ピンクリボンキャンペーンを実施中!

2019.10.16

BEAMSでは2019年10月、乳がんに関する理解と早期発見を支援するピンクリボンキャンペーンを実施します。

BEAMSがこの活動に取り組むきっかけとなったジュエリーブランド<Quelle Chance>のShoko Yamabukiさんへお話を伺いました。

Q: 2007年からスタートしたアクセサリーブランド<Quelle Chance>に込められた思いとは?

ケルシャンス=最高にラッキーの意味
人を癒すサプリメントの様なジュエリー作りをしています。 平穏を願う日も、成功を掴む日も、ケルシャンスのジュエリーが喜びの扉を開け、見守る。そんな思いが作品にこもっています。


Q:山吹さんにとってジュエリーとは?

お化粧と同じように、身に着ける事で華やかになり美しさと私らしさというパワーそして自信を頂ける気がします。

Q:3年前からBEAMSと取り組んでいるピンクリボンキャンペーンについて教えて下さい。

私は2014年の夏に乳がんステージ4(末期がん)だと診断され余命は3年位と告げられました。生きている間に自分のしてきた仕事で人の為になる事をしたいと考え、始めたのが『Keep Calm & Carry On』=落ち着いて挫けずに前進しようという意味を込めたアクセサリーを作り、売り上げの一部を寄付するという活動です。乳がんの治療は初期であっても10年に及ぶ治療が必要です。啓発のみならず、同病の人には励ましにもなることを願って活動を始めましたが、より多くの人に伝える為に20年近くお世話になっているビームスにご協力をお願いしました。ビームスと取り組んで3年になり、お陰様で私は余命を超え今年で闘病5年が経過しました。

Q:今回なでしこジャパンが代表活動期間中にブレスレットを着用してくれました。新しい取り組みになったと思いますがいかがですか?

私を含め辛い治療をしている患者の皆様にも力強い応援になったと思います。そしてなでしこジャパンの選手の皆様にもこのブレスが 今後も啓発となりお守りとなってくれたら嬉しいです。
> ピンクリボンブレスレット ¥3,000(+tax)

『ビームスはなでしこジャパン(サッカー日本女子代表)のアパレルプロバイダーです。』

毎日頑張る女性が、その家族が、一人でも多く、いつまでもハッピーでいられますように。そんな思いを込めて、乳がんのことを意識するためのきっかけを作るべく、今年も国内店舗(一部除く)の全ての女性用試着室にセルフチェック(自己触診)ガイドを掲出し、店頭では同じ内容のフライヤーを配布しています。
ご自宅でも、下記セルフチェックガイドを見ながら簡単にチェックできます。 いつもの感触を覚えて、小さな変化を早く感じ取りましょう。

セルフチェック方法

東京都福祉保健局 『乳がん検診リーフレット』より一部引用 / イラスト:SHINCHI KENRO

鏡に向かい、次の姿勢をとり、乳房の変化をチェックします。
・両腕を高くあげる
・両腕をまっすぐに下ろす
・両腕を腰にあてる

3〜4本の指をそろえ10円玉大の「の」の字を書くようにして、乳房全体をゆっくり触ります。
特に、乳房の外側上部に注意しましょう。

脇の下もチェックします
*仰向けに寝た姿勢やお風呂に入った時、石けんのついた手で触るとしこりがわかりやすくなります。

Shoko YamabukiさんがBEAMS TOKYO CULTURE STORYにゲスト出演されます!

BEAMSのコミュニケーションディレクター 土井地博が、様々な分野で活躍しているゲストを迎え、影響を受けたファッション、音楽、アートなどのカルチャーから、ゲストの「こだわり」を紐解き、その人の未来のクリエイションを共有していく1週間のトーク番組です。

>> BEAMS TOKYO CULTURE STORY

お気に入り