タグ「展示会」の記事

DRAKE'S 19SS

こんにちは、安武です。



展示会の続きです。

DRAKE'Sの19年春夏です。


このディスプレー、秀逸ですね。

鋭角の独特なレギュラーカラーが特徴のDRAKE'Sのシャツ。

生地はカラーロンドンストライプ!

そこにプリントの渋いペイズリータイです。


チーフはグリーン。このあたりが現代の英国的ですね。

そしてボーダーのミドルゲージのニットをディスプレーで合わせるあたり、かなり若いエッセンスを感じます。


具体的なアイテムは、タイをはじめ、スカーフやストール。

定番のシャケットなども健在です。

ここのアイテムはシーズンでガラリと変わりません。

生地や色目が若干変化しながら、進化していっています。

(アイテム画像は撮り忘れました...)


個人的に嬉しかったのは、このイメージビジュアルをいただいたこと。





Instagramの「@drakesdiary」は、僕がもっとも注目しているアカウントの一つです。



6月のPITTIで、DRAKE'Sのタイをしていたおかげて撮影してもらった写真が、「@drakesdiary 」に掲載されていました。


これは嬉しかったなぁ。



是非チェックしてみて下さいね!



安武

THE GIGI 19SS

こんにちは、安武です。



お次はTHE GIGI(ザ・ジジ)です。

個人的にも毎シーズン購入している好きなブランドの一つです。


(ブレてるなあ汗)


パープルやピンク、グリーンといったカラーパレットですが、

どれも絶妙な色目が特徴です。


左のパープルのジャケット。

10年以上前にドレス業界を激震させた、BOGLIOLI(ボリオリ)のDOVERを彷彿とさせます。

(当時BOGLIOLIでこれらを仕込んでいたのは、THE GIGIのデザイナーであるピエルイジ・ボリオリさんです)



テラコッタよりも深い色目のブラウンや、複雑なチェック柄も。


洗いの掛かったイージーなセットアップもたくさんありました。



パイルのTシャツに襟を付けた、変形スキッパー。



シアサッカー生地はトレンドなので、様々なアイテムで提案されていました。

ジャケットや、


シャツブルゾン、そしてパンツまで。


ここに写っているアイテムで、いくつか個人オーダーしてしまったものも...

テンション上がりすぎた...



安武

FINAMORE 19SS

こんにちは、安武です。



今週も、2019年春夏の展示会の模様をお届けします。

今回はナポリの熟練したクラフツマンシップを今に伝えるFINAMORE(フィナモレ)です。


数シーズンBEAMSでの取り扱いをお休みしていましたが、18年春夏シーズンは見事に復活を遂げました。

そして19年春夏はさらに良い形が出ていました。


サファリシャツです。


試着する高田。

それを見て気になる点を伝える中村と無藤。


ドレスシャツも試着中です。


「ちょっと蹴回しがタイトだなあ」


無藤の厳しい意見が。


形が決まったら、それに当て込む生地を決めていきます。


来年も面白い商品を提案出来そうですよ。



安武

TAGLIATORE 19SS

こんにちは、安武です。



TAGLIATORE(タリアトーレ)の19年春夏の模様です。


千鳥格子のスーツに、左はブラックのインナーでモノトーン、右はブラウンのポロシャツで合わせていました。

モノトーン×ブラウン、とても綺麗です。



こちらはストライプのジャケットをメインに、ホワイト×ブラウン。


ネイビー×ホワイトは、先シーズンからの打ち出し。

この色合わせは夏の鉄板ですね。



テラコッタやワイン。



ストライプジャケットは、次のシーズンのキーワードになるでしょう。



春夏らしいホワイト×カラーのジャケットです。

こういった小柄なジャケットもクラシカルで良いですね。



そして、春夏のレザーアイテム。

ヨーロッパでは湿気がないので、春夏でも朝方や夜は長袖が必須。

こういったレザーアイテムも着れちゃうんですね。


日本の夏では少し難しいですが...

春先のレザーは良いですよね。

ウールのコートでは暑苦しく見える3月あたりに、丁度良さそうです。



安武


PT01 19SS

こんにちは、安武です。



今日はPT01の展示会に行って来ました。


大人気のブランドなだけに、お客様の期待を裏切ることは出来ません。

バイヤー陣も自然と熱のこもったトークを繰り広げます。


どのモデルにどの生地を載せていくか...

別注モデルの確認...

価格の交渉...


体力のいる仕事です。


...

