し上げます。



金替




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


THE FRENCH CONNECTION

こんばんは、金替です。


タイトルはロビン・ムーア原作の名作映画。では無くて。


サッカー好きの私としては輝きしきプレミアリーグ、アーセナルの一時代を思い出します。


率いたのは、今期限りで退団を表明しているフランス人監督アーセン・ベンゲル。

彼の指揮のもと、フランス人のティエリー・アンリ、シルヴァン・ヴィルトール、パトリック・ヴィエラ、ロベール・ピレス等が躍動した。

スペクタクルなサッカーは観るものを魅了し、私も興奮していたことを今でも思い出します。


そんな思い出から、、、


こじつけます。


当店のTHE FRENCH CONNECTION



まずは、こちら。


ワニが今年も躍動します。


今年はこちらの全6色をご用意。

私自身LACOSTE愛用者で4色持っていますが、それでもまた新たな色を買いたそうか検討中。スリムフィットでスッキリと着て頂けます。


ボトムはこちらで。



品の良さがたまらないです。

綿も麻もあります。



因みにこちらのブランドも2本保有。

写真下段のBRUCEは過去にBEAMS Fで展開していた復刻。時代を越えて履けるこの一本を買い足し検討中です。


足元はこちらで。



説明不要のPARABOOTからCHAMBORDです。

デニムにチノに。彼等が足元に加わるだけでグッとコーディネートがまとまります。

因みに私は同ブランド2足保有。


これからの季節は軽快にこんな感じもいいですね。




保有していて尚、欲しくなる。

それだけにオススメの物達です。


忘れちゃいけないこちらのシューズも雰囲気最高です。


今では数少ないMADE IN FRANCE


夏の砂浜踏みしめちゃいましょう。




首元にもアクセントを。


Pierre-Louis Masciaのプリント技術は圧巻です。

畳み方を変えれば見える柄、色分量に変化が生まれ1枚で色々な表情に。



早速今期1枚購入しました。



当店のTHE FRENCH CONNECTION


こんな感じで。



白と黒のモノトーンで纏めた足元。

黒靴だと硬いところをネイビーのグルカサンダルで軽快に。

軽快かつ、エレガントかつ、モーダ。


麻のパンツでこちらのこなしも。


淡いトーンのコーディネートの足元をグレイッシュなシューズで引き締めて。

でも硬くなり過ぎないようにエスパドリューで。首元に色柄を差して上げれば間延びしないコーディネートに。


サッカーの思い出回想から長々お話してしまいましたが、こじつけの様なコーディネートもファッションの楽しみのひとつ。


是非楽しんで頂きたいです。


彼等と共に、ご来店お待ち申し上げます。


金替




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/


オススメしTIE

タイトルからこじつけてます。


こんばんは、金替です。


GWは皆様いかがお過ごしでしょうか?

気温も上がってきて、連休明けはクールビズのスタートという方も多いかと思います。


軽快かつエレガントなノータイスタイルはしっかりとご提案させて頂きます。

しかしながら、身に付けたくなるネクタイがあるんです。


オススメしたいんです。


オススメしTIEんです。


こちら。




FRANCO BASSIのストライプ。

同じピッチのストライプ、通称段落ち。




ネイビー、ブラウン、オレンジの配色。

派手目に見えるかもしれませんが、ネイビー、ブラウンというベーシックカラーの色分量が色々な袖物とコーディネートしやすいです。そこにオレンジの差し色。地味になり過ぎず、コーディネートに明るみをもたらしてくれます。


明るいジャケットに。


ジャケットに合わせてシャツもクリーンな白で。ネクタイの良さを最大限生かして上げるイメージで。



濃いブラウンのジャケットに。


ブラウンのトーンのVゾーン。暑い時期ジャケットを脱いだ時の事もイメージして、細かいチェックのシャツに合わせてパターン・オン・パターン。コーディネート全体に立体感が生まれます。


もちろんベージュのコットンスーツにも。


こちらはブラウンベースのストライプシャツで。縦のラインを強調してあげることで全体的にシャープな印象に。


3色構成の段落ち。3段落ちらしく、コーディネートも3つご紹介致しました。


それでも、足りません。

オススメしTIEので。


ネイビーブレザーに。


千鳥格子のパンツと合わせてトラディショナルに。

もちろん無地のスラックスも相性は抜群。

その場合はシャツにも柄を使って表情豊かに。




一本あるとグッと雰囲気が出るTIE。

是非お試し頂きTIE。


ご来店、お待ち申し上げます。



金替




そして只今、タブルポイントキャンペーンです。

この機会に是非とも。



ご来店お待ち申し上げます。


↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


↓当店スタッフのインスタグラムもお願いします。

https://www.instagram.com/naoya_kuga/



【宴、本日開催です】とっておきのPARABOOT

こんにちは、金替です。


さて、いよいよ本日です。




新宿の「BEAMS JAPAN」はおかげさまにて、来る4月28日(土)をもちましてオープン2周年を迎えます。日頃の感謝の気持ちを込めまして4月27日(金)にBEAMS JAPAN 感謝祭「宴」を開催します。
当日は感謝祭限定のイベントの他、スペシャルアイテムの発売を行います。
「BEAMS JAPAN」で楽しいひと時をお過ごしください。皆さまのご来店をお待ちしております。


