Milano Day.1

こんにちは、安武です。



昨日帰国しました。

ミラノでは大忙しだったので、ブログをPITTI Day.4しかアップ出来ませんでした。

なので、ミラノでの様子をここ日本からお伝えしていきます。


...



翌日の撮影場所の下見です。

とあるミラノの老舗バーを半分貸し切っての撮影です。

何の撮影かと言うと...

MR PORTERのJOURNALという特集の撮影になります。

(コレは1/31にアップされるのですが、MR PORTER側の規制が厳しく詳細を話せないんです。)



朝11:00に行ったのですが、ミラネーゼ達が朝からカクテル飲んでたりと、なかなか日本では見られない光景にテンション上がりました。


...


そこから翌日のパーティ会場へ移動。


トルトーナ通りにある「The Botanical Club」です。




どこにディスプレーするか、テーブルや椅子の配置などを細かく打ち合わせ。




当日にならなければ分からないことも多かったのですが、前日の下見はかなり重要でした。


そのまま遅めのランチをMR PORTERチームと行い、PRスケジュールなどを擦り合わせ。


今までメールでのやり取りだったので、顔を合わせて打ち合わせするととても話が早い!


翌日は撮影→パーティの本番です。




安武


PITTI UOMO 95 Street Style Day.4

こんにちは、安武です。



毎回書いていますが、4日目は移動日なので会場内は人が少なく、

ブースは半分片付けに入っているので、3日間の賑わいが嘘のようなゆったりとした空気感です。


BEAMSチームも早朝に日本帰国組がいたり、ミラノ移動組がいたり。

なので、朝の集合写真は毎回若手チームのみになります。



今回は趣を変えて、街角で撮影してみました。

壁や標識、道路の雰囲気がとても良いですよね。

どこにいてもフィレンツェは”映え”ます。

中村は4日目もくまなくブースを見て回ります。

ニットスタイルですがカジュアルになりすぎないよう、細かな色使いに気を配っています。

ベージュのグラデーションにホワイトパンツで上品に。


西口は初日と同じブラックのヴィンテージARMANIのコートにレザーライダースやスラックスを合わせてハイブリッドな着こなし。

何気にタイドアップもしてますね。抜かりないです。


高田も初日と同じhevoのコート。

太めのパンツやPARABOOTを合わせてカジュアルな演出です。


安武はCOLONY CLOTHINGの太畝コーデュロイセットアップに、BARBOURのSPEYを合わせました。

オイルドコットンとコーデュロイの素材感、マッチングしているなあと自分で思っています。


芹沢はBARBOURにチェックパンツでブリティッシュを意識したコーディネート。

色を使わずシックな着こなしです。引き算コーディネートですね、若いと色々足したくなってしまうのですが、そこをうまくコントロールしていますね。


石原もBARBOUR。3人連続でBARBOURですね。

ガンクラブチェックのジャケットにコーデュロイパンツといったコーディネートですが、

くさくなりすぎないように、ウール素材のBARBOURで大人っぽい着こなしに。


....

会場内では4日目にも関わらず意外とタイドアップしていたり、

スーツを着ている人が多かったです。


その中でも気になったのは、ブラックをメインカラーに持ってくるコーディネート。

タイガブラックです。

彼は毎回ネイビーベースが多いのですが、そこにあえてのブラック。


コートやタイ、シューズがブラック。



ブラックのコーデュロイジャケット。


彼もいつもネイビーですが、今年はブラック。


といった具合に、ブラックをクラシックスタイルの中に取り入れるのが4日間通して多かったです。



どカジュアルなスタイルが見れるのも4日目の醍醐味です。


ラギッドな合わせですが、足元にRED WINGではなくDR.MARTENSを持ってくるあたりが上級者、

さりげなくハズしていますね。



やっぱり赤はトレンドですね。

カジュアルスタイルでも非常に目を引きます。



アメトラやアメカジなど、アメリカというのがキーワードになりそうですね。


....



PITTIが終わりミラノへ移動しました。

そして昨日は午前中から下見と打ち合わせを4時間ほど。

今日はとても特別なイベントをBEAMSがとある会社と共同でミラノで開催します。


そのイベントの前に、海外WEBサイトのスチール撮影や、動画撮影。

今日はとても忙しくなりそうです...

