• image

2020.05.29

すっかり暖かくなり、夏が近づいてることを感じる最近ですが、そうなるとラテンなど解放感のある音楽を聴きたくなりますね。個人的なオススメは、ニーナ・シモンの隠れた名作として知られ、遂に世界リリースされたアルバム『Fodder On My Wings』です。 1982年パリにて録音され、フランスのみでリリースされていたこともあり、知名度はあまり高くないものの、後に代表曲の一つとなった名曲「fodder in her wings」が収録されていたり、 自身もお気に入りのアルバムの1つとして挙げていたりと彼女の魅力を知るには重要度の高い一枚です。現地のアフリカ系ミュージシャン達と演奏したアフロ・ファンク、ラテン、カリプソなど幅広い楽曲を聴くことが出来ます。また、自身の父を亡くしたことをテーマにした詞を即興で加えた、ギルバート・オサリヴァンのカヴァー曲「Alone Again」など、彼女らしい心に染み入るような、繊細かつソウルフルな楽曲も複数収録されており、全て聴き終わった後に感じる爽快さと深い余韻が堪りません。

» このスタッフの他のフォトログを見る

お気に入り
使用アイテム