タグ「The First Of A Million Kiss」の記事

THE FIRST OF A MILLION KISS / Fairground Attraction

いつも不定期更新の趣味の時間にお付き合い頂きありがとうございます!


本日のご紹介はこちらです!


THE FIRST OF A MILLION KISS / Fairground Attraction

本当に大好きなアルバム。何回聴いたことか。心のベストテンへのランクインは間違いないアルバム。あの時あのタイミングで出会えて良かったー。

EurythmicsやGang Of Four(!)等のアルバムやツアーに参加していたボーカルのEddi ReaderがギターのMark E.Nevinに「私に歌える曲を作って」なんて電話をした事がきっかけでバンド結成となったそう。そのMark E.Nevinが手掛ける楽曲が素晴らしく、フォークやカントリー、ジャズなどのエッセンスが散りばめられた素朴な、既にスタンダード曲かの様な佇まいの楽曲たち。その楽曲に寄り添うシンプルで奥行きのある演奏がまた素敵です。楽器編成が珍しくギター、ドラム、ギタロンというメキシコの6弦楽器でその楽器がベースの役割をしています。そしてその楽曲を歌うEddi Readerの歌声がまた素晴らしく、素敵な楽曲に華を添えます。Eddi Readerの歌は本当に良いです。とても上手いのですが押し付けがましさがなく、すーっと聴き手の心に入って来ると言いますか。

彼らはこのアルバム1枚で解散をしてしまうのですが、解散前に行っていた日本公演のライブ盤があり、その中で次のアルバムがあれば入ったであろう楽曲が多く収録されていて、もし発売されていたら・・・なんて妄想も。実はその楽曲の幾つかは、その後にMark E.Nevinが結成したSweetmouthで聴くことが出来るのですが。しかしEddi Readerが歌う事を前提で書かれた曲。正直魅力は半減していたのは否めませんでした。偉そうにすみません。

前述した様にこの1枚で解散してしまったのですが、そんな彼らのその一瞬の煌めきが詰まったアルバムです。穏やかで切なくて、でも楽しくてハッピーで。そんないろんな感情が詰まった素晴らしいアルバムはクリスマスに聴くのもおすすめです。


蛇足ですが。

そんな彼らが何と35年ぶりに再集結!何と日本公演を行う!行きたい!いや行く!絶対行く!どうにかしてでも行く!







どうぞご贔屓に!




スタイリングも!



インスタも!



宜しくお願いします!