スタッフ「武島 幸宏」の記事

偏愛ベレー帽

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日はベレー帽についての小咄を。



気に入った物を色違いで購入することがしばしばあります。今シーズンはこちらを三色買いました。




Mighty Shine × BEAMS / 別注 Big Beret
カラー:BEIGE、OLIVE、NAVY
サイズ:ONE SIZE
価格:¥9,790(税込)
商品番号:11-41-5627-742


元々帽子が好きで、多種多様な帽子を所有していますが、最近はこちらのベレー帽をよくかぶります。シンプルな着こなしに、「小粋な男感」をプラスしてくれます。


カジュアルにTシャツで合わせてもよし。





クラシックにまとめてもよし。





セットアップスタイルの崩しにもよし。





大きめサイズなので、動きが出しやすく、かぶり方によって表情が変わるところも気に入っています。



私物のお気に入りは、KIJIMA TAKAYUKIのベレー帽。素材がスエードとウールフェルトなので、秋冬によくかぶります。





ベレー帽の原型は、フランスのベアルンという地域で、日除けや風除けのために実用品としてかぶられていました。それが時を経て芸術家たちに愛用され、一方では軍隊のユニフォームとして採用されました。そうして現在の、洗練さと男っぽさの共存するイメージが出来上がったという歴史があります。



ワッチキャップやハットも素敵ですが、たまにはベレー帽で小洒落てみるのも、大人のファッションの楽しみ方のひとつですね。



皆様もぜひ店頭でお試しください。


それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓




大人のちょい足し

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日は巻き物についての小咄を。



ここ最近、スカーフやバンダナをよく着用するようになりました。首周りに小物を用いることに、若い頃は抵抗がありました。なんだか照れくさかったのです。



ですがある程度年を重ねて、「大人だから出来るカジュアル」を自分のファッションテーマにするようにしてから、「もう一度足し算を楽しもう」という気持ちになりました。



スカーフやバンダナは、いわゆる「ちょい足し」です。シンプルな着こなしに表情を加えてくれます。その変化は「ファッションの楽しさ」を改めて感じさせてくれます。



例えばこんな風に。スカーフ編①


武骨なミリタリージャケットに、レディースライクなスカーフを差して遊びます。





例えばこんな風に。スカーフ編②


ルーズなカジュアルニットに、シルクのスカーフを加えて上品さを演出します。





例えばこんな風に。バンダナ編①


ジャケットにネクタイではなく、バンダナを首元にあしらってカジュアルダウンします。





例えばこんな風に。バンダナ編②


白いバンドカラーのシャツにバンダナを巻いて、面白みをプラスします。





当店にも私のお気に入りの巻き物がございます。こちらです。



BEAMS BOY / TOMBOY バンダナ
カラー:OFFWHITE、PINK、RED、NAVY
サイズ:ONE SIZE
価格:¥¥1.430(税込)
商品番号:13-47-0062-629


BEAMS BOYオリジナルのバンダナです。色違いで所有しています。遊び心のある柄に惹かれます。首周りの演出だけでなく、デイリーに使えますので、皆様もおひとついかがでしょうか?



いくつになっても、時代が変化しても、ファッションを楽しむ心を忘れない大人でありたいですね。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓




デニムと私

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日はデニムについての小咄を。



日本で初めてデニムを履いたのは白洲次郎氏と言われています。粋な大人の代表とも言うべき方ですが、らしいエピソードですよね。



氏に及ぶべくもありませんが、私も若い頃よりデニムを好んで履くようになりました。その世界に詳しい方ではないので、フィーリングで選ぶのですが、昔より気負わず履けるようになった気がします。



まず最近のお気に入りの私物をご紹介します。こちらです。






一般に「ユーロリーバイス」と呼ばれるもので、501です。古着の501といえばMade in U.S.Aが常識ですが、80年代にはトルコ製やスペイン製の501が出回っていました。メリハリのある表情が、味のあるスタイリングを作ってくれます。