展示会場の風景をちらりとご紹介しますね。




色や柄がしっかりと打ち出されているシーズンです。





ここから下はFORWARD(フォワード)のライン。





週末は1件撮影が入っています。

その後は月曜まで休み。

昨日退院して、妻の実家にいる子供に会いに行こうかな...



安武

Baudoin & Lange 19SS

こんにちは、安武です。



展示会が続きます。

一昨日はCantate(カンタータ)の後に、

Baudoin & Lange(ボードイン&ランジ)などを扱うショールームの展示会でした。


BEAMSで現在取り扱っているのはプレーンなバンプタイプとタッセルのブラックスエードとブラウンスエードですが、

こんなにバリエーションが実はあるんです。


おかげさまで、初回入荷分はほぼ完売。

ただ、追加入荷がこの秋冬中にあるので、買えなかった方はそのタイミングで...



すごいバリエーション。

ただ、僕らがバイイングする時は、実際のコーディネートを想像しながらバイイングするので、

現状のラインナップになっているんです。

こうやって並んでいると可愛いんですけどね。

カラーシューズは結構コーディネート難しいですよね。



世界でBEAMSだけの別注なんかも動いていて...



ふむふむ。

これはまた今度...



安武

cantate 19SS

こんにちは、安武です。



今日は朝から展示会廻りでした。

朝イチはこちら。



cantate(カンタータ)です。

毎シーズン、妥協のないモノづくりはとても刺激になります。


この春夏は、トリプルバックルのトレンチコートが大人気でした。

ここんちの洋服は値段が張りますが、作りや生地に対する拘りを聞くと納得。

とにかく拘りまくってます。


何をオーダーしたかはまだ秘密ですが、

また別注を展開するかも...?

(18年秋冬で展開する完全別注ダッフル、ほんとカッコいいので、店頭のiPadで見てみてくださいね!)



そして今回からウィメンズもはじめたようです。


4型のスモールコレクション。

これも良かったなぁ。

自分が女だったら着たいアイテムたちでした。




(デザイナー松島さん私物のLEICA M10)


カタログ制作と平行して、

来週まで展示会廻りが続きます。



安武

cantate 18年春夏

こんにちは、安武です。



少し前ですが、eclecticが始まったシーズンから取り扱っているcantate(カンタータ)の展示会へ行って来ました。


「日本のHERMESを目指している」


とデザイナーの松島さんが掲げる通り、一切妥協のないものづくりをしています。

日本の職人さんや生地を使って。


ただその分、お値段もそこそこしますが、使っていくほどに味の出る(単に古くなるだけではない)雰囲気は、ここの洋服ならではだと思っています。


代官山のとあるギャラリーを貸し切っての展示会。


余計な装飾は一切なし。

ものだけで勝負している感がビシビシと伝わってきます。


こちらはヘビーなウールを用いたコートやブルゾン。

手持ち感が洋服好きにはたまりません。



ニットは全て手編み。

一人の職人が一着を丸々編んでいくので、労力と時間の掛け方が半端じゃありません。



僕も去年購入し、イタリア出張の際も大活躍したデニム。

18年春夏からは少し太めのモデルもやってます。


どれも良くて、西口と二人で盛り上がりすぎてしまいました。


これからのヴィンテージになりうるものたち。

春夏ものは既に店頭に入荷していますので、是非手に取ってご覧になってみて下さい。

きっと作り手の気持ちがビシビシと伝わってくるはずです。



安武

THE GIGI 18年秋冬

こんにちは、安武です。



先週行った展示会。

個人的にもジャケットやスーツを4シーズン連続で購入しているTHE GIGI(ザ・ジジ)です。



素材や色の提案が毎回うまいTHE GIGI。今回も面白い提案がされていました。


これら全てコーデュロイにプリントを施したもの。


大きなチェックから小さなチェックまで。

いずれも施しているのは英国調の柄というのが共通点です。



プリント以外でもコーデュロイのバリエーションが広がっています。


太畝から親子コーデュロイまで。



上襟にコーデュロイを貼ったものまで様々です。



個人的に気になったのはチルデンセーター。


配色が現代的ですね。

(というか僕が好きな色の組み合わせ...)



店頭に並ぶのはまだまだ先ですが、早くも次のシーズンが楽しみですね!



安武

PT01 18年秋冬

こんにちは、安武です。



昨日は朝から19時まで展示会回り。

会社に戻ってからもやり残していた仕事をしていると、いつの間にか23時。


この時期は...



