タグ「プレスの一日」の記事

Milano Day.1

こんにちは、安武です。



昨日帰国しました。

ミラノでは大忙しだったので、ブログをPITTI Day.4しかアップ出来ませんでした。

なので、ミラノでの様子をここ日本からお伝えしていきます。


...



翌日の撮影場所の下見です。

とあるミラノの老舗バーを半分貸し切っての撮影です。

何の撮影かと言うと...

MR PORTERのJOURNALという特集の撮影になります。

(コレは1/31にアップされるのですが、MR PORTER側の規制が厳しく詳細を話せないんです。)



朝11:00に行ったのですが、ミラネーゼ達が朝からカクテル飲んでたりと、なかなか日本では見られない光景にテンション上がりました。


...


そこから翌日のパーティ会場へ移動。


トルトーナ通りにある「The Botanical Club」です。




どこにディスプレーするか、テーブルや椅子の配置などを細かく打ち合わせ。




当日にならなければ分からないことも多かったのですが、前日の下見はかなり重要でした。


そのまま遅めのランチをMR PORTERチームと行い、PRスケジュールなどを擦り合わせ。


今までメールでのやり取りだったので、顔を合わせて打ち合わせするととても話が早い!


翌日は撮影→パーティの本番です。




安武


部屋にて

こんにちは、安武です。



フィレンツェに着きました。

21:00、ここからタクシーに乗って市街へと向かいます。


ホテルに着いたのが案の定22:00。

夜遅かったので、サクッと晩御飯を西口(ビームスF ディレクター)、高田(ブリッラ ペル イル グスト バイヤー)、芹沢(ビームスF アシスタントバイヤー)、斎藤(デジタルPR/カメラマン)と5人で食べに行くことに。


と言っても、パブのような所しか開いてないので、フィッシュ&チップスを摘むだけの簡単な晩御飯でした。


...


少し物足りなかったので...



高田と芹沢と部屋で飲み直すことに。

この時点で0:30。



高田「芹沢、明日初PITTIじゃん。何着ていくの?」



芹沢「気合い入れて沢山持ってきちゃいましたよ〜。初日はコーデュロイスーツにタイドアップしようかと思うんですけどどうですかね?」


...


こんな感じで2:30まで。

なかなか楽しかったです。



安武


これからフライト

こんにちは、安武です。



これからイタリアに向けてフライトです。



ミュンヘン経由でフィレンツェに向かいます。

フィレンツェ着が20:50。

そこからホテルに移動して22:00位かなぁ。


無事に着く事を願って...


行ってきます!



安武

年内最後の撮影

こんにちは、安武です。



水曜日、年内最後の撮影をしました。

全30カット。

モデル撮影ではなくブツ撮りだったのですが、

”コーディネートブツ”と呼ばれる、コーディネートを組んだ状態を置いて撮影するもの。

細かなニュアンスが大切なので、かなり時間がかかります。


スタジオでコーヒーを淹れてもらいました。

この似顔絵、似てる??



一枚撮影するのに、こんなに大掛かりな機材を使っているんです。

結構大変でしょ?


ということで、予定よりも1時間後に撮影終了。

今回の撮影ではスタイリストの役割も一人でやっていたので、裾上げやタグ付けなどバタバタでした。



年内は昨日、28日で仕事納めでした。

納まったのか納まってないのか...




安武

ブツ撮りで気をつける所

こんにちは、安武です。



昨日は、丸一日スタジオにこもってブツ撮りでした。


トルソーのブツ撮りは誌面上だと数枚並べてレイアウトするケースが多く、アラが目立ちやすいんです。

なので、


・タイがズレていないか

・タイの結び目やディンプルは均等か

・シャツがズレていないか

・スーツに変なアタリが出ていないか


などを気にしながらチェックしていきます。


今回もしっかりとした見栄えになると確信しています。

早く見せたいな。


年内まだまだ撮影は続きます。



安武


グランドハイアット・オークドア

こんにちは、安武です。



先日は朝10:00から六本木に居ました。


グランドハイアットの中にあるレストラン、「オークドア」。

肉料理が有名なレストランです。


ここに来るのは2回目。

数年前にBEAMSの忘年会をグランドハイアットで行った事があり、その忘年会の2次会で社長の設楽に連れてきてもらいました。



今回は撮影でした。


シルエットでわかりますが、あえて言いません。というかまだ言えません笑



(上手く顔を隠したつもり)


なかなか面白い鼎談でした。

来週には皆さんご覧いただけます。



安武

4:50 渋谷メガドンキ前

こんにちは、安武です。



今日は19年春夏カタログの撮影でした。

朝4:30に渋谷のメガドンキ前集合。

日が出るのを待っての撮影だと、このくらいの時間になります。


先週までの雨予報から、なんとか曇りの予報に変わったので、撮影決行です。



まだ撮影は続いていますが、移動のロケバスの中でこのブログを書いています。


とにかく次のカタログはカット数が多い!

