スタッフ「タナカ サト」の記事

#俺のBEAMSバトン タナカ編

皆さん「おうち時間」いかがお過ごしでしょうか?


先日、慣れない在宅ワークもようやく軌道に乗り始めた頃。『ん?インスタグラムに何やらお知らせが…』


そうです。もしかするとSNS等でご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんが、弊社プレスの 安武 サンからスタートした #俺のBEAMSバトン と題した素敵な企画が僕にも回ってきたのでした(汗)。


今回はそのブログ版と言うことで同じ六本木ヒルズ店の可愛い後輩(笑) 杉原 サンよりバトンを受けての投稿となります。


数ある思い出のアイテムから僕が選んだのはこれ。


※実際にストーリーズにアップした画像です。レイアウトが汚くてすみません。


〈George Cleverley(ジョージ・クレバリー)〉のサイドエラスティックスリッポンです。このモデルは随分前に一度バイイングを終了していますが、この2020年春夏シーズンに〈JASPER(ジャスパー)〉というモデル名で 見事復活。


1995年。ビームス 熊本でアルバイトをしていた際に初めて購入したのがこの靴でした。その当時、重衣料の傾向はシックでエレガントな英国的要素が強いものから、華やかで体のラインが強調されるメイド・イン・イタリーのものへの転換期だったと記憶しています。(エンツォ・ボナフェの取り扱いもこの頃スタートしています。)


当時の僕はイギリスの雑誌〈i-D〉や〈THE FACE〉〈DAZED&CONFUSED〉なんかを読み漁りジョー・ケイスリー・ヘイフォードやダファー・オブ・セントジョージ、それからお国は違いますがジェフリー・B・スモールなんかを着ていた時代です。今でもそうですが当時からそれらに〈John Smedley(ジョン・スメドレー)〉を合わせたりしてましたね。


そんなこんなでブリティッシュフレーバーにかぶれていた僕にとってこの〈George Cleverley〉がマスターピースだったわけです。ラストは名作と謳われた318ラスト。チゼルトゥ(のみで削ったような美しい爪先)と呼ばれるクレバリー特有のフォルムをしています。


未だにこのフォルムより美しいと思える靴には出会えていんです。一生履きます。



あ、そういえばこのバトンを繋がなければなりませんでした!


次はこちらのスタッフにお願いしたいと思います。

ビームス 銀座 村瀬 サン

ビームス ハウス 六本木 深谷 サン


皆さま乞うご期待!





Here comes the Soloist!

言わずと知れた名曲を引用したこのブログタイトルを見て、心がざわついた皆様に朗報です。


12/5(木)〜12/18(水)の期間限定で2019AW〈TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.(タカヒロ ミヤシタ ザ ソロイスト)〉を六本木ヒルズ店にてご覧いただける運びとなりました。


(以下、弊社ホームページにも詳細がございます。)

https://www.beams.co.jp/news/1814/




2009年のナンバーナイン(デザイナー宮下さんがソロイストの前に立ち上げたブランド)の最後のランウェイ以来10年ぶりのパリでのショウだった今シーズンの服たちは、手に取るだけでどれも随所に細か過ぎるほどのこだわりが感じられ、力の入れようが尋常ではない事に販売に携わる私達も気付かされます。




今回多くのアイテムに用いられている『I LIVE NOW』のメッセージはネイティブ・アメリカンのルーツを持つアーティスト・リーバイ・パタの直筆をプリントしたもの。アメリカンカルチャーが宮下さんの服作りのベースにあり、ファッションとは音楽・アートとも常に一体で、自由な発想で良いのだと語りかけられているかのような服たち。

お時間があったら是非とも袖を通す際にフロントジップを開いて内側の素材やパーツ遣いまで覗いてみてください。宮下さんが作り上げる圧倒的な世界観をきっと体感できることと思います。




タナカサト

〈RALPH LAUREN PURPLE LABEL〉POP UP SHOP開催

漸く待ちに待ったこの日がやってまいりました。

いよいよ我らがビームス 六本木ヒルズにて〈RALPH LAUREN PURPLE LABEL(ラルフローレン パープルレーベル)〉の展開がスタートします!しかも10/1(火)〜10/14(月)まではPOP UP SHOPを開催。気品高きラルフローレン パープルレーベルの世界観を店頭で体感できる機会です。



場所はビームス 六本木ヒルズの3階。

もう一度お伝えしますがコーナーは店内の階段を上がってすぐの場所。3階にございます!