こちらはAM7:00。

9:00から撮影なので、これから準備をして出発します。



安武

PITTI UOMO 95 Street Style Day.3

こんにちは、安武です。



3日目からは副社長の遠藤が参戦。


「これだけ沢山の人数が現地入りして、BEAMSさんすごいですね!」


と様々な所で言われています。



「勢いがある会社ってことを見せつけないとね」

「こういうことは今後も続けないといけない事だと思っている。人数減って、勢い無くなっちゃったねって言われないようにしなきゃな笑」


とは設楽や遠藤談。

他社さんはこんなに沢山来ていないですし、やっぱりPITTIでのBEAMSの注目度は群を抜いて高いんです。

これは何年も行き続けて毎回思うこと。

今後も継続して注目される立場に居なければいけないなと思っています。


........


恒例の集合写真は、

全員笑顔で撮影しましたよ。


スタッフのコーディネートです。

人数多めなので、一人一人のコメントは割愛します笑

それぞれのInstagramなどで、着用ブランドはご確認くださいね。












そして会場に居たオシャレな人たち。

今日は、どっさりというよりも厳選して説明していこうと思います。

パンツの太さや襟を出したシャツにTシャツといったスタイルがラギッドな雰囲気になりがちですが、全体をベージュトーンでまとめることで非常に上品なスタイルになっています。首から下げたストライプマフラーが効いてますね。

ノープリーツで股上の深いミリタリーチノはBEAMS社内でも同時多発的に流行中。(西口も昨日穿いてましたしね。)

台風の目になるかもしれません。




こちらもベージュのトーンですが、赤いニットが良い感じの差し色になっています。

赤は次のシーズン欠かせない色となることは間違いありません。

黒×赤は難易度が若干高いですが、ベージュと合わせると馴染みますね。

非常に股上の深い組下パンツが付いたスーツは、DE PETRILLOだそう。




チェックアウターは引き続き着ている人が多かったのですが、注目株は大柄チェックのミドル丈。

ちょうどヒップが隠れるくらいの丈のものです。

膝くらいまであるロング丈で大柄チェックのコートも多いのですが、さすがにチェックの分量が多くなりすぎるのでこのくらいの分量だと、大柄チェックにも挑戦しやすいのかな?と思います。

僕も今回は2日目と3日目に大柄チェックのコートを着ました。




タイトフィットスーツは完全にNG。クラシックフィットのスーツを着た人がさらに増えていました。

そこに合わせるのはレジメンタルタイ。こちらもクラシックな配色のものが主流です。

久々にスーツやジャケットにニットのカーディガンなんてスタイルも復活しそうです。





綺麗なロイヤルブルーをコーディネートの一角に持ってくるスタイルです。

差し色としてが一番現実的ですが、秋冬素材のものであれば冬に持ってきても寒々しくなりません。

こちらのジャケットはコーデュロイでした。




今年の冬に大爆発したレザーアウター。次の春夏シーズンでも注目されています。

春夏シーズンはスエードがキーワードなのですが、今回のPITTIを見ていると表革やムートンが多いです。

表革はショート丈、ムートンはダッフルコート型やフィッシングジャケット型などの新型も登場しています。




アメトラの流れがジワジワときています。

その中でもジャケットにラガーシャツといったスタイルは目を引いたコーディネートです。

ラガーシャツの下にボタンダウンシャツやポロシャツを着ています。

彼の場合、ローファーに白いソックスなので完全にアメトラ意識ですね。




フィレンツェは朝の7時。

まだ時差ボケが治らず、早朝に目が覚めてしまいます。

ブログ書くには丁度良いんですけどね。


これからミラノへ移動です。

ミラノでは大きなイベントが待ち構えているので、それの準備で大忙しです。



安武

PITTI UOMO 95 Street Style Day.2

こんにちは、安武です。



今回はロストバゲッジも飛行機のディレイも無く、(厳密に言うと高田がロストしましたが、月曜の深夜に荷物が届きました。)BEAMSチーム、全員順調です。


2日目からは社長の設楽が参戦。3日目には総勢21名のBEAMSスタッフがフィレンツェに入っていることになります。

そんなに多いのは初かも?


