ペインターアーティスト・山崎由紀子による個展 『PAINT(ing)-COMPLEX』を開催

2019.03.22

「トーキョー カルチャート by ビームス」では、コラージュの手法を用いて構成したモチーフをペインティング作品に昇華させるアーティスト・山崎由紀子による個展『PAINT(ing)-COMPLEX』を開催します。

会場では新作の展示作品をはじめ、<トーキョー カルチャート by ビームス>限定デザインのTシャツ等も販売。さらには公開制作を行い、会期中に大作を完成させます。貴重な制作シーンをお見逃しなく!

ー 作家より本展によせて
なぜ画像を重ねた絵を描くのかと、聞かれることがあります。なぜだろう。
昔から自分のオリジナリティをどうやって作品に入れ込めばいいのかを、ぼんやり考えていました。
イラストレーターとして必要になる「決まった絵柄」みたいなものも特に見つけられず、でも描きたいものは周りに溢れていたので、とりあえず自分が気持ちいいように手を動かしていたら、イラストレーターでもないし現代美術にもハマってるのかわからない、今みたいな作品が増えていきました。ネット上に沢山流れている画像をサンプリングして、一度完成モデルとしてデジタルコラージュを作り、それをキャンバス上に表現するという方法で描いていますが、モチーフをコラージュさせる表現は、具象にも抽象にも寄せられるし、その時々で色々実験できるのが、移り気な自分のスタイルに合っていると思います。

今回の展示はあらためてペインターとして自分と作品の付き合いの関係を考えて、 タイトルを『PAINT(ing) -COMPLEX』にしました。 絵を描き続けないといけない事はある意味呪いだけど、絵があるから救われる瞬間もあると思っています。

開催期間
2019年3月29日(金)〜4月10日(水)11:00〜20:00
※会期最終日は18:00までの営業となります。
開催店舗
トーキョー カルチャート by ビームス
オープニングパーティ
3月29日(金)18:00〜20:00
LIVE(19:00〜)出演:MAMMOTH

山崎由紀子(やまさき・ゆきこ)

ネット上で気になった画像を集めまくり、コラージュの手法を用いて構成したモチーフをペインティングとして完成させるプロセスで、現代的・現在的な作品を描く。京都府出身。
http://zakiyamabun.tumblr.com

MAMMOTH(マンモス)

破壊したオモチャや改造ラジカセ、植物から集音した電磁波やカメラのシャッター音などをリアルタイムに操作・演奏してノイズビートを繰り出す日本シンセサイザーノイズHOPグループ。宙J理論に基づくHIP HOPの視点から現代音楽を解釈する希少な存在。
https://ja-jp.facebook.com/mammothnoise

お気に入り