スタッフ「家城 仁人」の記事

スペシャルな男

こんにちは。

当店のInternational Gallery BEAMS 担当家城と申します。

毎週水曜日にお送りしているVariation of Styleを今週はお休みして、本日は1人のマネキンのご紹介!


-----------------------------------------------------------------


とても音楽が好きそうな彼。ヴィンテージ調のスウェットセットアップにチェックシャツの腰巻きはどこかでよく見るコーディネートです。

IG / カットオフ スウェットシャツ
カラー:フェードブラック、フェードレッド
サイズ:S、M、L
価格:¥14,300(税込)
商品番号:23-13-0697-262

IG / カットオフ スウェットパンツ
カラー:フェードブラック、フェードレッド
サイズ:S、M、L
価格:¥17,600(税込)
商品番号:23-22-0362-262


しかし


彼の場合は一味違います。スペシャルです。


まずご注目して頂きたいのが、



各所に落書きされたシャツの腰巻き。


更にアート性を感じさせるパッチ。


コンサバティブにグッドバイ。


ロックな音楽性に必要不可欠なパンクな要素と、アーティスティックな要素が詰め込まれているこちらのシャツ。


自らの音楽気質なファッション性を突き詰めた結果、こんな洒落たシャツを腰巻きすることになったこの男。勿論ライブ帰りの夜道はこのシャツを羽織って帰路につくのでしょう。一味違いますよねえ。


さて皆様は気付かれているでしょうか?


我らがInternational Gallery BEAMS や


BEAMSという文字のペイントを。


そう。


こちら当レーベルだけのスペシャルな別注品なのです。


VVVxIG SP SHIRTS
カラー:アソート
サイズ:M,L
価格:¥19,800(税込)
商品番号:23-11-0030-739

で、全てデザイナーが手描きでペイントしてくれています。


ですから、どれもアソート。世界に1着です。1点1点手描きなので勿論プリントではございません。


またベースになるシャツは古着の1点もの。



ですから襟型やポケットなどそれぞれ少しずつ違います。



世界に1枚のシャツを腰巻きした世界に1人だけの男。スペシャルです。


更にこの男がスペシャルたる所以はこのシャツだけではありません。足元にご注目下さい。


薄汚れたCONVERSEやVANSではありません。スウェット上下に対しては非常に意外性のある本格的でアルチザンな足元。

ちゃんと計算して外れた足元を選んでいるのか、はたまたてきとうに玄関で合わせた靴がコーディネートを意外な方向性に持っていってくれたのか。或いは一歩前進したくて親父の靴を勝手に履いて家を出た不良青年なのか。


全てに物語があります。


詩的で、音楽的です。


更に足元のフロントジップに呼応するように胸元にはメタリックなアクセサリー。


LIWLE x IG / 別注 キーネックレス
カラー:ブラック、ダークブラウン
価格:¥6,050(税込)
商品番号:23-42-0234-391


でもやっぱりアイウェアは90年代っぽく。


なんて欲張りな野郎なんだ。

A.D.S.R. / ANDREW サングラス
カラー:ブラック、カーキ、ネイビー
価格:¥19,800(税込)
商品番号:23-67-0093-698


"パンクと出会って初めて俺は自分が抱える怒りと疎外感に気付いたんだ"


-----------------------------------------------------------------


本日はここまで。

International Gallery BEAMS マネキンのスタイリングはただ見た目が格好良いだけでなくて、1体1体にカルチャーやストーリーが詰まっています。

その為、美術館や個展でアートを見るような感覚でマネキンのスタイルをご覧頂けると良いのではないかなと思います。

皆様にとって、洋服単体を見ていいね!も勿論良いのですが、ひとつのスタイルを通してこの洋服いいね!となるならばそれは僕達にとってとても喜ばしい事です。

店頭でお話しできるネタは無限大にございます。是非足をお運び頂き僕達と洋服の話をしましょう。



ビームス 梅田 家城

-----------------------------------------------------------------

この投稿が面白いな!お店に話しに行ってみたいな!と思われた方は是非フォローをお願い致します。こちらのブログシリーズは継続的に投稿(毎週水曜日に更新致します。)させて頂きますので、それをより見易くなりますよ。下記の画像をタップして頂くとフォロー画面に飛んで頂けます。