メンズファッション業界においてPITTIがいかに重要かと言うのを物語っていますね。



それではいきましょう。

大ボスの設楽をセンターに据えての集合写真です。


気合十分なそれぞれのコーディネートはこちら。


設楽はTAGLIATOREのブラックウォッチのコートを、ネイビーのワントーンで。


中村もネイビーワントーンですね。中村にしては珍しく、ゆったりとした膝下丈のコートです。



吉田はBARBOURのビデイルでミックススタイル。



無藤はストライプジャケットにモックネックと、さりげなくトレンドを取り入れています。


西口はUS ARMYの股上の深いチノパンを得意のオリーブ〜ベージュのトーンで。


高田はゆったりとしたシルエットのモノトーンスタイル。トートバッグが新鮮ですね。


安武は昨日のレポートを意識して(笑)赤いタータンチェックのコートをシンプルに着てみました。



芹沢はBARBOURの丈の長いモデル、ボーダーに軍パンやフェアアイルニットでミックススタイルです。


チーフプロデューサーの池内はカシミアのコートで上品に。ストールで華やかさをプラス。


宗はキャバルリーツイルの渋いコートをペイズリーのプリントタイで華やかに。


初参戦、「ビームス 銀座」の石原です。ブラウンのラップコートを主役にタイドアップ。気合の入ったコーディネートです。


カメラマンの斎藤です。機材などの荷物が多いので動きやすいスタイルですが、シルエットや丈感などさりげなくこだわっています。


....

この日は柔らかいグレートーンのコーディネートが目を引きました。

ホワイトパンツでよりクリーンに見せたり、ワントーンだったり...

冬の明るいカラーは、フランネルなどの素材感が重要です。





スーツにタートルネックは定番ですが、

今年はよりシンプルにコーディネートするのが主流です。

差し色を使わずに、とてもシンプルに。



中村も着ていましたが、ゆったりとした膝下丈のコートは完全に市民権を得たようです。



赤いタータンチェックは確実なトレンドでしょう。




この18年秋冬同様、ダッフルコートも多いですね。

ムートンやレザーといった素材使いが面白くなっていて、様々なブランドから登場していました。






それではその他の洒落者たちのコーディネートです。





今日も寒いのかな...

それでは3日目に行ってきます!



安武

PITTI UOMO 95 Street Style Day.1

ボンジョルノ、安武です。



始まりましたよ、PITTI UOMO。

初日は外は極寒、室内は暖房が効きすぎて暑いという、

体にはかなり悪そうな体感温度です。

さすがに外に1時間いると手足が冷えきってしまい、風邪を引いてしまうのでは?という感じなので、室内と交互に行き来しながら撮影に臨みました。


いつも初日は集合写真撮らないのですが、たまたまBEAMS FチームとBrilla per il gustoチームが同時刻での集合時間だったので、

撮影しましたよ!

見慣れない顔ぶれも混ざっていますね。


それではいつもの感じでスタッフスナップから紹介していきます。


中村はベージュのSTILE LATINOのジャケットをタイドアップで。


吉田はモノトーン調のシンプルなコーディネートです。


無藤はトレンドのストライプジャケットにデニムでカジュアルダウン。


西口はヴィンテージのARMANIのブラックコートでモノトーン。



高田はヴィンテージHERMESのタイやTRICKER'Sのシューズなど要所にゴールドを効かせて。



安武は仕上がってきたばかりのSTILE LATINOのスーツを着ました。タイは20年以上前のDRAKE'Sです。



チーフプロデューサーの池内はPITTI初参加。このブログでは初見ですね。

ネイビーを基調とした上品なスタイルで初日を迎えました。



芹沢は前日の申告と異なり、スリーピースにラップコートです。


溝端はゆったりとしたフーデッドコートにリュックで気張らないコーディネート。



こちらも初参戦、BEAMS PLUSのオリジナルなどの生産を担当する大谷です。

大谷もPITTIだからと言って特に気張る訳でもなく、肩肘張らないコーディネートです。


.....