プレス的にはシーズン始まりの仕込み


バイイング的には18年秋冬の展示会


その他では、新卒向けの会社説明会の参加や、会社としての様々な企業との取り組み等々あり、なかなか忙しいんです。


そんな合間を縫っての展示会は、大好きな洋服に触れられるということもあり、仕事ながら楽しい時間の一つ。

この日はPT01から始まりました。




プリーツやサイドアジャスターなどは、何度も言いますがもはや一般的。

徐々に股上が深くなりシルエットも太くなっているのは皆さんもご存知ですよね。


長い持ち出しの片グルカふうのスラックスや、


ウエストがシャーリングになったイージーパンツや、



コーデュロイ素材は確実に来るトレンド生地です。



PT01 FORWARDも充実のラインナップ。



この”羽”がアイコンですね。


17年秋冬は、トレンドに敏感なお客様にご好評いただきました。


18年秋冬では、ウエストがベルトになった仕様や、



”スタプレ”を思わせるポリエステル混の生地も。



とにかく大充実のコレクションです。

何をオーダーしたかはまだ秘密...

半年後をお楽しみに!



安武

MACKINTOSH 18年秋冬

こんにちは、安武です。



昨日は英国のアウターブランド、MACKINTOSH(マッキントッシュ)の18年秋冬展示会にお邪魔しました。


左側には中村と西口。

細かい仕様に関して確認中です。


MACKINTOSHは元々英国ブランドですが、時代の流れを受けて更に自国を意識したファブリック使いが目立ちました。


イエローベースのタータンチェックやブラックウォッチ、グレンチェックを表地に使用したものや、襟裏や裏地に配されたものまで様々。

シルエットはゆったりとした本来のMACKINTOSHらしいものが多かったです。



ゆったりとしたホースライディングコート。

着心地やディテールを、実際に着て確認します。



着丈のバランスは西口が着ると、よりイメージが湧きます。


18年秋冬も充実のバリエーションでご覧いただけますよ。



安武

Bagutta 18年秋冬

こんにちは、安武です。



TAGLIATOREと同じショールーム内にあるのがBagutta(バグッタ)。



この秋冬、個人購入して大活躍したハイネックシャツ。

全く同じ生地が出ていました。


昨年購入された方、次のシーズンもしっかり着れますよ!



他の生地も提案されていました。


生地が変わるとまた異なる印象になりますね。


そして18年春夏のトレンドであるオープンカラーシャツもラインナップ。


起毛素材になると、また雰囲気が異なりますね。

上品に着こなせそうです。


この記事も色っぽくて良いなぁ。


シャツジャケットタイプも充実。




このコーチジャケットタイプは18年春夏で展開しています。


裾のヒモがアクセントになります。

着こなし次第で3通りは変化を付けられるのでオススメです。



アレッサンドロ・スクアルツィさんのラインも充実していました。




このジャングルファティーグタイプ、良かったのですが値段が...

高すぎました...


要検討ですね...



安武

TAGLIATORE 18年秋冬

こんにちは、安武です。



今日は朝から展示会に行きました。


TAGLIATOREです。


打ち出しはベルテッドのダブルブレステッド。

ベージュにブラウンのビッグパターン。

これに似た柄を、今年のPITTIでは多く見かけました。



ジャケットはこのバリエーション。

何色とも言えない絶妙なカラーリングが特徴です。



ヘリンボーンのコート。

ヘリンボーンは18年春夏でも注目の柄です。

そこからの引き続きですね。


左から、無藤、中村、高田。

生地を穴が空くほど見て、BEAMSらしいものをピックアップしていきます。


普通だと、昨年(17年秋冬)の結果を見ながら、どのような構成にするか決めていくのですが、

”カッコいい!”と自信を持って思えるものをピックアップするのが、BEAMSの信条。


バイヤーについて展示会に行くと、そんな場面を垣間見れます。

安武


Primo guercilena Style

こんにちは、安武です。



先日、GTA(ジーティーアー)のショールームへ行った際に、プリモ・グエルチレーナさんが来日されていました。

いつもオシャレなプリモさんを撮影させてもらいましたよ。

Jacket:STILE LATINO(スティレ ラティーノ)

Pants:GTA(ジーティーアー)


STILE LATINOのダブルブレステッドジャケットに、同色のポロシャツ。

ポロシャツに合わせてチーフはカジュアルにハンカチタイプでしょうか。

ドレスシャツを着る際は、いつも共生地のチーフを挿してらっしゃるので、ちょっと新鮮な感じです。


パンツはシアサッカー素材。

「今日はエレガンテじゃないから、撮影したくないな〜」とおっしゃっていましたが、十分エレガンテですよ!