ページも増えるとか増えないとか?



安武

0:40、タクシー

こんにちは、安武です。



久々に終電を逃すほど仕事をしていました。


0:40、タクシーの中でブログを書いています。


今は何の時期かって?


19年春夏のカタログを製作中です。

今日は打ち合わせを4時間半、そこからコーディネートを。

通常業務と平行してカタログの製作...

12月末までノンストップです。


ただ次のカタログ、本当にすごいですよ。

先にお伝え出来ることは少ないのですが、一言でいうと、かなり変わります。

コンテンツ、充実します。

スタッフも沢山登場します。


ページ構成を最後の最後まで練っている最中なので、まだ決まっていないコンテンツもありますが(大丈夫か!?)

とにかく、皆さんに満足していただける一冊になるよう邁進してますので、このブログの更新頻度が下がっても文句言わないで下さいね笑


今週末からは怒涛の撮影です。



安武

商品説明会

こんにちは、安武です。



一昨日と昨日で、19年春夏の商品説明会が行われました。


全国のスタッフが集まり、バイヤーから次シーズンの傾向や仕入れてきたアイテムの説明を直接受けます。


最初は中村から、全体の傾向の説明があります。

いわゆる"中村ノート"は、ここを皮切りに発表されていきます。


次のシーズンは...


ブラウンのスーツや...


ストライプ柄や...


イエローがトレンドだったり...



また別の機会に詳しく説明していきますね。


今回はチラリと次シーズン展開のアイテムの画像を紹介します。








すでに各店のスタッフはこれらの詳細を知っていますので、聞いてみて下さいね。

(ネクタイの品番などは分からないと思いますので、お手柔らかに...)



安武

SUITS OF THE YEAR 2018

こんにちは、安武です。



今日はとあるイベントに出席してきました。


司会は加藤綾子さん。

(カトパンさん、キレイだなぁ)


報道陣も多数。明日の朝のニュースでも放送されるんだろうな。

何のイベントかというと...


ベスト・ジーニスト

ならぬ、

今年一番スーツが似合う人に送られる賞、

「SUITS OF THE YEAR 2018」

の授賞式でした。


受賞者をザッと紹介していきますね。


ファミリーマートの社長の澤田さん、



投資業界の新生、FOLIO CEOの甲斐さん、



東大の特任准教授の松尾さん、



水泳の萩野選手、



やっぱり水泳されている方はスーツが似合いますね。




そして、俳優の田中圭さん。



カッコいいスーツ、着てるなぁ。



と思ったら、一式ウチのものでした笑

田中圭さん、ウチのスーツ、体型的にも合いますね。

ありがとうございます!



いつもお世話になっている、ファッションディレクターの森岡さんや



俳優の前川さんのお話など、とても面白いイベントでした。



勢揃いの授賞者の面々。


個人的にスーツを最近の気分で着ていますが、もっと日本のビジネスマンでスーツをカッコよく着こな

せる人が増えれば良いなぁと思っていたので、このイベントはとても今後に繋がるのではないかなと思いました。


スーツってやっぱり男性を最も格上げして見せてくれるものだと思います。

だけど逆に、選び方や着こなし方によっては、格下げしてしまうものです。


正しいスーツの着こなし方、楽しいスーツの着こなし方が世の中に普及すれば、その人の信頼が増すだけでなく、仕事の生産性も上がるでしょうし、新たなビジネスにも発展する機会になり得るのかなと思います。


イケてるスーツスタイル派生委員会、どこかで発足させようかな。


とにかく、このイベントか広く認知されることが唯一の近道かな、なんて思ってます。


最後に、フォトブースの前で記念撮影。

いつもお世話になっているYUKIMI STUDIOの椙本さんに撮影していただきました。


安武


雲一つない

こんにちは、安武です。



今日、東京は生憎の天気。

天気予報を見ずに出てきた為、白パンを穿いてきてしまいました。


個人的に白パンって、雨の日はNG。

だって撥ねた水が裾について汚れてたら見っともないでしょ?

あと、どんよりした空に、パキッとした白は合わないんだよなぁ。


しっかり天気予報見てから家を出ようっと。


さて、今日とは打って変わって先日の雲一つない晴れた日に撮影をしました。

奥に見えるのは?


あの立ち姿は?


最近はモノトーンが気になるようで、千鳥格子のジャケットにブラックデニム、黒の表革のサイドゴアを履いています。

インナーも黒のハイゲージニット。


このコーディネート近々とあるWebサイトで公開されます。

お楽しみに!



