• image

2019.10.16

1988年シアトルで創業した「Ebbets Field Flannels」。 ネグロリーグなどを中心にヴィンテージウェアやキャップを忠実に再現することで 知られるようになり、現在はヴィンテージベースボールキャップのパイオニアとしての 地位を確立している。 ネコのワッペンはKANSAS CTY KATZが1961年に使用していたデザイン、 白熊はCERVEZERIA POLARが1950年に使用していたデザインのボールキャップです。 少しワッペンを小さくし、チェック柄のボディーを別注仕様です!

» このスタッフの他のフォトログを見る

お気に入り
使用アイテム