ところで皆さんパープルレーベルってラルフローレンの中でもどんな位置づけなのかご存知ですか?


『伝統的なヨーロッパの高級テーラードウェアにインスパイアされ、最上級の素材と仕立てへのこだわりが特徴。ラグジュアリーで気品溢れるスタイルが魅力的なラルフローレンの最上位とされるメンズライン』がこのパープルレーベルなんです。




そんな素晴らしいブランドのポップアップショップをこの度開催することになり、筆者も非常に嬉しい限りです!


さてここからは店舗のポップアップコーナーをちょっとだけお見せしていきます。


なんと肩に見えるベルトの模様はエンブロイド仕様。


こちらも手間のかかるエンブロイドの技術を贅沢に採用。


気品高きパープルのブランドロゴ。


ラルフローレンにしか出せない最上級なトラッドの雰囲気。


これ以上ないほど柔らかく鞣されたスウェード素材のボディの上に繊細なタッチのレザーワッペンをプラス。ルームシューズにはアイコニックなポロベアが。



いやぁ、かなりの迫力に仕上がりました今回のポップアップ!全貌は是非店頭にてご覧ください。

そして手にとって一度袖を通してみてください!ラルフローレン パープルレーベルのフィロソフィーがきっと皆さんにも伝わるはずです。


たくさんの方にお越しいただけることをスタッフ一同楽しみにお待ちしております!


タナカ サト


インターナショナルギャラリー ビームス スペシャルアイテム Vol.1

はじめまして!六本木ヒルズ店のタナカです。いよいよ明後日の10/27(土)にビームス 六本木ヒルズがオープンします!私はこれからその中でもインターナショナルギャラリー ビームスコーナーに特化したさまざまな情報をご紹介していきますのでお時間ある方はちょこっとチラ見していただけると嬉しいです!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて私達が総力を挙げて作り上げる新店ですのでもちろんインターナショナルギャラリー ビームスからもスペシャルアイテムが目白押しです!


そんな中から今回はSHOESにスポットを当てて2つご紹介いたします。


まずはこちら。


この見慣れたフォルムは…そうなんです。



あいかわらず入手困難でお馴染みの…


ALDENから届いた完全別注品モデル。


ALDEN Alpine Calf/Cordvan Saddle
価格:¥100,000+税
商品番号:23-32-0378-339

 

別注箇所はと言いますとアッパーはブラックアルパインカーフ、サドル部分はコードヴァン#8を使用したインターナショナルギャラリー ビームスらしい個性的な組み合わせ。カラーもブラック×ダークチェリーブラウンのコンビネーションです。


モディファイドラスト特有の無骨ながらも色っぽいプロポーションが魅力の一品です。




そしてもう一点。

あのお馴染みのブランドPARABOOTから届いた完全別注モデル。

Palaboot 別注 FREJUS
価格:¥68,000+税
商品番号:23-32-0298-099


過去に生産中止になったモデルをなんと新たな木型で復刻。ディテールはクロスダブルモンクストラップという個性派。


ハードになりすぎず、品の良さを残したハイブリッドなデザインです。トレンドの中綿やファー素材のアウターとの相性も抜群の一足です。(六本木ヒルズ店先行発売)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他にもまだまだ紹介しきれないスペシャルアイテム・スペシャルイベントも今後小出しにご紹介していきます。乞うご期待です!


六本木ヒルズ店オフィシャルインスタグラム開設!

https://www.instagram.com/beams_roppongihills/