タグ「掲載情報」の記事

ニセ設楽②

こんにちは、安武です。



昨年末に取材を受け、本日アップされました。

(取材の雰囲気はコチラ


元International Gallery BEAMSバイヤー、現ライセンスビジネス部門のディレクターを務める設楽の記事です。

このブログでは、コーディネートに特化して紹介します。

Suits:ANTONIO PANICO(アントニオ パニコ)

Sweat Shirts:International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)

Chief:Drake’s(ドレイクス)

Shoes:F.LLI.GIACOMETTI(フラテッリ ジャコメッティ)

Glasses:VIKTOR & ROLF(ヴィクター&ロルフ)



2002年に仕立てたと言う、ナポリの巨匠中の巨匠ANTONIO PANICOのスーツ。

とても打ち込みの強い重厚感のある生地は、PANICOの仕立てに非常にマッチしています。

襟型や映っていないですが肩線、フロントダーツなどが特徴的なPANICOのスーツ。

そこにスウェットを持ってきています(!)


「ヌケ感のある着こなしが好き」


とのことですが、レイヤードギミックの効いたスウェットを、ウン十万するスーツに持ってこようというスタンスが、堪りません。

チーフは過去のDrake’s。

渋いですね。

そこにF.LLI.GIACOMETTIのクロコダイルのグルカサンダル。

グルカサンダルをスーツに合わせる所までは、我々の想像の範囲内ですが、

このサンダル...


実は数年前に自らシャークソールに交換するという荒技を施しています。


思いつかないですよね。普通。

15年間International Gallery BEAMSのバイヤーをやってきたからこその発想力。

そんな設楽の半生を記事にしてもらいました。


この記事では、思い入れのあるアイテムも掲載しているのですが、

この通り。

僕も知っている懐かしいアイテムから、

初見のアイテムまで幅広いです。

m’s braqueの松下さんとのコラボジャケットや、


今、大人気のBERNARD ZINSの過去の名品。


BEAMS時代に鴨志田さんがやっていたというブランドVALOR。


ヴィンテージのスウェット。



80年代の雑誌「All Right!」と「鳩よ!」まで。



BEAMS時代の、TAKAHIRO MIYASHITA The Soloist.の宮下さんや、FORZA STYLEの干場さん、

現PRチーフディレクターの佐藤の話まで飛び出して、

かなり読み応え抜群な記事になっています。


(第一弾は、南雲先生でしたね。)


かな〜りの長文ですので、このタイミングでぜひご覧になってみてくださいね。



安武

KENNEDY MAGAZINE

こんにちは、安武です。



みなさん、「KENNEDY MAGAZINE」をご存知でしょうか。


2013年に刊行された、ギリシャ・アテネ発のファッション/カルチャーマガジンです。

年に2回発行されており、世界中のギャラリーやセレクトショップで取り扱われています。


昨年は代官山蔦屋書店と1LDK apartments.でイベントを行っていました。


そんなイケてる書籍に...


fennicaディレクターのテリー・エリスの特集が!


自宅で取材されていますね。



イギリスの自宅には、松本民芸家具の椅子に、スヴェンスクテンのクッション、沖縄の陶器...

この蒐集、ミックス感、真似出来ないなあ。

いつ見ても驚きと発見があります。



こうやって世界から注目されるスタッフが沢山いるのがBEAMSの魅力です。

だから働いていても飽きないんですよね。



安武

日経MJ

こんにちは、安武です。



昨日の日経MJ新聞。


1面に「ビームス男性誌 注目」の文字が。


中身を開くと...


MR_BEAMS vol.3が大々的に紹介されてる!


....

と言っても、取材を受けたのは僕自身なので、掲載されることは知っていました。

ただ、新聞は社会情勢などによって紙面の方向性が全く変わるので、いつ掲載になるか分からないんです。


取材を受けたのが2週間ほど前。

そこから割と早く掲載に至りました。


ファッションの観点ではなく、ビジネス的な観点から注目してもらえるのはありがたいですね。


vol.1ではWWD.comに取材され、

vol.3では日経MJ新聞に掲載。


徐々にMR_BEAMSの輪が広がっていっています。

嬉しいな〜。


.....