そして

弊社、中村、西口両ディレクター、高田バイヤーも駆けつけ、店頭で皆様のご案内をさせて頂く予定です。ぜひ、楽しみにして頂ければと思います。



是非ともお立ち寄りくださいませ。




それに合わせてとっておきのこちらも本日発売です。



PARABOOTからCHAMBORD。

ブラウンスエード、ネイビースエードでお目見えです。




グッドイヤー製法なので、スッキリとした表情。




ソールもラバー。スエードにラバー。梅雨時期の強い味方にもなってくれます。


ブラウンか




ネイビーか





どちらも良い表情です。

2つとも良い。




ダブルで良い。


こじつけます。


こちらも今日から。




タブルポイントキャンペーンです。

この機会に是非とも。



ご来店お待ち申し上げます。


↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



https://www.instagram.com/naoya_kuga/








気持ちの良い、あさ。

GOOD MORNIG 金替です。

雨模様ですが、良い朝を迎えましたでしょうか?



今週の頭は天気が優れなかったですね。

今週の終わりに始まるイベントへ向けた充電期間と捉えましょう。


ゴールデンウィーク、夏を先取ってさらりと羽織って貰いたいお品物。



良い麻です。こじつけます。

色鮮やかな麻のシャツ。


バリエーション豊富に取り揃えてます。



当店の足元は砂浜。

どんどん夏をイメージしてくださいませ。



このカラーバリエーション。

白パンに、ベージュのチノに、デニムに。

どの色にしましょう?


襟型も


ボタンダウンや


カッタウェイも



コーディネートにお悩みの際は是非ともご相談くださいませ。


これらに負けない、バリエーション豊かなスタッフがしっかりとご提案させて頂きます。



夏の準備、始めませんか?





冒頭でも触れましたが、4月27日からはこちらが始まります。


この機会をお見逃しなく。


さらに、こちらも迫ってます。


弊社、中村、西口両ディレクター、高田バイヤーも駆けつけ、店頭で皆様のご案内をさせて頂く予定です。ぜひ、楽しみにして頂ければと思います。



ご来店、お待ち申し上げます。


金替



↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku


良いとこ取り

こんばんは、金替です。


桜が見たい、富士山も見たい。

そんな欲張りな気持ちを叶えるべく先日河口湖に行って参りました。


一石二鳥、一挙両得。

良いとこ取りって素敵です。


さぁいつもの如くこじつけます。


今日はこちら。




今期からご紹介のVINCENZO DI RUGGIEROのシャツ。



良いとこ取りなのは、コットンとリネンで組成されているからです。

いわゆる「綿麻」のシャツ。


無地と


ストライプと



綿の持つ柔らかさと保湿性。

麻の持つ通気性の良さと独特のシャリ感。

二つの素材の良いところを併せ持つ生地です。



正に、良いとこ取り。


かつ、すごく良いシャツ。

ハンド工程は6箇所。


袖付け、ヨーク付け、ガゼット付け。

ネーム付け、剣ボロ閂、前立て裏。


開いてみましょう。




台紙も魅力的です。



ハンドの風合いは随所に。





暖かみ、柔らかさ。


これからの時期にピッタリです。


コットンスーツに。




ピンヘッドのスーツに。



綿麻、かつハンド工程のあるシャツが軽快さを演出してくれます。


是非一度お試し下さいませ。


ご来店お待ち申し上げます。


金替


インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku



季節の変わり目。表情の変わり目。

こんばんは、金替です。


ついこの間まで咲き誇っていた桜。

あっという間に葉桜に。

それでもまだ咲き誇っている桜を見たくて河口湖まで足を伸ばしてきました。


今年の見納め。

しかしながら、葉桜を見るといよいよ新しい季節の始まりを感じます。


さぁこのくだりからどのようにスーツのご紹介に繋げようか。


そんな事を考えていたら目の前のコーヒーは温くなっていました。


結果、こじつけられないので強引にいきます。


スーツです。




BEAMS F / ALBINO TORELLO VIERA グレンチェック 3ボタンスーツ
カラー:グレー
サイズ:42、44、46、48、50、52
価格:¥91,800+税
商品番号:21-17-1018-264


