この春、洗練された大人向けのレーベルに生まれ変わった<BEAMS LIGHTS(ビームス ライツ)>。ラグジュアリー × カジュアルを掛け合わせた造語“LUXUAL(ラグジュアル)”をキーワードに手の届くラグジュアリーアイテムをそろえるレーベルで、人気スタイリスト風間ゆみえさんが気になるアイテムをピックアップ。春の気分と自分らしさをまとえる、大人のコーディネートを提案します。

羽織るだけでこなれるリネンジャケット

羽織るだけでこなれるリネンジャケット

  • POINT① 視線が集まる顔周りは明るい色づくしで春を呼び込む。
    POINT② 着こなしが際立つナチュラル×メタリックの法則。

  • POINT① 視線が集まる顔周りは明るい色づくしで春を呼び込む。
    POINT② 着こなしが際立つナチュラル×メタリックの法則。

日に日に日差しが強くなる春は、顔周りをホワイト × ベージュのような明るい色でまとめるのがおすすめ。表情が明るく見えて、元気ももらえます。白のコットンTシャツに羽織ったベージュのジャケットは、ナチュラルムードが漂うリネン素材。襟付きでもかっちりしすぎないのでシャツジャケットのように気楽で、簡単にコーディネートにニュアンスを加えることができます。パンツは濃いめのブラックリネンを選んで落ち着かせ、知的な印象に寄せました。<BEAMS LIGHTS>には、こんな天然素材の心地いいアイテムがたくさん。仕上げにテイスト違いの硬質なアクセサリーを利かせると、さらにコーディネートが引き立ちます。

組み合わせ次第でタイトスカートはもっと楽しくなる

組み合わせ次第でタイトスカートはもっと楽しくなる

  • POINT① タイトスカートは初夏らしくTシャツで外すのも素敵。
    POINT② カジュアルコーデには華奢な小物で女らしさを加えて。

  • POINT① タイトスカートは初夏らしくTシャツで外すのも素敵。
    POINT② カジュアルコーデには華奢な小物で女らしさを加えて。

更紗模様のエレガントなタイトスカートは、テイスト違いのラフなトップスで着崩すとぐんと魅力的。ギャップのあるコーディネートは、身に着けている人を素敵に見せてくれます。ライトブルーのTシャツ × オレンジトーンのスカートという淡色同士が優しげな印象なので、斜めがけのキャメルニットやエスニックなバッグ、オレンジのシューズと、強い色を利かせてアクセントにしました。仕上げにチェーンネックレスとあえてのヒールバンプスでほんの少し女らしさを加え、ギャップを楽しむコーディネートです。

コーディネートに深みを加えるロングジレの力

コーディネートに深みを加えるロングジレの力

  • POINT① シンプルコーデはロングジレを羽織るだけで様になる。
    POINT② 個性的なテイストを散りばめると良きスパイスに。

  • POINT① シンプルコーデはロングジレを羽織るだけで様になる。
    POINT② 個性的なテイストを散りばめると良きスパイスに。

ロングジレは一着あると便利なアイテム。例えばコットンリネンが心地いいバンドカラーシャツにセミフレアの美脚パンツを合わせて、上からレザーのロングジレをレイヤードすれば、シンプルコーデにリズムが生まれて、たちまちおしゃれ度がアップします。真夏はタンクトップに重ねれば、大人の上品な肌見せも思いのまま。かごバッグにはボヘミアンテイストのバンダナを巻いて、ロングジレのコンチョボタンとリンクさせました。アイテム同士をリンクさせるのも、コーディネートの完成度を高めるテクニックです。

大人のサロペットはモノトーンで辛口に

大人のサロペットはモノトーンで辛口に力

  • POINT① 全身ブラックでサロペットの子どもっぽさをオフ。
    POINT② ラフなコーデにはかっちりバッグでメリハリを。

  • POINT① 全身ブラックでサロペットの子どもっぽさをオフ。
    POINT② ラフなコーデにはかっちりバッグでメリハリを。

子どもっぽく見えることもあるサロペットは、全身ブラックでまとめるとキリっと大人っぽくまとまります。足元はトングサンダルで肌見せしてブラックの重たさをオフし、ポジティブなイメージに変換。サンダルの代わりに、スキントーンに近いベージュのパンプスを履いても、メンズライクなサロペットとメリハリが利いて素敵です。アクセサリーはシルバーならモダン、ゴールドならフェミニンな印象になるので、その日のマインドで選んでみては? こうしたラフなコーディネートには、ボックス型のようなかっちりしたバッグを合わせるのが今の気分です。