ちなみにvol.1はメルカリで900円で取引されるほど。


数年後にはプレミア価格に跳ね上がることを狙ってます笑



安武

MEN'S EX 4月号

こんにちは、安武です。



MEN'S EX 4月号が発売されました。



この号も沢山BEAMSの商品を掲載していただいています。


FORZA STYLEの動画に出演し、

「無藤さん色気ヤバイっす!」

と多方面からお言葉いただいている、Brilla per il gusto(ブリッラ ペル イル グスト)ディレクターの無藤。


メンズの重衣料に携わって30年強。

生地や仕立ての知識は、BEAMS内でもトップクラスです。

そんな無藤が今、おすすめしたいスーツが

TITO ALLEGRETTO(ティト アレグレット)のもの。

3年もの歳月を掛けて修正を重ね、完成させた力作です。



MEN'S EXへの登場は珍しい、International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー ビームス)バイヤーの関根。

とあるブランドのセットアップをご紹介しています。


....

そして先月号から始まった連載。


BEAMS 2大ディレクター

中村達也&西口修平

”WARDROBE TALK”



今回はBrilla per il gusto(ブリッラ ペル イル グスト)のグリーンスーツについて語っています。

(僕も買いました。改造中のブログはコチラ


対談ページの次には、それぞれが組んだコーディネートが2体ずつ、計4体掲載されています。

4体ともそれぞれの色が出ていて、面白いです。


ここではあえて見せません。

ぜひMEN'S EX 4月号をご覧くださいね。



安武

2nd別冊「革靴自慢2」

こんにちは、安武です。



先日発売された2nd別冊「革靴自慢2」。

スニーカーの本は沢山出ていますが、革靴の本って少ないですよね。

(世界文化社から出ていた「最高級靴読本」を18歳の頃初めて見て、革靴の奥深さを知りました。」


2nd目線の革靴が紹介されているのがコレ。


主にファッション業界人の私物が掲載されているのですが、そのコレクションやエピソードが面白い!


そんな中、僕も掲載してもらいました。


20歳のBEAMSに入りたての頃に購入した、ENZO BONAFE(エンツォ ボナフェ)。


これ、Vermeerist BEAMSで別注していたモデルなのですが、

ネイビースエードにグリーンのパイピングっていう、変態仕様(笑)

店舗に飾ってあるのを学生時代から見ていて、欲しいな〜と思っていました。


そんな内容を「革靴自慢2」では掲載しています。



ぜひ本屋さんで見かけたら見てみて(買って)くださいね。



安武

第一特集のトップでした

こんにちは、安武です。



年末、久しぶりに雑誌の部屋取材を受けました。


BEAMSオフィシャルサイトのクリスマス特集でも登場させてもらいましたが、

今回は雑誌"2nd"に登場です。


なんと!

第一特集の一番最初のページ!

嬉しいですね。



6ページと大ボリュームだったので、取材も結構時間がかかりました。


神楽坂の街を散歩したり...



自転車と写真撮ったり...



新しく買い足したインテリアアイテムもあったので、撮影してもらえて良かったです。



"2nd 3月号"


発売したばかりなので、是非ご覧になってみて下さいね。



安武

WM BROWN MAGAZINE

こんにちは、ヤスケです。


...

決して間違えたわけではありません。

読み進めてもらえると謎が解けます。


...


PITTIの期間中に、MEN'S EX ONLINE編集長の平澤さんからLINEで、


「さすが!有名人!」


というメッセージと一緒に、このページが送られて来ました。


おっ!

コレは去年のPITTIの時の写真やん。


「デビッドがこの本持ってたので、今度ビームス行くときに持って行ってもらいますね!」


...

そして今日、モデルのDavidさんがわざわざ届けてくれました。


カッコいい表紙。

調べると、代官山蔦屋書店に置いているみたいです。


僕のページはどこかな〜


めくっていくと、


"Overcoats"

アウター特集の所に居ました。



あ、名前も載ってる。



Toshihiro Yasuke


...トシヒロ ヤスケ


...ヤスケ


惜しい!


とある方面からは、

「信長の家臣だった弥助(ヤスケ)を思い出しました」

と。


ま、いずれにせよ、こんな世界的な本に載っけてもらって光栄ですね。



安武

BARBOUR対談

こんにちは、安武です。



今月号の雑誌「2nd」。

その中で不思議な組み合わせの二人が...


BEAMS ファッションディレクターの尹と安武。

なかなか珍しい二人で、BARBOUR(バブアー)について語らせてもらいました。


尹とは入社前からの付き合いで...


文化服装学院1年生だった安武が、改めてセレクトショップって面白いなと感激したお店が、Vermeerist BEAMSでした。

そのVermeerist BEAMSを立ち上げたのが、尹と、パートナーである犬塚です。


そんな大先輩と対談することになるなんて...


