• image

2019.05.29

希少なミルクガラスを使った<月兎印>のマグカップです。国内の職人が丁寧に仕上げるため生産数が少なく、更に、乳白色のガラスは他のガラスのラインとは全くの別で生産されコストや手間がかかるため、日本では一部の地域でしか生産されていません。透過性のある柔らかな色合いで、飲み物を入れると季節に合った印象を示してくれる、不思議な存在感を放つアイテムです。

» このスタッフの他のフォトログを見る

お気に入り