2014.03.26
商品

ビームス創造研究所が「復興デパートメント」とコラボレーション KENDAMA TOHOKU プロジェクト

BEAMSは、ビームス創造研究所と、ヤフー株式会社の運営する「復興デパートメント」とのコラボレーションで、東日本大震災の被災地 復興支援を目指して商品を開発しました。

5東北各地の工房やブランドによる確かなものづくりに、話題のクリエイターによるデザインを掛け合わせ、今世界中で流行するけん玉やその周辺雑貨を企画しました。名付けて「KENDAMA TOHOKU」プロジェクト商品は5月初旬、「ビーミング ライフストア by ビームス(B:MING LIFE STORE by BEAMS)」各店及び「復興デパートメント」で発売します。企画ディレクションにあたったのは、ビームス創造研究所シニアクリエイティブディレクターの南馬越一義です。

復興デパートメント URL:www.fukko-department.jp/mono/kendamatohoku.html

STREAMER COFFEE × 山形工房 けん玉 

¥4,000+税
球体に迷彩柄をコーティングする技術は日本唯一のもの

mina perhonen × 南三陸ミシン工房 けん玉巾着袋

けん玉を安定して収納するユニークな形

けん玉
競技用けん玉を生産する山形工房(山形県)のけん玉に、以下クリエイターのデザインを施します。
・430 NOB(BMX チーム「430」ライダー兼 MC、現在のけん玉ブームの火付け役)
・宮藤官九郎(映画監督)&伊賀大介(スタイリスト)
・ミナ・ペルホネン(アパレルブランド)
・ストリーマーコーヒー(コーヒーショップ)※この商品のみ現在販売中
けん玉用巾着袋
ミナ・ペルホネンのデザインによる巾着袋を、南三陸ミシン工房(宮城県)で活動する女性たちが縫製します。
ネオプレンバッグ
マリンスポーツのウェアやギアを生産するモビーディック(宮城県)が、ウェットスーツに使われるネオプレン素材で クラッチバッグを作ります。
会津木綿のアパレル
会津地域に伝わる伝統工芸である会津木綿を素材とした手仕事事業 IIE(福島県)が、430 NOB のアパレルブランド fourthirty がデザインした T シャツ、ショーツ、バッグを作ります。