尹の話に比べたら僕の話の薄っぺらいこと!

なんだか恥ずかしくなっちゃいます。


...

当日はこんな服装でした。


Jacket...BARBOUR(バブアー)

Shirts...E.TAUTZ(イートウツ)

T-Shirts...Peter Lindbergh × International Gallery BEAMS(ピーター・リンドバーグ×インターナショナルギャラリー ビームス)

Pants...Seya(セヤ)

Shoes...SALOMON ADVANCED(サロモン アドヴァンスド)



尹がかっちりスーツスタイルで来る事を見越して、デザイナーズアイテムでまとめてみました。



安武

アップされました

こんにちは、安武です。



先日、娘が”こども ビームス”のモデルとして撮影したって話をしましたが、

その画像がアップされました。 


これは当日、社内スタジオで撮影したもの。


以下が、BEAMS オフィシャルサイトで掲載されているものです。


眠ってる...




また眠ってる...


どうやら撮影途中で眠くなってしまったらしく、

無理に起こしておくのも機嫌が悪くなってしまうので、眠らせたそうです。


眠っている時用の撮影アイテムも用意していたらしく、

無事撮影出来ました笑



こちらは起きてハイハイしている画像。




この帽子は、普段から愛用しています!



親戚一同、とても喜んでいます。

こども ビームス チームの皆さん、モデル起用ありがとうございました!



安武

南雲先生

こんにちは、安武です。




今日は大先輩の話をさせて下さい。



BEAMSレジェンドの一人である、BEAMSクリエイティブディレクターの南雲(以下、南雲先生)。

ビスポークからどカジュアルまで、どんなジャンルの服も着こなしてしまう(しかも自分らしく)、"濃いBEAMS"を体現している人だと僕は思っています。

(自分ではBEAMSっぽくないと言い張っていますが笑)




僕が入社当時から、既に雲の上の存在でお会いする機会は少なかったのですが、「BEAMSでカッコいいと思う人はいますか?」と色んな先輩に聞くと、必ず名前が出てくるのが南雲先生。


外国人のような胸板の厚い体型に、白髪のクルクルパーマ、というだけでズルイのだけど、

ファーラン&ハーヴィーやジョージ クレバリーのビスポークを幾度となく自身で作って、着て、色んな服とミックスして...


その感覚は、BEAMSメンズスタッフな

ら必ず憧れたことがあるはず。


だけど、一つ難点は怖いこと笑

何かお願いをする時は、一筋縄ではいきません笑



仕事内容はVMDや店舗設計、現在はモデルルームの空間プロデュースまで多岐に渡るのですが、そんな仕事を長年しているのでインテリアの知識も社内随一。

ご自身の自宅もスゴイ!と噂だったので、僕が担当しているBEAMS AT HOMEへの出演を依頼したら、やっぱり一筋縄ではOKをもらえませんでした。


「書籍のコンセプトや詳細を教えて欲しいから、一度飲みに行こう」


と言われ、南雲先生行きつけの店"AHIRU STORE"へ。男二人で。


恐らく二人で飲みに行く時点で出演は決めてくださっていたのだろうけど、イジワルにコンセプトとか詳細を詰められて笑


結果、"BEAMS AT HOME2"に出演してもらいました。

(もう4年前なのだけど、タイムレスで本当にカッコいい自宅です)



そんな南雲先生へのファッションに関する取材が舞い込んできました。



ファッションに関する取材は20年ぶり(!)との事で、

「ちょっと考えさせて」

と、最初は嫌がっていましたが、何だかんだ優しいので受けてくれました。



そんな20年に一度の南雲先生の記事が、

Afterhoursで先週アップされました。

是非、見てみてくださいね。




安武

続・シブコフィーバー

こんにちは、安武です。



渋野プロのフィーバー、しばらく続きそうですね。

BEAMS GOLFもおかげさまでフィーバーさせてもらってます。


そんな中、今朝の朝刊で...


"BEAMS Smile Cinderella" !!


今朝の新聞、

日経、産経、朝日、読売、スポーツ報知にお祝いの全面広告を出させていただきました。


この笑顔、本当に素敵だなぁ〜



ちなみにBEAMSオフィス内では...

ポスター連貼りさせていただいています笑


...

渋野日向子プロと一緒に、全英女子オープンを戦えて良かった!


改めておめでとうございます。

そして日本を明るくしてくれてありがとうございます!