Variation of Style vol.4

Variation of Style   ( バリエーション・オブ・スタイル ) =スタイルのバリエーション、多面性。


せっかく洋服を買うならば一つの着方だけではなく、一つの洋服でも複数の着方、スタイルを模索するというのがファッションの醍醐味であり、International Gallery BEAMSで取り扱う洋服の最高にエキサイティングなところではないでしょうか。


という訳で、このシリーズではInternational Gallery BEAMSで取り扱う商品の多様な着方、スタイルをご提案。


本日はこちら!実際に購入したアイテムのご紹介。


RAF SIMONS / チェーンブレスレット
カラー:シルバー
価格:¥60,060(税込)
商品番号:23-42-0298-414

大ぶりリングが故に身に付けるだけでコーディネートのファッションムードを加速させるこちら。ブレスレットとしての使い方は勿論のこと、その他の使い方も実践してみたいと思います。

-----------------------------------------------------------------

という訳である日の家城。

買ったばかりのブレスレットをしっかり見せたくて袖捲りをしてみました。


歴史を感じさせるMARIA RUDMAN ブレスレットやAdwt'n Tuareg リング と合わせて、ロマンチックな"クラシックとモダン"の共存を試みたこの日の手元。


さてこの日は少し趣向を変えて…


ウエストのベルトループに付けて垂らすことでキーチェーンみたいな雰囲気にしてみました。


大ぶりなリングチェーンであるからこそ、手首周り以外につけてもインパクトがあってサマになるのではないかな?と思い試してみたこちらのスタイル。


ブレスレットだから手首周りにしか付けることが出来ないという考えはありません。


ブレスレットひとつとっても合わせの多様性はあって、そういうものを今後も自ら実践して世の中に提案していければいいかなと思っています。


そう言えば最近、僕がこの会社の中でも尊敬するO先輩と服の話をする機会があったのですが、これが流行ってるからいいですよ!っていう提案とか、逆にこれが流行ってるからそのアンチテーゼとしてこういう合わせも面白いですよ!っていう提案とか、そういう流行りに対して生まれるものではなくて、あくまで本当に良いと思っているブランド、アイテム、着方、というのを世の中にご紹介してきたのがビームスという会社で、商業化が進む今日のこの頃だけれど、自分達もそういうマインドで洋服屋をやっていきたいよね〜なんてことを言われました。僕もそんな服屋でありたいな♪

-----------------------------------------------------------------


本日はここまで。また面白い着こなしが見つかればスタイリングにて投稿させて頂きます。


ファッションって自由だし、着方なんて人それぞれ。他の人なら提案しないようなこんな着方はどうですかー?とかこんな着方面白いっすよ!、こういう着方ってどうなんですかね?なんて店頭でお話できたら最高ですね。


極論買って頂けなくてもお客様にとって何か得るものがあってお店を出られるのであればそれが僕の最大の望み。その上で買っても頂ければ尚最高!!!


是非店頭でお話ししましょう。絶対に悪い時間にはさせません。



ビームス 梅田 家城

______________________________________________


この投稿が面白いな!お店に話しに行ってみたいな!と思われた方は是非フォローをお願い致します。こちらのブログシリーズは継続的に投稿(毎週水曜日に更新致します)させて頂きますので、それをより見易くなりますよ。下記の画像をタップして頂くとフォロー画面に飛んで頂けます。



Variation of Style vol.3

Variation of Style   ( バリエーション・オブ・スタイル ) =スタイルのバリエーション、多面性。


せっかく洋服を買うならば一つの着方だけではなく、一つの洋服でも複数の着方、スタイルを模索するというのがファッションの醍醐味であり、International Gallery BEAMSで取り扱う洋服の最高にエキサイティングなところではないでしょうか。


という訳で、このシリーズではInternational Gallery BEAMSで取り扱う商品の多様な着方、スタイルをご提案。


本日はこちらのご紹介。

:colon × International Gallery BEAMS / 別注 コットンブロード スタンドカラーシャツ
カラー:ホワイト、ネイビー
サイズ:1/S、3/M、5/L
価格:¥26,400(税込)
商品番号:23-11-2165-914

