「自分にとって心地いい服を着る。でもスタイルがよく見えることは大前提」。そう語る、ライフスタイルプランナー・長屋なぎさがBEAMS LIGHTSと初のコラボレーションアイテムを発表。身長155cm。小柄な彼女が5着のアイテムに込めたシルエットへのこだわり、スタイリング術を紐解いていく。

ラクしながらスタイルUPを叶える



ハイウエストで、お尻の丸みを拾わず、美ラインなニットパンツ。編み地がシンプルだから、もこもこジャケットや古着風のTシャツなど、“大人の遊び心”を受け止めてくれます。今年ならブーツINして、モードに愉しむのもいい。

PANTS BEAMS LIGHTS × nagisanagaya ¥14,000+tax
KNIT KiiRA ¥34,000+tax
T-SHIRT SEA ¥14,000+tax

冬こそ、素材のメリハリを生かすべき



冬にレースのコットンワンピースを着るのがロマンティックで好き。でもほっこり見えない“都会感”は意識したいですよね。ケーブル編みベストを重ねたり、タートルニットをINしたり。異素材MIXが、メリハリアップに効くんです。

ONE-PIECE BEAMS LIGHTS × nagisanagaya ¥23,000+tax
KNIT VEST UNFIL ¥29,000+tax
TURTLE NECK KNIT BEAMS LIGHTS ¥14,000+tax

黒をつなげて、すっきり格好よく!



フェミニンな印象のレースワンピースも、黒なら程よく辛口に着られます。ショート丈のニットで視線を上げつつ、胸元からワンピの“黒”をちらりと見せることでスタイリングに統一感を。ラフな休日は、お気に入りのスニーカーにチェンジ。

ONE-PIECE BEAMS LIGHTS × nagisanagaya ¥23,000+tax

ショート丈ニットで、目線を上に



ハイウエストのベルトデザインが格好いいタックパンツ。マニッシュなアイテムは、冬のクリーミーグラデーションで着るのが素敵。重ねた白Tやニットを短めにすると、目線が上に向いてすっきり見えます。実はウエストの後ろがゴムで、楽チンなのもポイント。

PANTS BEAMS LIGHTS × nagisanagaya ¥17,000+tax

360°美ラインのチェックコートを主役に



着るだけでマニッシュな佇まいを生むチェックコート。小柄な女性が“着られた感じ”にならないよう、シルエットは徹底チェック。肩のシルエットをフィットさせることで裾にかけてのコクーンラインが美しく広がるすべてが理想の一枚です。

OUTER BEAMS LIGHTS × nagisanagaya ¥34,000+tax

イマドキで脚長効果のある2WAYを



ロングコートのジップをはずせば、ショートブルゾンに早変わり。絶賛子育て中の今、アクティブに動けることが大事。着丈がかなり短い、ボックスシルエットは、今っぽく“普通”に見えず、脚長効果も狙えます。色落ちしたデニムを合わせてメンズっぽく。

OUTER BEAMS LIGHTS × nagisanagaya ¥34,000+tax

縦ラインを意識した“オールブラック”



カットソーとニットケープを重ねて愉しめるセットアップ。これだけで“頑張らないオシャレ”が叶います。アシメトリーなカッティング、ALLブラック、ロングネックレスで演出した縦長シルエットなど、すべてがスタイルUPの秘訣。

PULLOVER BEAMS LIGHTS × nagisanagaya ¥16,000+tax

長屋 なぎさ/ライフスタイルプランナー
1986年、岐阜県生まれ。アパレル会社でeコマース、PRを担当した後、ハワイへ。27歳でライフスタイルプランナーとして独立。現在日本を拠点に、企業ディレクションや商品企画、ビジュアル監修など、多岐にわたり活躍中。スタイルブック『155cm STYLE』シリーズほか、2020年5月に『小柄な大人の一生おしゃれでいられる10のルール』を発売。
@nagisanagaya

Photo / Osami Watanabe Text / Rie Yokoyama

お気に入り