タグ「amialexandremattiussi」の記事

安っていいとも! vol.56

こんにちは、安武です。



先週、久々に古着を買いました。この日早速着たのですが、なかなか調子が良い!

ということでコーディネート披露です。

Coat:AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ アレクサンドル マテュッシ)

Knit:USED

Pants:LEVI'S(リーバイス)

Shoes:ALDEN(オールデン)

Sunglasses:BLANC(ブラン)



サングラスとポージングのせいか、調子に乗っているように見えますね笑


サングラスはBLANCです。実はウィメンズフロアで売られているもの。

だけど、メンズでも全然いけちゃいます。

ナイロンコートは、これでXSサイズ。着丈が長くゆったりとしています。

フードつきなので不意な雨でも大丈夫。



そしてこのニットが先週買ったものです。ロールネックの首元とゆったりとしたバランスが今っぽいなあと。

(モックネックニットはこの秋冬、メンズドレスのジャンルでも多数登場します)

着丈が長いので、タックインしてブラウジングさせています。このブラウジング、多少身幅にゆとりがないとしっかりと出ないんですよね。最近はこのくらいたっぷりとしたブラウジングが気に入っています。


ブラウン・ブラック・ホワイトのメランジなので、この3色でコーディネートしました。

色を披露だけの簡単コーディネートです。



足元は、僕の春夏の定番です。

このくらいの裾幅と丈に、とてもよく合うなあ。

我ながら良く出来ました。



安武


安っていいとも! vol.48

こんにちは、安武です。



PITTI UOMO 91  2日目のスタイルです。


「サングラス掛けてカッコつけちゃって〜」


なんて思わないで下さいね。

半年に一度、カッコつけても良い数日間なので見逃してください笑

Coat:PALTO(パルト)

Vest:CINQUANTA(チンクアンタ)

Pants:AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ アレクサンドル マテュッシ)

Shoes:PARABOOT(パラブーツ)

Bag:MASSIMO(マッシモ)



素材感のメリハリに重点を置いたコーディネートです。

ツイード調のソルト&ペッパー生地のコートに、インナーはムートンです。

パンツはウールツイルで、上半身のモコモコ感を抑えました。足元はスエードではなく表革。これもムートンやツイードの素材感とメリハリを付けるためです。


ベルテッドのコートはボタンを留めずにベルトだけ結ぶのが気分です。

ガウンっぽく上品に。


このPALTOのコートはベルト位置が低いので、ベルトを結んでも極端にエレガントになりすぎない点が良いんです。この日のようなカジュアルスタイルにもしっくりハマってくれます。


クラッチバッグにこのフィンガーレスグローブは、3年前と同じ合わせ。

好きなバランスって変わらないんだなあ。



シューズはいつものです。


そろそろ使用感が目立つようになってきたから、ストームウェルト無しのシャンボード、買い足そうかなあ。



安武



Maison Hattorini vol.4

こんにちは、安武です。



2日連続の更新です。

この日は暖色系でまとめたコーディネート。

絶妙な色使いが毎回うまいんだよな〜

Coat:AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ アレクサンドル マテュッシ)

Knit:991

Snood:PIERRE LOUIS MASCIA(ピエール ルイ マシア

Shoes:TA CA Si(タキャシ)



「カラフルなスヌードにウールのモッズコート、フェイクスエードのリラックスパンツで、カジュアルなアイテムを上品なムードになるようにコーディネートしました。」

とは本人談。

このスヌードは、大判ストールのみに使われていたシルクプリントパターンをスヌードに採用した別注モデル。

柄が切り替わっているので、巻く向きによって印象が異なるのが特徴です。


”テラコッタカラー”のモッズコートとの相性も抜群ですね。シルク素材とウール素材の合わせも◯。

パンツはフェイクスエード。マットな質感はニットとよく合います。

ニットはドメスティックブランドの一品。

現代的なシャープなシルエット、上質な素材使いが特徴です。実は肘にエルボーパッチが付いています。

裾のプレートで格上げしています。

こうゆうちょっとしたアクセントって、センスが必要なんですよね。

やりすぎる事は誰にでも出来る。


日本のブランドにしては既有だと思います。



安武


安っていいとも! vol.45

こんにちは、安武です。


年の瀬ですね。

今日で仕事納めです。一年間、あっという間だなあ。


仕事納めの今日は、大掃除で片付かなかったものの整理や、デスクトップの整理をします。

なので、カジュアルスタイルです。

Blouson:VINTAGE

Knit:AMI ALEXANDRE MATTIUSSI(アミ アレクサンドル マテュッシ)

Pants:MAISON FLANEUR(メゾン フラネール)

Hat:QUATTOROCCHI(クアトロッキ)

Shoes:GERMAN TRAINER(ジャーマントレーナー)


最近お気に入りでよく被っている、フェイクムートンのバケットハット。

ツバの広さとか、おさまりが良いんだよな〜。

素材感に変化をつけたい時に多様しています。

カバーオールは、30年代のフレンチワーク。

2サイズアップで購入して、肩を落としてきています。

最初は大きすぎるかな?と思ったのですが、インナーにかなり着込めるので、

冬でも活躍しています。

ライダースとかインナーに着ちゃってます。


パンツはウエストのデザインがかわいいでしょ?

側章部分にモヘヤなどのニット素材をあしらった、International Gallery BEAMSの別注品。

ラインのグリーンに合わせて、トップスにもグリーンを持ってきました。


身長が低い僕の場合、ワイドパンツは敬遠していたのですが、

このくらいの裾幅ならギリギリいけるかな?と思ってます。


デザイン性の強いパンツなので、シューズは少し気の抜けたものを。

11年前、入社当時に購入したGERMAN TRAINERです。

何も気にせずガシガシ履いていたおかげで、良い感じのユーズド感。

気合いが入りすぎるコーディネートは最近好きではないので、デザイン性の強い物を着る際にこんなシューズでハズしています。



安武


安っていいとも! vol.39

こんにちは、安武です。



現在International Gallery BEAMSにて開催中のAMI Alexandre Mattiussi(アミ アレクサンドル マテュッシ)のPOP-UP STORE。

今回は2016年春夏よりパリの老舗百貨店Bon Marche(ボン マルシェ)のエクスルクーシブとして展開しているAMIのウィメンズ提案を、2016年秋冬に日本ではBEAMSのみで展開します。


個人的にもブランド発足当初から好きなクリエイション。

これまでも沢山買ってきました。

そして、今回も...


Blouson:AMI Alexandre Mattiussi(アミ アレクサンドル マテュッシ)

Shirts:Bagutta(バグッタ)

Pants:AMI Alexandre Mattiussi(アミ アレクサンドル マテュッシ)

Cap:AMI Alexandre Mattiussi(アミ アレクサンドル マテュッシ)

Shoes:GERMAN TRAINER(ジャーマントレーナー)


コンサバティブなアイテムなのだけど、シルエットや素材使いなどどこかフレンチな上品さとヌケ感がAMIの特徴ではないでしょうか。





ブルゾンも打ち込みの良いヘビーなウール生地。男性なら誰しもがこの生地感は好きですよね?

ポケットの大きさも、若干大きめだけれどバランスが取れています。

このバランス感覚、難しいんだよな〜


パンツは、股上が深くて渡りが太い、そこからキュっと裾に向かって細くなるフィット。
このフィッティング、BERWICHの”SAKE”に似てるんですよね。
高田も買ったこのタイプ、クラシック好きの人にもオススメですよ。








POP UP STOREは23日まで開催中です。
ぜひいらしてくださいね!


安武