足元はスエードのヴァンプスリッポン。

かなり履きこまれた雰囲気が、シアサッカーのパンツとマッチします。


この後、夜には某百貨店さんのイベントに顔を出されていました。

元気だな〜。



安武




渡辺産業 18SS展示会

こんにちは、安武です。



昨日は表参道にある、渡辺産業さんのショールームへ。

こちらは英国ブランドを中心としているインポーターで、JOSEPH CHEANEY(ジョセフ チーニー)やDRAKE'S(ドレイクス)、LAVENHAM(ラベンハム)、OWEN BARRY(オーウェン バリー)などを取り扱っています。


入口にはDRAKE'Sが。



日本ではタイのイメージが強いですが、実はアパレルラインも展開しています。

銀座の新名所、ジーシックスにも単独店を構えるほどです。


BEAMSでは、このDRAKE'Sの”シャケット”と呼ばれるシャツジャケットタイプ(厳密にはシャツブルゾン)を17年秋冬に展開します。

値段はイギリス製ながら2万円代。

ちなみに、僕の仕入れです(告知しとかないとね!)


タイに関しては、中村と西口、ともにイメージしていたものと異なっていたようで...

ダメ出ししていました。


お次はJOSEPH CHEANEY。




次に仕込んでいるファーストサンプルを見にいきましたが、形がもう少しの出来だったので、完成まで時間が掛かりそうです。


イチから別注品を仕込むのは本当に大変です。

イメージが本国に伝わらなければ、何度もやり直し。完成まで数年かかるアイテムも珍しくありません。


クラシック回帰と呼ばれている今、やはり英国物を見るのはテンションが上がります。


そして、少し異なる視点でバイイングをしている身からしても、英国物は欠かせません。やっぱり洋服の原点がそこにはある気がするから。

ドレス出身者(ちょこっとモード)だからでしょうか、アメリカ物よりも、英国やフランス物の方が今はテンションが上がってしまうんです。



安武


Borsalino 18SS展示会

こんにちは、安武です。



この日はBorsalino(ボルサリーノ)の展示会。

もちろんBorsalinoといえば...


BEAMSのBorsalino王子と一緒に展示会へ行きましたよ。

(王子の写真は撮り忘れ...)




ハット専業ブランドなので、毎シーズン大きな変化は無いながらも、ちょっとした素材の変化やリボンの色目にシーズン性が表れています。


メインで飾ってあったハットには、リボンの代わりに爬虫類のカラーベルト的なものが付いていました。

とってもリッチな雰囲気。



ゆったりと展示された会場で、様々なモデルを被り、オーダーするものを決めていきます。



ウィメンズのコレクションも同会場にて開催中でした。



こんな感じの上品なキャスケットもあったり。

やっぱりBorsalinoが作るものだとドレス的なスタイルにも難なく合わせられそう。


お披露目はまだまだ先になりますが、お楽しみに!



安武


cantate 18SS展示会

こんにちは、安武です。



昨日は朝から晩まで、3つの展示会をハシゴ。猛暑の中での移動、そして気合いのバイイングはさすがに疲れます。

ただ、新しいクリエーションを見るとそんな疲れも吹っ飛びます。


昨日の2軒目はcantate(カンタータ)。

コレクション自体は少ないものの、一点一点のこだわりが本当にすごい!

代官山の古民家を改装したギャラリースペースを貸し切っての展示会。

トレンチコートを試着する西口、テンション上がってました。



続いてデニムを試着中。

この太めのデニムも良かったです。


最後に、見送りに外まで出てくれたデザイナーの松島紳さん。

この風貌で20代!

末恐ろしい存在です笑



安武



昨日の展示会

こんにちは、安武です。



昨日は西口とソックスの展示会に行ってきました。

全体の写真を撮り忘れたので、このくらいしか画像がないのですが...

17年秋冬に展開するソックスを作り込むことに。


これだけ色があると、目が回る〜


この中からどんな編み地で、どの混率で、どの色と色を組み合わせて...

などなどを決めていくという、途方に暮れる作業をしていたわけであります。


でも、しっかりと出来上がったら、

どんなシューズにも合わせやすい

ちょっぴりコーディネートのアクセントにもなる

もちろん履き心地も良い

ソックスが出来上がる予定なので、お楽しみに〜



安武