安武

コーディネートのポイントを

こんにちは、安武です。



遡ること6月。

PITTIの会場でこんな動画撮影を行っていました。


司会はGQ Japanファッションディレクターの森口さん。

(最近ヴィンテージデニムにハマりまくっているらしく、この日も上下デニムでした)


スナップでは紹介していますが、動画で本人の口からコーディネート説明をするのはなかなか面白いです。


中村も乗り気です。



そしてアップされたのがこちら。


中村編はコチラ


西口編はコチラ



安武編はコチラ



去年の冬から続けて3回目ですね。

なかなか森口さんのテンションにBEAMS3名とも押され気味ですが汗


是非見てみてくださいね。



安武

家族撮影

こんにちは、安武です。



昨日発売された雑誌「MADURO」。

その中の2ページで、家族写真を掲載してもらいました。


泣くかな〜と思いましたが、この日は機嫌が良く、撮影スタッフたちも子供の撮影には慣れているので、

iPadを駆使して子供向け動画を見せながら対応してくれました。


9月号の「MADURO」は

”週末、家族に モテるパパ の作り方”

が第一特集です。


先輩パパたちの中に....



掲載させてもらいました。



なかなか家族写真を雑誌に掲載してもらうことも少ないので、良い思い出になりました。

両家のジジババは、早速本屋で手にいれた模様。


安武家にとっては初孫なので、本当に目の中に入れても痛くないくらい可愛いみたいです。



安武

2nd ヨーロッパの洒落者たち

こんにちは、安武です。



先日発売された雑誌”2nd”9月号。


ヨーロッパの方々のスナップが第一特集です。


”2nd”的な切り取り方のスナップは新鮮ですね。

今回PITTIにも来ていた2ndチーム。


結構現地でもスナップしている所を目撃しました。


現地でお会いしたのをきっかけに、

安武による”ちょいドレスのススメ”ページが出来ました。

4ページ分、辛口コメントも交えながら、

コーディネートに関して語らせてもらいました。



似顔絵も似てるな〜。


普段のPITTIスナップとは異なる目線で選んでますので、

是非こちらもご覧くださいね。



安武

PRESIDENT STYLE

こんにちは、安武です。



今日もスタジオにこもって撮影しています。

撮影の合間にブログを書いています。


今日は、先日からアップされているPRESIDENT STYLEのご紹介です。


ポロシャツに異議あり!

女性を味方につける男の装い#1


女性陣3名の本音トークから、おすすめのポロシャツをオススメさせていただきましたよ。

やっぱり台襟付きのものやニット素材を選ぶと上品に見えますよね。


お次は、

デニムに異議あり!

女性を味方につける男の装い#3


デニムに関してです。

大人ならダメージデニムはちょっと...(もちろん普段からおしゃれを楽しんでいる方は別ですが)

なので、綺麗めなリジッドとデニムスラックスを紹介しました。


詳細はリンクからご覧いただくとして....

そのリンクの最後には...


「豊富な知識と抜群のセンスに、撮影スタッフ一同魅了されました」



ありがとうございました!



安武

ワイン、対談

こんにちは、安武です。



先日のブログでUNITED ARROWSプレスの渡辺さんと対談をしたというくだりをしましたが、こちらのサイトで公開されました。


Afterhours(アフターアワーズ)です。


こちらがこのサイトの説明です。

.....

“就業時間後”、“ジャズにおけるライブ後の自由セッション”を意味するアフターアワーズ。
ここでは、雑誌編集に20年以上携わっているファッションエディターが自由時間に集まって、ファッションを軸とした記事を自由セッションのごとく発信していきます。
ショップのコーナーには、国内外の友人たちと共業したここでしか手に入らないアイテム、世界から買い付けたストーリー性豊かなこだわりのアイテムが並びます。
ひとつのスタイル、テーマに固執することなく、編集者目線でいいと思った“真の上質”を、自分たちの視点を大切にしながら流行を気にせずに発信していきます。

.....


5月1日、令和初日にローンチされたこのサイト。

初回から興味深い記事が上がっています。


・ナポリの知られざる傘屋、マリオ・タラリ

・ルカのポロシャツ

・ローマのセラフィーニの鞄

・宮平廉太郎さんの仕立て服


など。

その中に、


タケ&トシ ファッション対談


があります。

Q.それぞれ自社の打ち出しを意識して自身のスタイリングを組まれていますか?


A.意識していません。


二人ともこんな回答でした。



UNITED ARROWSとBEAMSの、知られざるウェルドレッサーを紹介していたり、

それぞれの着こなしの解説もあります。


このAfterhours、これからとても面白くなりそうなので、要チェックですよ。



安武