そもそもこの《:colon》ですが、大人の皆様にはお馴染みのブランドSLOANEのデザイナーK氏が今シーズンより始めたシャツとパンツのブランドです。

K氏曰く、『ちょっとデザインが効きつつも生地や仕立てが良くて誰が着ても綺麗に見えるシャツやパンツを作るブランドってMaison Margiela や JIL SANDER、PRADA、DRIES VAN NOTEN が挙げられるけど、もっと誰もが手を出しやすいブランドではあまり見当たらないよね。じゃあ自分達で作っちゃおうよ!』ということで企画したものが実現したのがこちらのブランドだそうです。

故にこちらのブランドコンセプトは『カジュアルな洋服をドレス工場で仕立てる』というものです。

______________________________________________


それではある日の家城。


まずはクリーンに1枚で着用。なんと言っても1枚でタックアウトしたごく普通の着方が最もこちらの良さを引き出します。

その理由がこちらのディテールにあります。


肩周りに入るこちらの見慣れないタック。シャツ自体は非常にクリーンでありながらも肩周りにタックが入ることでそこに膨らみができ、それが全体にさりげない立体感を生みます。


故に数々の力強いデザイナーズのアイテムとも馴染むという風に僕は考えています。(ちなみにイエキ、寝ているわけではございません。)


一方でこちらはタックインをしてみました。


あれ?タックアウトがお勧めって言ってなかった?と思われるかもしれませんが、タックインも一つのスタイルの選択肢としてはお勧めです。


こちらはドレスシャツクオリティのハリのあるブロード生地であるからこそインした時のブラウジング(=ウエストから少し溢れ出たシャツ生地のドレープ)がとても綺麗にいくと考える為です。インしても肩の丸みは健在です。


とは言え、1枚で着るという選択肢だけでは物足りないのが僕達洋服好きの性。


という訳でこちらはスタッフ乘松。ジャケットの上にシャツをインサイドアウト。シャツコートみたいな感じです。


先述しているように肩にタックが入って丸みのあるシルエットということで、アウター感覚で着てみても面白いのではないかと思い合わせてみました。アウターとして着ても負けない立体感がありますね。前立て部分を少し開いてラペルのようにしてみたりして、1枚で着たときのシャツとはまた違うアイテムの様にも見えます。1枚で着るのに飽きてきたら2番手の選択肢としてこのスタイルをお勧めします。


以上本日は3つのスタイルをご紹介しました。ただ流行っているからその合わせ方やバランスを体現するというだけではなくて、あくまで一つ一つのスタイルに対して何故この着方はかっこいいのか?或いはかっこよくないのか?を僕達は常に追求しています。本気です。


その蓄積が自らのスタイルを形作っていくこととなります。


是非店頭にてもっと色々な着方を一緒に探してみませんか?

______________________________________________

本日はここまで。また面白い着こなしが見つかればスタイリングにて投稿させて頂きます。


ファッションって自由だし、着方なんて人それぞれ。他の人なら提案しないようなこんな着方はどうですかー?とかこんな着方面白いっすよ!、こういう着方ってどうなんですかね?なんて店頭でお話できたら最高ですね。


極論買って頂けなくてもお客様にとって何か得るものがあってお店を出られるのであればそれが僕の最大の望み。その上で買っても頂ければ尚最高!!!


是非店頭でお話ししましょう。絶対に悪い時間にはさせません。



ビームス 梅田 家城

______________________________________________


この投稿が面白いな!お店に話しに行ってみたいな!と思われた方は是非フォローをお願い致します。こちらのブログシリーズは継続的に投稿(毎週水曜日に更新致します)させて頂きますので、それをより見易くなりますよ。下記の画像をタップして頂くとフォロー画面に飛んで頂けます。

82年 サウス・ブロンクスより

こんにちは。

当店のInternational Gallery BEAMS 担当家城と申します。

毎週水曜日にお送りしているVariation of Styleを今週はお休みして、本日は1人のマネキンのご紹介!

