MEMES TOKYO POP UP STORE 『Pickup』を<TOKYO CULTUART by BEAMS>にて開催!

2021.10.29

高木完がプロデュース、多くのファンが注目するオンラインサイトMEMES。今年4月に開催された第一回のPOP UP STOREでは、多くのお客様にご来店いただきました。そして早くも第二回目のMEMES TOKYO POP UP STORE 『Pickup』を期間限定でオープンします。
今回も会場では高木完が所有するレコード、書籍、雑誌等を展示販売(今回の目玉は1970年代から80年代初頭にかけての海外PUNK/NEW WAVEのZINE&新聞!)加え<TOKYO CULTUART by BEAMS> × MEMESのコラボ商品も登場します。

MEMESとは?

今年還暦を迎える高木完の歴史を振り返るべく自身が幼少期よりセレクトし続けてきた書籍、レコードを中古販売するオンラインストアが2月にオープン致しました。見所は、商品はもちろんの事、日々の商品にまつわるブログや気まぐれに更新するプレイリスト。“完歴”高木完が発信する“MEME”を是非とも感じ取って頂きたいサイトとなっています。

高木完

1979年に日本初のパンクロックレーベル『ゴジラレコード』より『FLESH』のボーカリストとしてデビュー。
1984年にツバキハウスでDJ活動を始める。
1988年には日本初のクラブミュージックレーベル&プロダクション『MAJOR FORCE』を、藤原ヒロシ、屋敷豪太、工藤昌之、中西俊夫と設立。
90年代はソロアーティストとして活躍し、ソロアルバムを5枚リリースする他、様々なアーティストとのプロデュース、プロジェクトに参加。
2018年、30周年を迎えた『MAJOR FORCE』を再始動。
2020年、J-WAVEで 毎週火曜深夜に『TOKYO MAADSPIN』のナビゲイターを担当し、話題となっている。
2021年2月フェッティーズ のNEKOとオンラインショップMEMESを開設。

NEKO

2013年、SMの素晴らしさを世に広める為、“にこにこSM”をテーマにSMアイドル『フェッティーズ』を立ち上げる。地下アイドルとして活動。
2019年、高木完からフェッティーズに声を掛けられるもコロナの影響で諸々予定が狂い、フェッティーズは休止となる。が、 2021年2月、高木完と、氏が所有していた中古レコードと古書のオンラインショップMEMESをオープン。企画、デザイン、運営を担当。現在女王様DTMソロアーティストとしても活動中。

※新型コロナウィルスの影響により、営業日や営業時間を変更する場合がございます。各店舗までお問い合わせください。
開催期間
2021年11月5日(金)〜11月17日(日)
開催店舗
ビームス ジャパン 4階

注意事項

・入場時に手指消毒の徹底をお願いいたします。
・入場時はマスク着用の徹底をお願いいたします。マスクを着用していないお客様は入店をお断りする場合がございます。
・咳、発熱、息苦しさ、だるさ、頭痛やのどの痛み、においや味がいつもと違うなど体調のすぐれない場合は来場をご遠慮ください。
・店内混雑時にはスタッフの判断で入店を制限させていただく場合がございます。予めご了承ください。
・店内では大きな声での会話はお控えください。
・店内では他のお客様とのソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。

ご理解、ご協力の程よろしくお願いいたします。

お気に入り