ビームスが提案するキーワードを、
『オトナミューズ』モデルがセルフスタイリングで紹介。
今月のテーマは、ニット。
「ニット自体が可愛いから1枚でいいかも」と<RBS>のニットを手に取った竹下さん。
これは、世界一似合ってる疑惑!

Photograph_YUJI TAKEUCHI[BALLPARK]
Hair & Make-up_KYOHEI SASAMOTO[ilumini.]
Styling & Model_RENA TAKESHITA

Knit of the only fate

「運命のニットに出会いたい」——言葉で言うのは簡単ですが、出会いは困難を極めます。大人になるとさらに難易度は上がり、なんとな〜く無難なデザインを選びがち。そんな方にこそビームスのオリジナルブランド、<RBS(アールビーエス)>のニットを推薦します。
上質な素材に大胆なデザインを施し、カジュアルでもコンサバでもない独自の世界観を確立。<RBS>、実は毎年ニットがとっても人気なんです!竹下さんが1枚で勝負したこちら、萌え袖と呼ぶには広がり過ぎのフレアスリーブ、デニムともキレイめパンツとも合う清潔感のあるウールなど、まさに大人向き。1枚でサマになるこのニットに、運命感じちゃってください!

緩やかに広がるスリーブ、縫いっぱなしのようなところどころ飛び出した糸、ざっくりとした編み……「これは、1枚でいきましょう!」と2秒で決めた竹下さん。こんなにガーリーなのに決断はすこぶる男前でした。
ニット ¥17,000+tax(RBS)

ビームスが提案するキーワードを、『オトナミューズ』モデルがセルフスタイリングで紹介。今月のテーマは、ニット。「ニット自体が可愛いから1枚でいいかも」と<RBS>のニットを手に取った竹下さん。これは、世界一似合ってる疑惑!

Photograph_YUJI TAKEUCHI[BALLPARK]
Hair & Make-up_KYOHEI SASAMOTO[ilumini.]
Styling & Model_RENA TAKESHITA

Knit of the only fate

「運命のニットに出会いたい」——言葉で言うのは簡単ですが、出会いは困難を極めます。大人になるとさらに難易度は上がり、なんとな〜く無難なデザインを選びがち。そんな方にこそビームスのオリジナルブランド、<RBS(アールビーエス)>のニットを推薦します。

上質な素材に大胆なデザインを施し、カジュアルでもコンサバでもない独自の世界観を確立。<RBS>、実は毎年ニットがとっても人気なんです!竹下さんが1枚で勝負したこちら、萌え袖と呼ぶには広がり過ぎのフレアスリーブ、デニムともキレイめパンツとも合う清潔感のあるウールなど、まさに大人向き。1枚でサマになるこのニットに、運命感じちゃってください!

緩やかに広がるスリーブ、縫いっぱなしのようなところどころ飛び出した糸、ざっくりとした編み……「これは、1枚でいきましょう!」と2秒で決めた竹下さん。こんなにガーリーなのに決断はすこぶる男前でした。
ニット ¥17,000+tax(RBS)

RBS BRAND SITE

2018年秋冬シーズンの最新ルックをご紹介しています。
詳しくはこちら

お気に入り