2019.05.14
イベント商品

BEAMS JAPANが名古屋にフォーカスする「大名古屋展」名古屋と新宿で開催。地元企業と共同開発した商品も発表。連動企画・名古屋グランパスの「鯱の大祭典」では、Jリーグユニフォームを初デザイン!

株式会社ビームスは2019年7月20日(土)より、名古屋の魅力を紹介するイベント「大名古屋展」を名古屋および新宿のBEAMS店舗で開催し、地元企業や事業者とともに開発した商品などを発売するほか、連動企画である名古屋グランパス主催の「鯱の大祭典」では、ビームスが初めて手掛けたJリーグユニフォームをお披露目します。

日本各地の魅力をキュレーションして発信するBEAMS JAPANは今回、名古屋に着目しました。古くは城下町として栄え、各種の産業が発達してきた名古屋はさまざまなものづくりの拠点です。また近年では、「名古屋めし」と称される名古屋独自の食文化も人気を集めています。今回BEAMS JAPANは地元の企業や事業者とともに名古屋の魅力あるモノやコトを紹介する「大名古屋展」を企画。本企画のために開発した各種のプロダクトを発売するほか、BEAMS的ナゴヤの巡り方を提案するフリーペーパーも発行します。

またビームスは、株式会社名古屋グランパスエイト(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:小西工己)が「大名古屋展」と同時期開催する「鯱の大祭典」にも特別協力。会期中の4日間、名古屋グランパスの選手が着用するユニフォームデザインを、<ユニフォームサーカス ビームス>のデザイナー・水尾旅人が手掛けました。この記念ユニフォームのレプリカは、7月20日(土)、8月24日(土)の2試合で来場者全員に計6万枚配布予定です。ビームスがJリーグのユニフォームをデザインするのは今回が初めてです。

本企画は、ビームスならではのアイディアと手法で地域活性化を試みるBEAMS JAPANの取り組みの一環です。 「大名古屋展」と「鯱の大祭典」という同時開催される二つのイベントを通して、多くの人がその魅力に触れる、地元の方々があらためて名古屋を誇りに思う、そんな機会を名古屋グランパスとともに創出します。

※「大名古屋展」は名古屋市の応援事業に認定されています。

開催期間/開催店舗
7月20日(土)〜8月12日(月・祝)/ ビームス 名古屋
7月20日(土)〜9月3日(火)/ ビームス ジャパン
7月20日(土)〜7月31日(水)/ ビームス ニューズ
各種コラボレーションアイテムの販売
コラボレーション企業
株式会社 名古屋グランパスエイト / イチビキ株式会社 / カクダイ製菓株式会社 / シヤチハタ株式会社 / スジャータめいらく株式会社 / 株式会社 中外陶園