こんな感じで、少しクラシックに仕上げたい時に着用します。








当店にも数多くのデニムがございますが、私のお気に入りはこちら。



 

orSlow /アイビーフィット 107 ワンウォッシュ デニム
カラー:ONE WASH
サイズ:2(M)
価格:¥21,780(税込)
商品番号:11-21-0186-611



orSlowの「IVY FIT」です。501と同じ13.5ozですが、細身のスッキリとしたシルエットで、ジャケットとの合わせに適した一本です。



今ならこんな風に、シアサッカーのジャケットと組み合わせるのもいいですね。








お気に入りのデニムをさらりと着こなす。ずっと目指していたい、私の理想の大人像です。まだまだ精進したいと思います。皆様も当店でお気に入りのデニムを見つけて頂ければ幸いです。



それでは今日はこの辺で。最後までお読み下さりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓




軍パン

ブログをご覧の皆様こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧下さりありがとうございます。



今日は軍パンについて小咄を。



私は横浜生まれ横浜育ちなのですが、中学生の頃、ひょんなことから近所に住むアメリカ人の男子高校生と仲良くなりました。



アメフトのボールの投げ方を教わったり、一緒にバスケやスーパーファミコン(世代です)をしたり。家族ぐるみで親交を深めたのですが、彼のお父様が横須賀基地にお勤めで、ある日「基地の中を案内してあげるよ!」と。



私は「行きたい!」と即答し、すぐに連れて行ってもらいました。基地内の娯楽場でボーリングをして、ビッグサイズのピザを食べ、停泊中の空母にも乗せてもらいました。それは大変刺激的な体験でした。



ですが、その時一番心に残したのは、「軍服ってカッコイイ…」という少年らしい憧憬でした。振り返ってみると、それが私のミリタリーテイスト好きの、原点だったのではないかなあ、と思います。



前置きが長くなりました。まず、そんな私のお気に入りの私物をご紹介してよろしいでしょうか?



こちらです。






カナダ軍のパンツです。購入したのはなんと20年近く前。今でも現役で履いています。ポリエステル混で柔らかく、サイズ感も程よい太さ。カラーも品が良い。これに白いシャツと革靴を合わせるのが、今でも一番好きなスタイリングです。



そして当店にも、私が色違いで合計三本所有しているお気に入りがございます。



こちらです。






BEAMS PLUS / ミリタリートラウザー ヘリンボーンツイル
カラー:WHITE、KHAKI、OLIVE、NAVY
サイズ:XS、S、M、L、XL
価格:¥16,000+税
商品番号:11-23-1437-791



40年代のアメリカ軍のパンツをベースにした、BEAMS PLUSのミリタリーパンツです。



40年代の軍パンの名品というと、フランス軍のM-47 Trousersが思い浮かびます。M-47 Trousersは、前期はコットンツイル、後期はヘリンボーンツイルを使用していますが、私はヘリンボーンツイルの質感が好み。



このパンツもヘリンボーンツイルを使用しており、そんな所も惹かれる要素なのかもしれません。



例えばこんな風にニットタイを結んでど直球に。






例えばこんな風にボーダーを合わせて小綺麗に。






革靴だけでなく、スニーカーを合わせるのも良しです。組み合わせ方は多様でも、どこかに無骨さを醸し出してくれるパンツです。洗い込んで出てくるアタリもグッとくるポイントです。



無邪気な男心を思い出させてくれる、大人のミリタリーパンツ。皆様も一本いかがでしょうか?



最後までお読みくださりありがとうございました。



弊店のスタッフスタイリングはこちらから↓





御礼

ブログをご覧の皆様、こんにちは。



ビームス みなとみらいの武島です。いつも弊店をご愛顧くださりありがとうございます。



早いもので今年もあと僅かとなりました。大変な一年でしたが、皆様のご厚情をより感じることが出来た一年でもありました。この場をお借りして、心より御礼申し上げます。



来年もお客様にご満足頂けるよう、スタッフ一同精進して参りますので、どうか引き続きのご愛顧のほど、よろしくお願い致します。



それでは皆様、よいお年を!