安武

結婚式

こんにちは、安武です。



今日は、フリーファッションディレクター/プランナーの野尻美穂さんと、ビームス プレス日高の結婚式でした。




軽井沢で行われたこの式、


代表の設楽の挨拶から始まりました。

(このブログは、軽井沢からの帰宅の途で書いています)



途中の歓談では、カラオケ大会も。


ユナイテッドアローズ全社PR統括の吉田さんと、ビームス プレス佐竹が司会でした。



プレスの梅田、渾身の一曲や、



ナノユニバース美人プレスによる、プレイバックや、



イエスタデイズ トゥモロウの菅野さんや、



ノンネイティブの藤井さんも登場。



最後には設楽まで登場していました。


カラオケとは別に、土井地による一曲では、



新郎とデュエットしていました。



最後のご両家の挨拶には、泣かされましたね。



お二人の門出を祝う為に、さまざまな人たちが参加。

(ここではアップ出来ないのですが、とある有名バンドのボーカルの方がお忙しいのに歌いに来てくれました)


お二人の人望ですね。



日高さん、野尻、お幸せに!



安武。

六本木ヒルズにて

こんにちは、安武です。



今日は昼から夕方まで、六本木ヒルズに居ました。


10月27日(土)にグランドオープンする、「ビームス 六本木ヒルズ」のメディア取材日でした。

僕たちプレスは、取材対応に追われました。

2フロア、約1000平方メートルあるので、1つの媒体の取材で1時間掛かります。


全ての取材を終えると外はすでに暗くなっていました。


六本木ヒルズのウェストウォーク2F・3Fです。

目の前にはスターバックスがあります。

場所、かなり良いです。


明日も六本木ヒルズで仕事です。



安武

BEAMS Fのアーカイブ

こんにちは、安武です。


今日は4時間ぶっ通し取材でした。

18:00から始まり、終わったのが22:00。

取材対象はこの人です。


テーブルに並んだアイテム一つ一つについて丁寧に語っていきます。


アイテムを入れ替えて、更に取材を進めます。


見慣れないアイテムたち。


その一部を隠し撮りしましたよ。



過去のBEAMS Fのオリジナル?



ロイヤルワラント付きの旧タグ?


見たこともないタグ?


総点数100点以上、これらのアイテムが来月...

実際に手にとって見ていただける機会を作ろうかなと思っています。


また告知します。

お楽しみに...



安武

WATCH NAVIでの連載

こんにちは、安武です。



昨日、こんな対談が行われました。


学研から発行されているWATCH NAVI(ウォッチナビ)。

その編集長を務める関口さんと、中村の対談です。



BEAMSで取り扱いのない時計、世界では数えられないほどあります。

BEAMSのお客様も、時計は専門店で購入されることがほとんどだと思います。


そんな方々の為に!

BEAMSスタッフが、一流時計と合わせる洋服をご紹介するという連載がスタートします。


その名も、

『腕時計2.0』


写真は本誌を持っていますが、まずはwebからのスタートです。


なぜこんな企画がスタートしたかと言うと...



遡ること4ヶ月前。


関口「やっちゃん、BEAMSさんと何か取り組み出来ないかな〜?」


安武「中村はじめウチのスタッフって時計好きが多いから、全然協力出来るよ!」


関口「え?じゃあ中村さん登場してもらえるってこと?」


安武「せっきー、一回作戦練ろうか!」



...

なんて居酒屋で話していました。


そう、彼とは5年ほど前からプライベートで遊ぶ仲なんです。

今考えると、仕事でご一緒するとは思わなかったなぁ。


そんな感じで遊びが仕事になっちゃうなんて事がたまにあるのですが、そういうのがすごく楽しいんだよなぁ。



安武

イギリスより来客

こんにちは、安武です。



昨日、イギリスの有名Eコマースサイトのバイヤーが打ち合わせのため原宿のオフィスにいらっしゃいました。


左は現在、メンズ・ウィメンズのドレス部門を取りまとめる吉田(元BEAMS Fチーフバイヤー)です。


真剣にタイの生地を見たり...



フィッティングの確認をしたり...


2時間に及ぶ入念な商品チェックでした。

(打ち合わせ時間、1時間オーバー笑)


これからの進展をお楽しみに!



安武

BEAMS PLUS ディレクター溝端

こんにちは、安武です。



昨日は珍しい人の取材立会いでした。


BEAMS PLUS(ビームス プラス)ディレクターの溝端です。


BEAMS PLUSチームはイタリア出張で被るので、

出張時などに色々話しをしているものの、

BEAMS PLUS案件の取材立会いは主にカジュアルプレスチームが行いという現状。

日本ではそこまで絡みが無かったかも....


何の取材かというと?


先日発売されたMR PORTER PAPERBACK関連の取材でした。


溝端は大阪出身。

ファッションのルーツは地元岸和田の”岸カジ”。

”岸カジ”? 初めて聞きました。


その当時、岸和田周辺では音楽などはレゲエ、洋服はヴィンテージファッションなどが流行していて、

近所に古着屋がかなりの数あったそう。

そこで独自に生まれたのが”岸カジ”


詳細はもう少しで公開になるので、そちらをご覧いただくとして...