-----------------------------------------------------------------


レイモンドと名付けたこのマネキン君。(元ネタは80'sニューヨークのグラフィティを中心としたアンダーグラウンドカルチャーを描いたあの映画に)

映画にもこういうレトロなジャージを着こなすクールボーイが登場します。


今回はそんなレトロジャージをセットアップで着用させムードを高めました。

IG / ブークレ トラックジャケット
カラー:ベージュ
サイズ:S、M、L
価格:¥25,300(税込)
商品番号:23-18-1814-262

IG / パイルジャージ トラックパンツ
カラー:ベージュ
サイズ:S、M、L
価格:¥22,000(税込)
商品番号:23-24-0354-262

で、スタッフ大前に相談しつつ、もうちょっとこうした方がイケてるじゃない?とかこうやって着こなしてあげると良いよ!こんなのが気分だよね!なんて色々教えてもらいながらあくまで2022年のInternational Gallery BEAMS的にコーディネートを組みました。そういう会話が僕にとってとても幸せな時間です。

なんとなくゆるっとした感じで合わせたかったので、


丈長なインナーを選んでみたり、

Insonnia Projects / TUPAC プリントTシャツ A
カラー:ホワイト、ブラック
サイズ:1/S、2/M、3/L
価格:¥10,780(税込)
商品番号:23-04-0003-539


気持ち程度に腰パンさせて裾をだぼつかせてみたり、


一昔前のオーバーサイズ全盛期的な全体が大きなシルエットではなく、同じゆるっとでも横はシャープで縦に長いシルエットを目指しました。そういうのが今の気分です。


で、個人的(同様にスタッフ大前的でもあるのかもしれません)に、萌えポイントなのがこの足元。



REPRODUCTION OF FOUND / USネイビー チャッカブーツ
カラー:ブラック、ベージュ
サイズ:40、41、42、43、44
価格:¥37,400(税込)
商品番号:23-32-0594-200

NIKEのAIR FORCEでも、逆に華奢なヒールブーツでもなくデザートブーツという意外な選択。


カッコつけ過ぎるのもちょっと違うし、かと言ってカッコつけなさ過ぎてもちょっと違うよなあ、と考えた結果超絶カッコつけなさ過ぎている足元になりました(笑)

100か0かでの両極端で聞かれたら躊躇なく150やマイナス50を選ぶという選択にファッションの可能性を感じます。

またありとあらゆる分野で多様性が囁かれる2022年において、さまざまな人種(=足元)のグラフィティアーティストがいたって何の問題もないはずです。

という訳で皆さんもトラックパンツにデザートブーツ、是非真似してみませんか?


-----------------------------------------------------------------

本日はここまで。

International Gallery BEAMS マネキンのスタイリングはただ見た目が格好良いだけでなくて、1体1体にカルチャーやストーリーが詰まっています。

その為、美術館や個展でアートを見るような感覚でマネキンのスタイルをご覧頂けると良いのではないかなと思います。

皆様にとって、洋服単体を見ていいね!も勿論良いのですが、ひとつのスタイルを通してこの洋服いいね!となるならばそれは僕達にとってとても喜ばしい事です。

店頭でお話しできるネタは無限大にございます。是非足をお運び頂き僕達と洋服の話をしましょう。



ビームス 梅田 家城

-----------------------------------------------------------------

この投稿が面白いな!お店に話しに行ってみたいな!と思われた方は是非フォローをお願い致します。こちらのブログシリーズは継続的に投稿(毎週水曜日に更新致します。)させて頂きますので、それをより見易くなりますよ。下記の画像をタップして頂くとフォロー画面に飛んで頂けます。

Variation of Style vol.2

Variation of Style   ( バリエーション・オブ・スタイル ) =スタイルのバリエーション、多面性。


せっかく洋服を買うならば一つの着方だけではなく、一つの洋服でも複数の着方、スタイルを模索するというのがファッションの醍醐味であり、International Gallery BEAMSで取り扱う洋服の最高にエキサイティングなところではないでしょうか。


という訳で、このシリーズではInternational Gallery BEAMSで取り扱う商品の多様な着方、スタイルをご提案。


本日はこちらのパンツについて。

今シーズン実際に購入した《MASU》のシースルー オーバーパンツ。

MASU / シースルー オーバーパンツ
カラー:イエロー
サイズ:46,48
価格:¥49,500(税込)
商品番号:23-24-0329-695

______________________________________________


それでは、ある日の家城。


オーバーパンツって元々ミリタリーアイテムで、戦場での寒さを凌ぐためにパンツの上に履くパンツとして発明されたもの。だからゆったりなんですね。

で、こちらのパンツはシースルー。つまり下に何かパンツを履いた上から履かないと下着と肌が透けちゃいます(笑)という訳で致し方なくLevi's 501をin。近くで見てみると、


うっすら浮かび上がるジーンズのブルーの奥行きががなんだか素敵な仕上がりに。シースルーということは気にせずグルカサンダルとあくまでコンサバな組み合わせに。



さて他にもこの日は、


カーゴパンツの中にもう一着カーゴパンツをin。パンツの上にまた更にパンツを履くなんて忙しない朝の支度をより忙しなくさせる厄介な行為なのですが、どうせそうしないと履けないならいっそ開き直って着方で遊んじゃえ!