女らしいスカートはテイストミックスでさらに引き立つ

女らしいスカートはテイストミックスでさらに引き立つ

  • POINT① 一枚で気持ちが華やぐプリントスカートを味方に。
    POINT② 方向性の異なるスウェット×パンプスのギャップで魅せる。

  • POINT① 一枚で気持ちが華やぐプリントスカートを味方に。
    POINT② 方向性の異なるスウェット×パンプスのギャップで魅せる。

たっぷり施したギャザーが女心をくすぐるコットンスカートは、木漏れ日のようなリーフプリントが好アクセント。夏を予感させるアフリカンテイストのプリントは、身にまとうだけで気持ちを上向きにしてくれます。こんなスカートにはニットを合わせるのがセオリーですが、きれいにまとまりすぎて面白みに欠けることも。スポーティなスウェットのように、方向性の異なるアイテムをスパイスにしたほうがずっとモダンです。足元にはロングスカートと好バランスなパンプスで、スウェットとのギャップを思いきり楽しんで。

レンド感が加速するシャツ×デニムスタイル

レンド感が加速するシャツ×デニムスタイル

  • POINT① 春色のオーバーサイズシャツは肌見せでもっと垢抜ける。
    POINT② ブラックの差し色小物は春らしい軽やかな素材感が鍵。

  • POINT① 春色のオーバーサイズシャツは肌見せでもっと垢抜ける。
    POINT② ブラックの差し色小物は春らしい軽やかな素材感が鍵。

今年らしいラベンダーカラーのシャツに、ほどよく色落ちした切りっぱなしのデニムをコーディネート。オーバーサイズのシャツは袖をラフにまくり、肌を見せるとこなれて見えます。こんなカジュアルスタイルには、ブラックの小物をきりりと利かせると爽やかさが引き立って好印象がアップ。ここではスエードにパンチングを施したフラットシューズと、ジュート素材のストライプバッグという、ブラックでも軽やかな素材を選んで春を意識しました。ピアスとバングルはシャープな印象に導くシルバーをセレクト。シルバーはラベンダーと相性のいい色でもありおすすめです。

デニムジャケットは質感の異なるボトムで外して

デニムジャケットは質感の異なるボトムで外して

  • POINT① トップス×ボトムスは異素材ミックスでこなれる。
    POINT② リラックスしたコーデにはメタルで緊張感をプラス。

  • POINT① トップス×ボトムスは異素材ミックスでこなれる。
    POINT② リラックスしたコーデにはメタルで緊張感をプラス。

ゆとりのあるビッグシルエットが今どきなデニムジャケットには、あえてサテンパンツのような異素材をミックスすると引き立ちます。バッグはカジュアルすぎないレザー素材をセレクトしました。こんなリラクシングなコーディネートは、アクセサリーなしでは物足りなく見えることも。メタリックなピアスやバングルで艶めきをプラスすると、大人っぽく洗練されます。小物は白のサンダルとベージュのバッグで服と馴染ませましたが、ともにブラックでそろえればクールな印象に振ることもできます。

プリントワンピ一着でリゾートからタウンまでカバー

プリントワンピ一着でリゾートからタウンまでカバー

  • POINT① リゾーティなワンピはブラックを差すと都会顔に変身。
    POINT② おしゃれがわかっている人に見えるトーンずらしのテクニック。

  • POINT① リゾーティなワンピはブラックを差すと都会顔に変身。
    POINT② おしゃれがわかっている人に見えるトーンずらしのテクニック。

一見インパクトがある更紗模様のワンピースは、じつはワントーンで着こなしやすい。海に出かけたくなるリゾーティなワンピースなので、タウンユースするならタッセルベルトのようなブラックのベルトで引き締めると、都会の景色に溶け込みます。バッグはピンクのレザートートを選んで、ワンピースのプリントカラーに馴染ませました。人はアンバランスなものに心地よさを感じるものなので、ワンピースとバッグのトーンは少しずらして、合わせすぎないのもポイントです。

風間 ゆみえ

雑誌や広告のスタイリングをはじめ、ブランドのディレクションやプロデュース、バイイングなども手掛けるマルチなスタイリスト。女性らしさの香る、肩の力の抜けたスタイリングに定評がある。最近では植物療法のアドバイザー、フィトテラピストの資格も取得し、活躍の場を広げている。
公式Instagram @yumie_kazama

【vol.02】スタイリスト風間ゆみえさんがアドバイス!等身大のラグジュアリーがそろう<BEAMS LIGHTS>で作る初夏のスタイル

特集ページはこちら

お気に入り