タグ「eclectic」の記事

”eclectic” 17年春夏、始動

こんにちは、安武です。



16年秋冬からスタートした”eclectic(エクレクティク)”(社内通称”安武バイイング”)ライン。
17年春夏で2シーズン目を迎えました。

先日、オフィシャルサイトの”eclectic”コンテンツをアップ。

その撮影風景を少しだけ紹介します。

9体分のコーディネート撮影です。

早朝からプレスルームに集合しモデルのヘアメイクを済ませ、

都内各所の良い雰囲気の”壁”を求めて移動しまくりました。


コーディネートはシンプルですが、ちょっとしたシルエットや素材感、色目などにこだわりました。

9体分のコーディネートもかなりの時間を掛けて作り込んだ自信作です。

ロケ撮影なので、雨が降ったらアウト!ですが、なんとか晴れて良かった〜

青空をバックに良い感じのイメージショットも撮影出来たしね。

(一番下のカットがまさにソレです)


最後にその日のスタッフで記念撮影です。


スタッフの皆さん、楽しい撮影ありがとうございました!


......


この”eclectic”。

自分にとって、とても良い経験をさせてもらってます。


会社からは、ほとんど売上関係無し(売れなくなったら無くなるけど 笑)でたくさんの予算を僕に預けてくれ、バイイングさせてもらってます。

バイヤーやMDには、この”eclectic”に関しては実績ベースではなく僕の”感覚”を第一優先で考えてくれて、オーダーの手助けまでしてもらってます。

WEBやEC担当も、僕のわがままをこうやってページにしてくれました。

お店のスタッフも、僕の気持ちをお客様に伝えてくれています。

BEAMSという会社的には、まだまだ小さいプロジェクトの一つですが、スタッフの一体感はどのプロジェクトにも負けてないと思ってます。


BEAMS dress clothing new style

”eclectic”

始動します。



安武

華麗なる”TAKA”ビー vol.38

こんにちは、安武です。



”eclectic”Style、続きますよ〜。

今回は、ハードに見えがちなボーターサイクルブルゾンを、

綺麗めに着こなす高田をキャッチ!

Blouson:PRIVATE WHITE V.C.(プライベート ホワイト V.C.)

Polo: JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)

Pants:DREW & Co.(ドリュー&コー)

Hat:Borsalino(ボルサリーノ)

Shoes:ALDEN(オールデン)



ワイドブリムハット、PITTIでは西口とともに散々撮影されてましたからね。

似合いますよね〜。

このハット、トップの部分の形を自分で変えられるので、

スタイルによって形を変えてみるのが面白いです。

クラシックなスタイルだと、このような感じでトップと前左右を窪ませると良い雰囲気です。


ブルゾンはBEAMS別注のツイントラックモデル。

英国マラリウス社のツイードを載せています。

英国製にこだわるブランドだけあって、生地から縫製から全部英国製。

潔いほどです。

ブラスのパーツがハードな印象になるかと思いきや、ウールメルトン素材を載せることによりハードな雰囲気が緩和され、綺麗なスタイルにはまりやすくなります。

高田の場合、レトロポロやウールパンツ、レザーシューズでドレス感をプラス。


パンツはこれまた別注のDREW & Co.のベルトレスパンツ。

ブランド初期のものを復刻させ、ベルトループを外したものになります。

腰回りのディテールが、今シーズン随一!?ではないかと思うほどカッコいいです。


ベルト部分を折り返してニュアンスを付けるというテクニック。

うーん、これは真似したいテクニックですね。



安武

安っていいとも! vol.37

こんにちは、安武です。




この日は銀座店の近辺で撮影。

一見すると地味~なコーディネートですが、自分なりのこだわりポイントがあるのでそのあたりを見てもらえると!





Blouson:BALDWIN(バルドウィン)

Shirts:BAGUTTA(バグッタ)

Pants:BERWICH(ベルウィッチ)

Hat:Borsalino(ボルサリーノ)

Shoes:GERMAN TRAINER(ジャーマントレーナー)



潔いほどのネイビー、ネイビー、ネイビー。

以前の僕からすると、ここまでワントーンのコーディネートは考えられないなぁ。

(高校生の頃とかショッキングピンクのlevi'sの後染めパンツ穿いてましたからね笑)



さて、こだわりポイントです。

まずブルゾンの肩線。


ドロップショルダーです。

モードの世界やウィメンズでは一般的なディテールとして定番化していますが、大人のカジュアルではまだ見慣れないこのディテール。

ラグランスリーブの丸みと同じ感覚で着れ、リラックス感が出るのが特徴です。

ただ、大人のカジュアルではやりすぎない程度が乙。

あと、このディテールのトップスにスーパースリムパンツは、かなりヤングに見えるので、あまりオススメしません。


そして、ハットは近年爆発的人気を得ているワイドブリムハット。

この手のハットって、少し気恥ずかしい感じもありますが、カジュアルスタイルで尚且つこのくらいシンプルなコーディネートに被ると丁度良い洒落感を出せていいんです。

あと、休日ってヘアスタイルをセットするの面倒ですよね?