ということで、inしたカーゴの裾を少し外に出すレイヤードスタイル。2枚重ねてますが、あくまでシースルー。全然暑くないです。


更にもう1スタイル。


この日オーバーパンツの下にインしたのは、腰周りに特徴のあるスラックス。

近くに寄って見るとこんな感じです。


腰回りに(わざわざ)水牛角のホーンボタンを付けたんだからしっかり強調しといてくれよな!と言わんばかりのNAMACHEKO ウールスラックスをin。ディテールを強調させるという意味でディテールコンシャスなスタイリングです。例えば同様の着方でベルトを見せるのもアリかもなんて思っています。


ちなみにこの《MASU》というブランド。僕は最近気になるブランドの一つなのですが、それには理由が2つあります。


1つ目は、


どのアイテムも、形や素材、ディテールなど随所にトラッドマインドな要素を孕んでいる所です。それをファッションとして良い着地点に落とし込んでいるというあくまでトラッドマインドベースのモノづくり。スタッフ村上が言うには、2000年代初期のMARNIみたいなブランドだね。という事でした。当時のMARNIも同様にトラッドマインドを感じさせるデザインだったそうです。

MASU / ジップアップ オックスフォードシャツ
カラー:レモン
サイズ:44/S、46/M、48/L
価格:¥34,100(税込)
商品番号:23-11-2120-695

で、例えば今日ご紹介しているパンツもオーバーパンツの基本的な履き方に忠実な提案をしていながら、それをシースルーの素材やゼブラ柄でファッショナイズしているというツイストっぷり。そういう訳でトラッドな洋服もモードな洋服も両方好きな大人のお客様にお勧めしたいブランドです。

MASU / GRANNY ジップアップシャツ
カラー:ウェットブラック
サイズ:44/S、46/M、48/L
価格:¥49,500(税込)
商品番号:23-11-2118-695

そして2つ目が、

モノづくりまではこちらでしますから、後の着方は着る人にお任せしますよ?という姿勢を感じさせる所です。ですから、こちらのオーバーパンツの様に着方に多様性が生まれる訳です。勿論他のアイテムだってそうです。

MASU / シースルー スポーツジャケット
カラー:ホワイト
サイズ:44/S、46/M、48/L
価格:¥57,200(税込)
商品番号:23-18-1809-695

初見で見た時にはなかった付加価値を自らの創造力次第で幾つも生み出せるというファッションの本質的な部分を突いた非常に感度の高いブランドかと思います。

そんな洋服好きにとって魅力満点のMASU。初めて名前を知った方も何着か既に持ってらっしゃる方も是非ご注目くださいませ。


その他のアイテムに関しても追々このシリーズにてご紹介して参りますので、皆様にも店頭でお試し頂きたいと思っております。


当店展開外ブランドですが、試着申し込みやお電話問い合わせにてご用意させて頂けます。又そうすると必ず購入しないといけないかと言われると全くそうではなくあくまで着てから決めて頂けます。ですから是非僕に接客させて下さい。ご不明点等に関してもなんなりとお問合せ下さいね。


______________________________________________


本日はここまで。また面白い着こなしが見つかればスタイリングにて投稿させて頂きます。


ファッションって自由だし、着方なんて人それぞれ。他の人なら提案しないようなこんな着方はどうですかー?とかこんな着方面白いっすよ!、こういう着方ってどうなんですかね?なんて店頭でお話できたら最高ですね。


極論買って頂けなくてもお客様にとって何か得るものがあってお店を出られるのであればそれが僕の最大の望み。その上で買っても頂ければ尚最高!!!


