タグ「zanone」の記事

安っていいとも! vol.84

こんにちは、安武です。



陽気な気候が続きますね。

湿気がまだないので、この時期が一番ファッションを楽しめる季節。

とにかく色んな洋服を着まくってます。

この日は丸の内仲通りで撮影したスタイリングです。

Jacket:EQUIPE'70(エキップ セッタンタ)

Knit:ZANONE(ザノーネ)

Pants:BERNARD ZINS(ベルナール ザンス)

Shoes:BAUDOIN & LANGE(ボードイン&ランジ)



天気が良い日は色の薄いものを着たくなります。

陽射しに映えるんですよね〜。

このジャケットはエポーレットを取ってバランスをBEAMS仕様にした別注品。

クラシックな服装だけでなく、僕のようなどっちつかずな服装でも合っちゃいます。

そんな懐の深さが魅力です。

暖かかったので、リネンのニットにシアサッカーのパンツです。

リネンですが長袖なのでこの時期にぴったりなんです。

Tシャツの裾出しは、ちょっと見えすぎかな。もう1〜1.5センチくらいがちょうど良いですね。


このイージーパンツ、ドローコードの付属品がカッコいいんです。

上品ですよね。


あとブラックとグリーンのシアサッカーって所が珍しい配色。

濃い色目で重い印象になりがちですが、シアサッカーの素材感がそれを払拭してくれています。

この辺りがフレンチブランドならではの洒落っ気ですよね。


ブラックを拾って、シューズはブラックスエードのベルジャンシューズにしてみました。



安武




華麗なる”TAKA”ビー vol.63

こんにちは、安武です。



この日はとある撮影。

ということで、全身秋冬物を着用しての高田です。

Jacket...THE GIGI(ザ・ジジ

Knit...ZANONE(ザノーネ)

T-Shirts...CIRCOLO1901(チルコロ1901)

Pants...GIABS ARCHIVIO(ジャブス アルキヴィオ)

Shoes...BARKER BLACK(バーカー ブラック)



トレンドの太畝コーデュロイ。そのジャケットを着用です。

ホワイトならそんなに重く見えないので、早い時期から着れそうです。

(と言っても9月までは暑いだろうから、10月からですかね。)

インナーにはこれまたトレンドカラーのボルドーを挿しています。

モノトーンにボルドー、映えますね。

ショールカラーを合わせてこってりさせる所が高田っぽいです。


パンツは17年春夏、絶大な人気を誇ったあのブランド。


GIABS ARCHIVIOの1プリーツパンツ。ウエストがドローコードになっていて、リラックス感のある作りながら、ウール素材や綺麗なシルエットなのでスラックスとしても着用可能です。

高田はあえてドローコードを見せて、カジュアル風にこなしています。



まだまだ暑い日が続きますが、来週からはショップスタッフが一斉に秋冬ものに着替えます。

ぜひショップスタッフの着こなしも参考にしてみてくださいね。



安武

華麗なる”TAKA”ビー vol.39

こんにちは、安武です。



高田の”eclectic”style vol.2です。

デニムブルゾンとホワイトパンツでまとめたスタイル。

前回の西口もそうですが”冬のホワイトパンツ”、これ一大ムーブメントになりそうな予感です。

Blouson:cantate(カンタータ)

Shirts:BALDWIN(バルドウィン)

Knit:ZANONE(ザノーネ)

Pants:BEREICH(ベルウィッチ)

Shoes:adidas(アディダス)



普通のデニムブルゾンと侮るなかれ。

これ、袖をアイロンでクセ取りしていたり、ステッチがめちゃくちゃ細かったり、ホーンボタン使ってたり、といったこだわりのデニムブルゾン。

16年秋冬はBEAMSのみでの取り扱いです。


インナーに着たバンドカラーシャツは、さりげないストライプ柄が特徴です。

クルーネックニットにバンドカラーシャツっていうのも洒落てますね。


そしてニットはラグランスリーブで見頃がジャカードで柄になったもの。

こちらは適度にタイトなので、インナーとしてアクセントにするには持ってこいです。

カジュアルなスタイルには、時計もカジュアルに。

気負わないヌケ感は高田の得意とするところです。


パンツは、このブログの読者ならもう既お分かりですね。

そう、”SAKE”です。

大人気で品薄状態。深い股上とゆったりとしたワタリは、一度穿くと病みつきですよ。



安武

安っていいとも! vol.38

こんにちは、安武です。



”eclectic”collectionの打ち出しもこの3連休で終了。

まだの方は是非、銀座or新宿にお越しくださいね!


自分でバイイングしたものは自分で着る!

ということで、自腹買いしたアイテムたちをご紹介です。

Vest:CINQUANTA(チンクアンタ)

Knit:SCAGLIONE(スカリオーネ)

Shirts:BAGUTTA(バグッタ)

Pants:Levi's(リーバイス)

Cap:CRUCIANI(クルチアーニ)

Muffler:ZANONE(ザノーネ)

Shoes:PARABOOT(パラブーツ)



ライトグレー、ベージュ、ホワイトでまとめたコーディネート。

淡い色目ですが、ムートンやミドルゲージニット、ブークレのマフラーなど冬らしい素材感のもので構成することで、

決して寒々しく見えないはず。(僕の顔がなんか寒そうですが...)


リアルムートンを使用したベストは、細かい所までミリ単位で修正した別注モデル。

ポケットの位置や着丈、身幅、ネックの幅、胸ポケットの配色など、とことんこだわりました。


そして、ニットはSCAGLIONEに、これまた別注したサイドスリットが特徴のニット。

このスリットの深さ、西口と夜な夜なミーティングをしながら「あと数ミリ深く!」とか言いながら作り上げました。

5ゲージのリブもハリがあって良い感じです。

見えないですが、ラグランスリーブになっているので、一枚で着る際もリラックス感を演出できます。

このサイドスリットから見えるのは、プルオーバーシャツの裾。

フルオープンシャツの前立てではなく、プルオーバーシャツのシンプルな裾っていうのがポイントです。

これで前立てが見えているとちょっとうるさい&Tシャツのようなスクエアな裾だとちょっと違うんだよな〜


自分なりのこだわりレイヤードです。



この場合、渡り幅の太いパンツがしっくりきます。

今日穿いたのは、Levi'sのウィメンズのペグトップモデルをシルエット補正したオリジナル。

最近、晴れた日はこればっかり穿いてます。



安武