中村のブログ”ELEMENTS OF STYLE”でもありましたが、モノトーン系のコーディネートが増えています。




そして、”赤”を差し色に使ったコーディネートです。

”赤”はくすんでいない、真紅が気分ですね。

いずれもその他の色は極力使わないシンプルなコーディネートなのが特徴です。



コーデュロイ素材にも目が離せません。

太畝〜中畝、細畝まで様々です。




古き良き時代の英国を連想させる、がっしりとしたツイードやガンクラブチェックなども注目株です。



その他、世界の洒落者たちの服装を見ていきましょう。






初日からどっさりご紹介しました。

これから着替えて2日目に向かいます。



安武


↓”お気に入り”を押すと保存されます。ぜひポチッと↓

部屋にて

こんにちは、安武です。



フィレンツェに着きました。

21:00、ここからタクシーに乗って市街へと向かいます。


ホテルに着いたのが案の定22:00。

夜遅かったので、サクッと晩御飯を西口(ビームスF ディレクター)、高田(ブリッラ ペル イル グスト バイヤー)、芹沢(ビームスF アシスタントバイヤー)、斎藤(デジタルPR/カメラマン)と5人で食べに行くことに。


と言っても、パブのような所しか開いてないので、フィッシュ&チップスを摘むだけの簡単な晩御飯でした。


...


少し物足りなかったので...



高田と芹沢と部屋で飲み直すことに。

この時点で0:30。



高田「芹沢、明日初PITTIじゃん。何着ていくの?」



芹沢「気合い入れて沢山持ってきちゃいましたよ〜。初日はコーデュロイスーツにタイドアップしようかと思うんですけどどうですかね?」


...


こんな感じで2:30まで。

なかなか楽しかったです。



安武


これからフライト

こんにちは、安武です。



これからイタリアに向けてフライトです。



ミュンヘン経由でフィレンツェに向かいます。

フィレンツェ着が20:50。

そこからホテルに移動して22:00位かなぁ。


無事に着く事を願って...


行ってきます!



安武

安っていいとも! vol.96

こんにちは、安武です。



明日から仕事という方も多いのでは?

今回は連続すると9連休。

プレススタッフの数名は海外に行っています。

僕は明日1日だけ出社し、翌週からはイタリア出張。


今年は寒いのかな...?

そんなことより、出張前にやらなければならない事、終わるかな...


...

今日は新年1発目の”安っていいとも!”です。

Knit:EDITIONS MR(エディションズ エムアール)

Shirts:EDITIONS MR(エディションズ エムアール)

Pants:THE GIGI(ザ・ジジ)

Bag:MAISON EUREKA(メゾン エウレカ)

Shoes:PARABOOT(パラブーツ)



シンプルにニット1枚でのコーディネートです。

ただ、ニットがいつもと違うんですね。

誰が見ても違いがわかるのが色です。

久々にここまで明るい色をメインに持ってきました。

(いつもおじいちゃんみたいな枯れた色をついつい選びがちだからなあ)


そしてドロップショルダー。肩線の位置だけでこんなに今っぽくなりますね。

最後はてん幅。タートルネックの付け根部分が大きく開いています。

ドロップショルダーと相まって、現代的なゆるいシルエット&雰囲気を演出してくれます。



そんなゆるい雰囲気のニットに合わせたのは...

これまたゆるいショッピングバッグ風のバッグです。

紙袋?

いえいえ、撥水性も持ち合わせているので重い荷物を入れても破れませんよ。


実はこのバッグ、プレスアシスタントの女の子が先に買っていて。

いつも見るたびに、カワイイな〜なんて思っていました。


色んな人から影響受けちゃう安武です。



安武

HAPPY YOU YEAR 2019

あけましておめでとうございます、安武です。



2019年、始まりましたね。

お正月の楽しみと言えば、年賀状。

メールやSNSに新年の挨拶の手法が変わってきていますが、

なんだかんだもらうと嬉しいものです。


BEAMSの2019年年賀状は、「HAPPY YOU YEAR 2019」。

真ん中部分が反射する鏡になっていて、そこに自分を写しこんで「あなたを幸せにしますよ!」って意味です。


その年賀状のデザインを踏襲したポスターが原宿オフィスには飾られています。


9名しか載っていないのですが、選ばれました。

(というか安武もこの製作をちょっとだけ手伝っていたので自作自演!?)


