『SOUL TIME in TOKYO』Photo exhibition by Roger Bong「TIME AND A HALF」を開催

2019.05.17

ALOHA GOT SOULのレギュラーパーティである「SOUL TIME in HAWAII」の東京版、『SOUL TIME in TOKYO』が今年も開催されます!

「トーキョー カルチャート by ビームス」では、ALOHA GOT SOULの中心人物、ロジャー・ボングによる写真展「TIME AND A HALF」を開催。また、エクスクルーシヴなスペシャルTシャツのリリースや、レコードを始めとしたALOHA GOT SOUL関連商品の販売を行います。

5月24日(金)17時から行われる入場無料のオープニングパーティでは、ALOHA GOT SOULに加え、DISCO MAKAPUU、HAPPFATによるDJが。そして、ALOHA GOT SOULが新たにサインしたシンガー、MARIANNE ITO(マリアンヌ・イトウ)による国内初のライブが行われるというエクスクルーシヴな内容となっています。

昨年、一昨年と大盛況で幕を閉じた『SOUL TIME in TOKYO』、ぜひ今年もGOOD VIBES ONLYな時間をお楽しみください。

開催期間
2019年5月24日(金)〜5月29日(水)

11:00〜20:00(会期最終日は18:00までの営業となります。)
開催店舗
トーキョー カルチャート by ビームス
オープニングパーティー
日時:5月24日(金)17:00〜20:00
DJs:ALOHA GOT SOUL、DISCO MAKAPUU、HAPPFAT

ALOHA GOT SOUL

ハワイ・ホノルルをベースに「Music From Hawaii」を提唱するレーベル、DJコレクティヴ。
DJ MUROのMIX TAPED“HAWAIIAN BREAKS”に衝撃を受け、70s~80sを中心としたハワイ産ソウル・ファンク・ディスコ、AORをレコメンドするブログをスタートし、2015年にレーベルを始動。ハワイアン・レアグルーヴの激レア盤、MIKE LUNDY“Rhythm of Life”の7インチカットアウトという仕事で、世界中のヴァイナル好事家に衝撃を与えた。その後もUKの名門レーベルSTRUTからハワイアン・レアグルーヴの名曲をコンパイルした編集盤をリリースや、自身のレーベルからAURA、AIKO、ÆOLUS、PHASE 7、NOVA等の良質なリイシューを継続。そしてシンガー、NICK KUROSAWA(ニック クロサワ)のデビュー盤「ELECTRO BOOGIE FUNK JAM」の良盤を連発するFRNTBZNZZ(フロント・ビジネス)、ハワイ産バレアリックDUB、JAH GUMBY(ジャー・ガンビー)、持ち前の慧眼で個性豊かなアーティストを世に送り出しているインディペンデントレーベル<カクバリズム>と共同リリースを行ったYOUR SONG IS GOODの“Coast To Coast EP”など、多彩な現行アーティストのリリースも活発となり、「Music From Hawaii」の面白さを世界に発信すべく日夜進化を遂げている。

お気に入り