英国顔のイタリア生地。




グレー、グレンプレイド、オーバーぺーン。

個人的に大好物です。

ガシガシなウェイトも雰囲気が良いですが、イタリア生地らしいしなやかさが、この面構えであるってところがくすぐられます。


休憩中にコーディネートを考えていました。

目の前のコーヒーは温くなっていました。


その分考えたコーディネートは生温いものではないはずです。


クレリック、タブカラー、マルチストラップのシャツ。そこに柄ピッチの広い小紋のタイを合わせると。




我ながらカッコいい。自画自賛をお許しくださいませ。


次も柄物合わせが好きな私の個人的リコメンドですが。


大きい格子柄をしたスーツに、小さい格子柄のシャツを。柄同士が喧嘩しそうなところに入ったのは柄ピッチの大きいストライプのタイ。小さい格子柄の主張を抑えつつ、全体に立体感を持たせることが出来ました。




小さいチェックを大きいストライプで切る感じ。個人的にこの柄合わせが大好きです。



と、柄のコーディネートをお届けしてきましたが、こういう合わせも気分です。


白いシャツ、黒いニットタイ。

シンプルです。




ニットタイが入ることで、軽快かつエレガント。

モノトーンの合わせがクラシックかつモーダ。


コーディネートによってそれぞれ表情が変わります。

勿論身に纏う人の表情も変わるでしょう。

更にはそれを見る人の表情も変わるでしょう。


だからスーツは奥深くて楽しい。


とブログを書いていたら目の前のコーヒーは温くなっていました。


普段はアイスコーヒーの私ですが、考え事をするときはホットコーヒー。

最後は全く必要の無い情報でした。


是非店頭でご覧下さいませ。


金替




↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku




ユーティリティプレイヤー

こんばんは、金替です。


趣味で写真を撮るのですが、先日はカメラを探しに新宿界隈の中古カメラ屋さんをブラブラ。


古いカメラなので、中々見つからない日が続いてます。出会うことは出来なかったのになんだか心地の良い時間でした。


春の陽気のせいでしょうか?


心地の良い気候の時は出掛けたくなりますよね。

もちろん心地の良い物を身に纏って。


こじつけました。

得意技です。

では、こちら。





CIRCOLOのジャージージャケット。

得意技です。


ストレッチで快適に。

電車移動の方、いつもより吊革掴みやすいですよ。

車移動の方、いつもよりハンドル切りやすいですよ。




無地もいいですが、英国的なグレンプレイドが今の気分でしょうか。

CIRCOLO1901 / グレンプレイド2ボタンジャケット
サイズ:42、44、46、48、50
価格:¥69,120+税
商品番号:24-16-0043-272


シャツと



ポロと



丸首ニットと



なんでもござれ。


ユーティリティプレイヤーです。


そういう人に、私はなりたい。


雨にも負けず、風にも負けず、カメラを探し続けようと思いました。


来て、見て、触って。

着てみて、ハマって。


そんなジャケットです。



是非、お試しください。


ご来店、お待ち申し上げます。


金替



↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku

幅 nice day

こんばんは、金替です。

新宿からは初めましてですね。


この度みなとみらいから異動して参りました金替(カネガエ)と申します。

2008年、丸の内にて洋服屋としてのキャリアをスタート。2013年にみなとみらいへ異動し、この春から新宿へやってきました。


自己紹介は手短に。

紹介したい商品があるんです。



BERWICH LUCANO ワイド クロップドパンツ
カラー:ブラック、サンド、オリーブ
サイズ:42、44、46、48
価格:¥26,000+税
商品番号:24-23-0154-540

独特のディテールが持ち味のBERWICHからニューモデルのLUCANO。



ベージュの綿パンっていいですよね。

何とでも相性良くコーディネート出来ますしね。自分も何本持っているか分かりません。

ストレート、テーパード等シルエットは様々ありますが、こちらのパンツは見ての通り




ワイドです。気分です。

リラックスした感じでこなせますし、トップスをスリムにしても良し、少しルーズにしても良しです。

このワイドさがコーディネートにも幅を持たせてくれるんです。




裾幅も広め。好物です。

広めなので丈もワンクッション位でも見え方は綺麗です。

勿論短めでローファーなんかも良いですね。

少しアイビーっぽいコーディネートをしてアメリカンな雰囲気を入れるのも今の気分でしょうか?


はたまた少しフレンチな気分も捨て難い。


例えばこんな感じで。





ベージュのパンツをベースにブラウンやイエローといった色目を合わせて全体にまとまりを。


ニットポロで少し品良く。

足元はグルカサンダルで軽快に。


軽快かつエレガント。

是非、お試しください。

幅の広いパンツの良さ店頭でもお話出来ればと思います。


ご来店、お待ち申し上げます。


Have a nice day.


金替



こちらも、4月1日の日曜日までとなります。

お早めに。



↓インスタグラムもお願いします。

http://instagram.com/beams_f_shinjuku