誰が載っているか詳しく見たいって?


そんな方の為に、データを載っけておきます。



左上から、

「ビームス 池袋」の梶原

プレスの田中

「ビームス 武蔵小杉」の岡本

安武

プレスの三條場

ビームスFディレクターの西口

「ピルグリム サーフ+サプライ」の泉田

ビームス SURF&SK8 バイヤー、SSZディレクターの加藤

「ビームス 原宿」の



なかなか個性豊かなメンバーによるポスターです笑



安武

2018年”ふくぶろぐ”トップ10 後編

こんにちは、安武です。



昨日に引き続き、ランキング形式でお伝えしていきます。

自分にとってこのブログは日記みたいなもの。

1年を思い返しながら振り返っています。



5位

PITTI UOMO 93 Street Style  Day.2


冬のPITTI 2日目のスタイルです。

この時、1日目〜3日目まで1分弱の動画を作ってSNSで公開しました。

(ビデオグラファーのSho Matsukiさんには連日本当に頑張ってもらいました笑)




4位

PITTI UOMO 94 Street Style  Day.1


夏のPITTI 1日目のスタイルです。

モデルのデヴィッドさんと一緒に撮影しましたが、奇しくもベージュ〜ブラウンスーツ被りでしたね。

そして全員タッセルスリッポンっていう。




3位

PITTI UOMO 93 Street Style  Day.1


冬のPITTI 1日目です。

この時は中村がロストバゲッジでしたね。来年1月は誰もロストバゲッジしなければ良いのですが...




2位

PITTI UOMO 93 Street Style  Day.4


またまたPITTIでのスナップブログがランクインです。

少し前に中村Instagramでこの日の中村と西口の2ショットをアップしていましたね。

中村はこの日、AERA STYLE MAGAZINEの撮影があったので、4日目ですがスーツでした。




そして映えある第1位は...




1位

PITTI UOMO 93 Street Style  Day.3


1位〜5位までPITTIスナップでしたね。

そしてやっぱり集合写真がトップ画像だと、PVが劇的にアップ!

このようにランキングにしてみると、フィレンツェで弱小wifi & 睡眠不足の中、頑張ってブログをアップして良かったと改めて思いますね。

(毎回大変なんですよ笑)



....


今年は毎日とまではいきませんでしたが、週4〜5ペースでブログをアップ出来ました。

これも「いつもブログ見てます」とたまにお店に行った時にお客様からお声がけいただけるからです。

モチベーションの源になっています。


これからも皆さんにとっての楽しみの一つになれるように頑張ります。


本年度中は大変お世話になりました。

それでは良いお年をお迎えください。



安武

2018年”ふくぶろぐ”トップ10 前編

こんにちは、安武です。



師走恒例のコレ、またやっちゃいますよ!


「2018年”ふくぶろぐ”トップ10」


この1年間でアップしたブログのPVをランキングにしてみましたよ。




10位

PITTI UOMO 94 Street Style Day.2


6月のPITTIでの模様です。

西口は飛行機のディレイ&ロストバゲッジでこの日から参戦。

中村もTHE RAKE本国版の撮影で不在。ということでいつもの集合写真は少ない人数で決行しました。



9位

休暇 in Hawaii


4月にプライベートで行ったハワイ旅行初日のブログです。

安武、ハワイ似合わないですが...苦笑

とても楽しかった思い出です。




8位

安っていいとも! vol.81


THE GIGIのスーツにBARBOURのブルゾン。

冬のイタリア出張時のスタイルです。

このブルゾン、1月の出張にも持っていく予定です。



7位

PITTI UOMO 94 Street Style  Day.4


春夏のPITTIの最終日のスタイルです。

ちなみにこの写真が19年春夏の通称”中村ノート”の表紙で使われています。

4日目はみんなカジュアルスタイルになるのが、面白いんですよね。




6位

この冬はダッフルコート


18年秋冬の筆頭アウターといえばダッフルコート。

そのダッフルコートの実例とともに、BEAMSで展開している商品の紹介をしています。



明日はいよいよ大晦日。

1位〜5位を紹介していきますね。



安武

年内最後の撮影

こんにちは、安武です。



水曜日、年内最後の撮影をしました。

全30カット。

モデル撮影ではなくブツ撮りだったのですが、

”コーディネートブツ”と呼ばれる、コーディネートを組んだ状態を置いて撮影するもの。

細かなニュアンスが大切なので、かなり時間がかかります。


スタジオでコーヒーを淹れてもらいました。

この似顔絵、似てる??



