タグ「sonicyouth」の記事

〈Insonnia Projects POPUP SHOP〉開催中です!

こんにちは。

ビームス新宿店で4/19〜4/28

〈Insonnia Projects(インソニア プロジェクツ)〉POPUP SHOPイベントを開催致します!



取り扱うアイテムはInternational Gallery BEAMS EXCLUSIVE

※International Gallery BEAMSのみで購入できるエクスクルーシブモデルです!

今回は監修する『志鎌英明』が影響を受けたアーティストやミュージシャンがモチーフとなるプリントTシャツ。

24SSシーズンは、ニューヨーク出身のロックバンド『ソニック・ユース』をフィーチャー。


⚫︎ボディについて

ユーズド加工が施された古着のような風合いが特徴です。

昔ながらの製法に習ったアメリカンラバー加工製法でプリント。また染色、プリント、加工の全てが熟練された職人によって行われています。


Insonnia Projects
カラー:ブラック
価格:¥13,200(税込)
商品番号:23-04-0115-539

ブランドアイコンでもある背中部分の真鍮パーツ、アイテムを丸めて保存することができるレザーストラップも健在です。 


また、ご購入頂いたお客様にはノベルティもご用意しております!


興味のある方は是非!お待ちしております。

90's US バンドTシャツ

お久しぶりのBLOGとなります。


本日は是非とも自己満足なBLOGを書きたいと思ったので綴らせて頂きます。


では、今回はビームス ライツがお送りする、 バンドTコレクションUSバージョンの御紹介です。(後にUK バージョンも御座います。) 


90年代に所謂グランジ、オルタナシーンで活躍した自分の大好きなバンド達です。


それでは、まず1枚目はこちら。


SONIC YOUTH / GOO プリントTシャツ
カラー:WHITE
サイズ:M,L,XL
価格:¥4,500+税
商品番号:51-04-0547-394


80年代からアメリカで活動していたSonic Youthというオルタナティブロックバンドの90年にリリースされたアルバム「Goo」のジャケットであるシャツです。


今でこそ、珍しくないですが、当時は「ノイズ」をアートとしてアプローチしたのは革新的でした。

そんな実験的な楽曲が多いが為に、デビュー当時はアメリカでは評価されずにいましたが、後にメジャーデビュー「Goo」をリリース後を境に90'sオルタナティブ、グランジブームの狼煙となりました。


この絵はカリフォルニア在住の美術家 レイモンド・ペティボーン(1957─)の作品です。

元となるイメージはイギリスでムーアズ殺人事件という凄惨な猟奇的殺人を犯した人の、共犯者の妹と、その夫のイラストです。


ペディボンの作風はこのような現在に起こるメディア消費社会や世界情勢に対して風刺的なアプローチも用いながらもそこにユーモアを投入した作品が多く、そんな思想であることからかパンク バンドのジャケを手掛けることも多いです。


Sonic Youth同様に独創的で、前衛性のある彼の「ドローイング」は現代美術として認めせしめたのもこの人な気がします。


そしてもう一枚が同じシーンで活躍していたDinosaur Jr.の「Green Mind」というアルバムのアートワークでもあるTシャツです。

JOE SZABO / フォトプリント Tシャツ
カラー:PRISCILLA,ALMOST GROWN
サイズ:M,L,XL
価格:¥5,000+税
商品番号:51-04-0546-394


こちらの写真はJoseph Szabo(ジョセフ・スザボ)というニューヨークのロングアイランドで高校の教師をしながらフォトグラファーをしていた人が1978年に出版した写真集「Almost Grown」に収録された「Priscilla(プリシラ),1969」から採用されたものです。



 もう一枚も同じ「Almost Grown」に収録され、写真の一部が表紙にもなっている写真です。



両方とも若者特有の感情の行方知らずリビドー的ニュアンスを良く感じられる様な写真達です。


これらのTシャツ達は是非肩の力を抜いて、緩くラフに着るのがオススメです。