是非店頭でお話ししましょう。絶対に悪い時間にはさせません。



ビームス 梅田 家城

______________________________________________


この投稿が面白いな!お店に話しに行ってみたいな!と思われた方は是非フォローをお願い致します。こちらのブログシリーズは継続的に投稿(毎週水曜日に更新致します)させて頂きますので、それをより見易くなりますよ。下記の画像をタップして頂くとフォロー画面に飛んで頂けます。


Variation of Style vol.1

はじめまして。


先日ビームス 梅田に異動して参りました家城と申します。当店ではInternational Gallery BEAMSを中心としたBEAMS F , Brilla per il gustoを含むドレスクロージングを担当致します。以後宜しくお願い致します。


さて、


Variation of Style (バリエーション・オブ・スタイル) =スタイルのバリエーション、多面性。


せっかく洋服を買うならば一つの着方だけではなく、一つの洋服でも複数の着方、スタイルを模索するというのがファッションの醍醐味であり、International Gallery BEAMSで取り扱う洋服の最高にエキサイティングなところではないでしょうか。


という訳で、このシリーズではInternational Gallery BEAMSで取り扱う商品の多様な着方、スタイルをご提案。


第一回目の本日はこちらのセットアップのご紹介。


IG / チェック スタンドカラージャケット
カラー:グレー×ブラック
サイズ:S,M,L
価格:¥39,600(税込)
商品番号:23-16-0941-262

IG / チェック クロップドパンツ
カラー:グレー×ブラック
サイズ:S,M,L
価格:¥39,600(税込)
商品番号:23-24-0340-262


______________________________________________

それでは、ある日の家城。


こちらはセットアップなのですが(軽い生地感の)コットン素材ということで、それならタックインしちゃえば良くね?という軽いノリでインして着てみるとオールインワンの様な見え方に。

且つ元のスタンドカラーでは着ずに、


ラペルを開いてVゾーンを作りつつ、ドレスシャツをインすることでドレスミリタリーな着方。

更に足元には、


エレガントな、ヒール高めの華奢ブーツで、ドレスシャツとも相まって無骨でないオールインワンスタイルの完成。



他にもこの日の僕は、


同じくオールインワン風の着方をしつつ、今度はスタンドカラーで着用。

フックした襟元も影響してか中東の方の兵士みたいなムードの見え方に。


そんな訳で、深めのキャップを被ってそのムードを加速させてみました。

また、パワーのあるスタイルに対しての足元として、


力強いアメリカ靴 《ALDEN》を合わせました。このVチップは意外とノーズが長いのでワイドパンツにとても合うんですよね。



続いてこの日は、


普通にセットアップとして着用。そして一つ目にご紹介した着方と同様にラペルを開いてVゾーンを作った着こなし。

しかし一つ目の着方ではボタンの下から2つを留めていましたが、


この日は1番下のボタンのみを留めて着ています。その方がVゾーンが広くなります。

そしてVゾーンが広くなると、


自然と肩が抜けてしまったので、それを逆手にとってわざと肩をもう少し抜いて着てみました。パジャマみたいな全体の見た目とも相まってとてもリラックスムードな見え方に。ミリタリーを少し柔らかく。



さて最後は、当店のRay BEAMS 担当 スタッフ曽根


スタンドカラーでのセットアップスタイル。女性が着ると男性が着た時とはまた違うマイルドさがあって良いですね!で、僕の着方とどこが違うのかと言うと、、、

パンツの裾部分にご注目ください。


ストラップで裾を絞ることにより、ワイドストレートからテーパード&クロップドなシルエットに変形。そしてそれにより綺麗な発色のソックスと履き古したジャーマントレーナーの全貌が露わに。足元のバランスを楽しんだバランスコンシャスな提案です。


______________________________________________


本日はここまで。また面白い着こなしが見つかればスタイリングにて投稿させて頂きます。


ファッションって自由だし、着方なんて人それぞれ。他の人なら提案しないようなこんな着方はどうですかー?とかこんな着方面白いっすよ!、こういう着こなしってどうなんですかね?なんて店頭でお話できたら最高ですね。


極論買って頂けなくてもお客様にとって何か得るものがあってお店を出られるのであればそれが僕の最大の望み。その上で買っても頂ければ尚最高!!!


是非店頭でお話ししましょう。絶対に悪い時間にはさせません。



ビームス 梅田 家城

______________________________________________


この投稿が面白いな!お店に話しに行ってみたいな!と思われた方は是非フォローをお願い致します。こちらのブログシリーズは継続的に投稿(毎週水曜日に更新致します。)させて頂きますので、それをより見易くなりますよ。下記の画像をタップして頂くとフォロー画面に飛んで頂けます。