一枚撮影するのに、こんなに大掛かりな機材を使っているんです。

結構大変でしょ?


ということで、予定よりも1時間後に撮影終了。

今回の撮影ではスタイリストの役割も一人でやっていたので、裾上げやタグ付けなどバタバタでした。



年内は昨日、28日で仕事納めでした。

納まったのか納まってないのか...




安武

安っていいとも! vol.95

こんにちは、安武です。



クリスマスイブに悲惨な出来事がありました。

(詳しくはInstagramで)


かなりテンションが上がりません。

この頃の髪型に戻りたいなあ。

Blouson:rdv o globe(ランデブー オー グローブ)

Knit:STUDIO NICHOLSON(スタジオ ニコルソン)

Pants:STUDIO NICHOLSON(スタジオ ニコルソン)

Glasses:BLANC(ブラン)

Bag:International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)

Shoes:PARABOOT(パラブーツ)



おそらく洋服用ではない、ガシガシのナイロンで作られたこのブルゾン。

肘部分にダーツが取られていたり、ドロップショルダーながらそこまでビッグシルエット出ない所、ゴールドのジップ使いなど、とても洒落ています。

このブルゾンを最大限に生かすには...

インナーにグレイッシュピンクのニットを入れて、色を引き立たせました。

そしてワイドパンツ。ここまでワイドを穿くのは久しぶりです。


International Gallery BEAMSの鶴田に購入する際相談しました。


.....


安武「やっぱり取り寄せたんですけど、ちょっと自分のキャラと違う気がして...。キャンセルしても良いですか?」


鶴田「そう?ヤス似合うと思ったんだけどな。自分のキャラに合ったものしか着なくなると、進歩しなくなるよ。少しでも違うものを取り入れていけば、それをどうやって着ようか考えるし、それで洋服の幅が広くなるのってすごい楽しいじゃん」


安武「確かにそうですね。挑戦してみようかな。」


鶴田「これならワードローブに合うから試してみなよ。」



.....


ということで、購入しました。

結果、とっても満足!

休みの日でもかなりの頻度で穿いています。


自分の枠を飛び出したものをたまに着るのって、とても重要なことだと再認識しました。



安武

The Nishiguchialist vol.133

こんにちは、安武です。



クリスマス前々夜ですね。

今年は3連休なので、かなりゆっくり過ごしています。

毎年クリスマスはカタログ撮影している気が...


来週は仕事納めでカタログではないですが、大きな撮影が2つ。

乗り切れるかな...火曜にどれだけ準備出来るかが鍵になりそうです。


さて、今日はコートスタイルのThe Nishiguchialist(ザ・ニシグチアリスト)ですよ。


Coat:BARBOUR(バブアー)

Jacket:STILE LATINO(スティレ ラティーノ)

Knit:JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)

Pants:LEVI'S(リーバイス)

Shoes:BAUDOIN & LANGE(ボードイン アンド ランジ)