そんな時にこのBorsalinoのハットが便利なんです。決して手を抜いているように見えないですしね。

ブランドの恩恵にあやかっています笑



シャツはプルオーバータイプのノーカラー。台襟が無いので、ヘンリーネックのような見え方ですね。

僕は首の細さを隠す為に、シルクスカーフを巻きました。



下半身に移りましょう。

(下半身画像、撮影忘れてたので使い回しですみません)


パンツはワイドテーパードのワンプリーツパンツBERWICH”SAKE”

先日高田が穿いていたものと同じモデルです。

このモデル、調子良いんだよなぁ。スラックス仕様なので、ラフになりすぎない所が○。これ穿くだけで、今どきのスタイルになります。

細身のパンツを穿き慣れている方には違和感があるかもしれませんが、是非店頭でお試しになってみてください。

きっと新たなスタイリングが思い浮かぶはずですよ。


安武

華麗なる”TAKA”ビー vol.37

こんにちは、安武です。



久々の、華麗なる”TAKA”ビー。

(過去のシリーズはこちら


高田がなんと”eclectic”コレクションを着てくれている!泣

嬉しさのあまり、ブログに速攻アップです。

Coat:PALTO(パルト)

Knit:SCAGLIONE(スカリオーネ)

Pants:BEREICH(ベルウィッチ)

Shoes:ALDEN(オールデン)



トレンド要素をかなり網羅しているこのコート。

”ラグランスリーブ””ベルテッド””Aラインシルエット””英国ツイード調”といった美味しい所がてんこ盛りです。

ちなみにこのコート、僕も買いました。

早く着れる季節にならないかな〜


ニットは裾のサイドスリットが特徴のSCAGLIONE。

てん幅(ネック付け根の幅)を広く取った、リラックスしたフィットです。

強めのリブがなんとも言えないドレープを生み出します。

そしてパンツはここ最近、バイヤー陣がハマっているBERWICHの”SAKE”。

ワンプリーツのワイドテーパードモデルです。

渡り幅がかなりあるタイプなので、肌に張り付かない穿き心地。

このくらいリラックスした穿き心地なら、ウールパンツをカジュアルに穿くというのも手です。



高田曰く、


「キャメルとブラウンの組み合わせが気になる」


とのこと。

これは要チェックの色合わせになるかもしれません。



安武

”eclectic”collection発動

こんにちは、安武です。



始まりました。

”eclectic”collectionを9/29(木)〜10/10(月)、

「ビームス 銀座」「ビームスF 新宿」の2店舗で開催します。


”eclectic”ってなんぞや??

な人は、このブログの読者にはまさか居ませんよね!?


そう、通称”安武バイイング”アイテムです。



ここまでの道のり、長かったなぁ。


金曜は銀座で、一昨日は新宿で勉強会を開催。

1人で1時間、しかも大先輩を前に商品説明。上手く喋れるか不安だったけど、皆とても協力体制で迎えてくれた。

展開外店舗のスタッフやディレクター、バイヤー、MDと多くのスタッフがわざわざ銀座と新宿まで聞きに来てくれた。


勉強会後は各店、各部署混ざり合っての懇親会。

(新宿はもちろん、スタッフ伊藤による号令でスタートしました笑)



一昨日の夜は協力体制による嬉しさと緊張感の解放から家に帰ってから色々とこみ上げてきた。


小さなコレクションだけど、時間があれば是非見に来てもらいたいです。きっとワードローブの新しい提案が出来ると思ってます。


「週末は予定があって行けないんだよ〜」

って方に、店内の雰囲気を少しだけ紹介。



これらのオブジェを選ぶのに、数日間費やしました。




ここからは新宿の店内です。





そして本格ローンチに合わせて、オフィシャルサイト内でスタイリングコンテンツもスタート。

そっちも見てもらえると嬉しいなあ。




あと、「ビームス 銀座」のメインディスプレイの天井から釣り下がっているものとかも、かなり笑えるのでぜひ!




実は、入荷している商品は社員購入が禁止されていて、今日から解禁になったんです。

だから、僕は今日の朝「ビームス 銀座」と「ビームスF 新宿」の2店舗で、


コート×1、ニット×1、ブルゾン×1、シャツ×2、パンツ×2、マフラー×1


という、散財をしてしまいました。笑

だって、本当に自分が着たいと思ったものしか仕入れていないから。

きっと皆さんにもこの僕の熱い想い、商品を通じて伝わるはず!



安武