たまに全然異なる取材を立ち会うのは楽しいな〜

と思った一日でした。



安武




上から読んでも下から読んでも"SONOS"

こんにちは、安武です。



一昨日、渋谷のTrunk Hotelのスイートルームで行われたローンチイベント。

日本本格上陸を果たした、このオーディオブランドのローンチイベントでした。


アメリカ・サンタバーバラを拠点に最高品質の音響を追求するブランド、SONOS(ソノス)です。

日本ではBEAMSが先行発売ということで、BEAMSスタッフもかなり自宅で使っています。


S

O

N

O

S


上から読んでもSONOS、

下から読んでもSONOS。

スピーカーを反対に置いてもデザイン性を損ねることなく使えるんです。

その辺りもロゴ含めて考えられているなあ。


スイートルームの一室、ベッドルーム。

そこに、ホームシアター仕様のセットがありましたよ。
ベッド脇にはSONOS ONEを。


テレビの下にはSONOS BEAMを。


サウンドプロデューサーには、ビートルズの音楽プロデューサーとして有名なジョージ・マーティン氏の息子、ジャイルズ・マーティン氏を迎えています。

(まさに音楽界のエリート!)



ローンチパーティでは、SONOSの魅力についてのプレゼンテーションがありました。





そして、bPr BEAMS(bPrビームス)バイヤーの古屋も登壇。



SONOSの魅力を、BEAMS的視点で語りました。


実はこのSONOS、僕も先行発売時にONE×2とBEAMを購入して、自宅をホームシアター仕様にしようと企んでいます。

我が家はTVが壁付けなので、BEAMを壁付けするマウントを買って、壁付けしちゃおうかと。

ただ、マウントはまだ日本では発売していないので、おあずけになっています。


ONEは1つだけ稼働させていますが、


一つだけでも音がだいぶ良い!

そしてデザインもシンプルなので、どんなインテリアにも馴染むのが良い!

Bluetoothではなくwifi経由で音を出しているので、電話が掛かって来ても音はそのままなのが良い!

操作がアプリで行うので簡単なのが良い!


と良いことづくめなんです。


家にしっかり設置したら、このブログで紹介しようと思います。

とにかくこのSONOS、家電量販店では販売しないので、ぜひBEAMSでご覧になってみてくださいね!



安武

リノベーションEXPO

こんにちは、安武です。



昨日は新宿のNEWoMan 5FにあるLUMINE ZERO(ルミネゼロ)で開催された「リノベーションEXPO2018」への登壇の日でした。


左はCAWCOMO(カウカモ)編集長の伊勢谷さん。

リノベーション事情に非常に詳しく、司会も慣れていらっしゃったので、とても喋りやすかったです。

この取材の時に実際に、我が家へお越しいただいたのでそれもあって喋りやすかったのかも。)


事前の席予約が35名。

当日は50名近くの方にご覧いただきました。

(後ろには立ち見が出るほど。)


台風の影響で、僕のトークショー以降は全てスケジュールキャンセルとなってしまいました。

最後に喋れてよかったです。


なんだか洋服が建築家チック...というのはさておき...

お足元の悪いなかお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。



安武


夢は叶う

こんにちは、安武です。



6年前から母校である文化服装学院の講師を務めています。

僕がプレスになったのが2012年。なのでプレスになってすぐから呼んでいただいていることになります。


4年前までは流通専門課程1年生に向けた講義を担当していました。

この講義は、1クラスを4つのグループに分け、1限で4回同じことを話すというもの。

1グループ10〜15名、一つのテーブルを囲んで同じ目線で話すので、そこまで緊張せずに話せます。

(この1年生に向けた講義は、自分が学生の頃はなかった授業内容です)


そして一昨年から90分の授業を1人で任されるようになりました。

一昨年は夜間の学生に向けた講義。

昨年からは昼間の学生に向けた講義を請け負っています。


この特別講義(略して特講)は自分が在学中からあったのですが、そこに呼ばれている人は何だか輝いていて、落ち着いていて、成功を手にした人のように見えました。



「自分もいつかこの舞台に上がりたい。」



そうずっと思って、学生時代は卒業制作ショーで400人をまとめる”企画長”を買って出たり、

卒業制作では”学院長賞”を取ったりと、ヤル気だけは人一倍あったと思います。


そして9月13日、今年も講義をさせてもらいました。



こうやって講義に呼んでもらえるようになった今、学生たちの目には自分はどのように映っているのだろう。


偉そうに見えているのかな?



幼い頃みた小さな夢は、日々の忙しさで忘れてしまいがちだけど、

ふと振り返るとその小さな夢を叶えている自分がいます。



安武