BARBOURのアーカイブを復刻した人気モデル"WHITLEY(ウィットレイ)"に、英国のFOX BROTHERSの生地を載せたスペシャル仕様のトレンチ。

ミリタリー調カラーに、正統的なトレンチコートのシックな雰囲気がマッチしていますね。


西口はブレザーにデニムで男らしくコーディネートです。
オリーブとネイビーは相性の良いカラーです。


トレンチコートの着こなしは、最近BEAMSスタッフの間ではもっぱらコレ。

ボタンは留めずにベルトだけギュッと絞って、ガウン風に着こなします。


この雰囲気のコートは、男らしく少し大きめに着てもカッコいいですね。




安武

ブツ撮りで気をつける所

こんにちは、安武です。



昨日は、丸一日スタジオにこもってブツ撮りでした。


トルソーのブツ撮りは誌面上だと数枚並べてレイアウトするケースが多く、アラが目立ちやすいんです。

なので、


・タイがズレていないか

・タイの結び目やディンプルは均等か

・シャツがズレていないか

・スーツに変なアタリが出ていないか


などを気にしながらチェックしていきます。


今回もしっかりとした見栄えになると確信しています。

早く見せたいな。


年内まだまだ撮影は続きます。



安武


マンガに登場? そしてTANE.MAKIグランプリとは?

こんにちは、安武です。



1年半前のPITTI UOMOでのこの写真。


記憶に新しいこの写真がなんと!


イラストになっていました。


ジャーン!


「俺たちもついてる!」


...



さて、このイラストが意味するものは?

...


昨日から応募を開始した社内ビジネスコンペ"TANE.MAKIグランプリ"。

(賞金30万円!)

そのコンペへの参加の流れを説明した社内向けマンガに登場しているんです。


(物語作者は、"居酒屋ふじ"の著者、栗山圭介さん。漫画作者は、NHK"ねほりんぱほりん"のキャラクター作者、師岡とおるさん。社内だけに留めておくにはもったいない豪華キャストです。)


もう一度、写真と比較して見てみましょう。


本当忠実に再現されてるな〜


みなさんにもマンガの全容を見せたい!

(とりあえずこのブログを見ているBEAMSスタッフは、昨日から配信してるので見てみて下さいね!)



安武

グランドハイアット・オークドア

こんにちは、安武です。



先日は朝10:00から六本木に居ました。


グランドハイアットの中にあるレストラン、「オークドア」。

肉料理が有名なレストランです。


ここに来るのは2回目。

数年前にBEAMSの忘年会をグランドハイアットで行った事があり、その忘年会の2次会で社長の設楽に連れてきてもらいました。



今回は撮影でした。


シルエットでわかりますが、あえて言いません。というかまだ言えません笑



(上手く顔を隠したつもり)


なかなか面白い鼎談でした。

来週には皆さんご覧いただけます。



安武

4:50 渋谷メガドンキ前

こんにちは、安武です。



今日は19年春夏カタログの撮影でした。

朝4:30に渋谷のメガドンキ前集合。

日が出るのを待っての撮影だと、このくらいの時間になります。


先週までの雨予報から、なんとか曇りの予報に変わったので、撮影決行です。



まだ撮影は続いていますが、移動のロケバスの中でこのブログを書いています。


とにかく次のカタログはカット数が多い!

ページも増えるとか増えないとか?



安武

ナイスサイズなステッカー

こんにちは、安武です。



「BEAMS AT HOME 4」の発売に合わせて、全国のBEAMSでこんなの配布しています。


ミニ「BEAMS AT HOME 4」!?


...

こんな小さくなるはずないか。


そう、こちらはステッカーなんです。

イラストは本誌と全く一緒でそで山かほ子さんです。


ケータイと比べるとこんな感じです。

かわいいでしょ?

色んな所に貼れちゃいますね。


各店数十枚ずつしか配ってないので、もう既になくなっている店舗もちらほら?

もちろん無料でお配りしてますので、お早めに〜



安武

0:40、タクシー

こんにちは、安武です。



久々に終電を逃すほど仕事をしていました。


0:40、タクシーの中でブログを書いています。


今は何の時期かって?


19年春夏のカタログを製作中です。

今日は打ち合わせを4時間半、そこからコーディネートを。

通常業務と平行してカタログの製作...

12月末までノンストップです。


ただ次のカタログ、本当にすごいですよ。

先にお伝え出来ることは少ないのですが、一言でいうと、かなり変わります。

コンテンツ、充実します。

スタッフも沢山登場します。


ページ構成を最後の最後まで練っている最中なので、まだ決まっていないコンテンツもありますが(大丈夫か!?)

とにかく、皆さんに満足していただける一冊になるよう邁進してますので、このブログの更新頻度が下がっても文句言わないで下さいね笑


今週末からは怒涛の撮影です。



安武