Chara (Artist)
Yosuke Fujiki (B GALLERY)

  • GUEST
    CHARAさん
    アーティスト

    1991年9月21日にシングル「Heaven」でデビュー。オリジナリティ溢れる楽曲と独特な存在感で人気を得る。1997年のアルバム「Junior Sweet」は100万枚を超えるセールスを記録し、ライフスタイルをも含めた“新しい女性像”としての支持も獲得。一貫して「愛」をテーマに曲を創り、歌い続け、デビュー28周年を迎えた。2020年、初の単独台湾公演、バースデーライブ2daysも決定している。

    chara_official_
  • 藤木洋介
    B ギャラリー キュレーター

    BEAMS のギャラリースペース「B GALLERY」のキュレーターとして、国内外の様々なジャンルのアーティストの展覧会の企画から運営までを務める。アジアを中心としたアートフェアへの出展をはじめ、美術館やギャラリーへの企画の持ち込み、全国の BEAMS 店舗を使用した展覧会なども積極的に行っている。

    fujiki.yosuke
Holiday Gift For...vol.two

お2人の出会いのきっかけは?

CHARAさん新宿のB ギャラリーの、展覧会の打ち合わせだったと思います。

藤木そうですね、Charaさんの活動をご紹介したくて、僕がCharaさんの事務所にお手紙を出したんです。何日か経ってお返事いただき、事務所でご挨拶したのが最初ですね。

CHARAさん私はたまたま絵本を妹と作りたいなあって考えていたときで。それもあって、一度会ってみたいなって。その節はすごくお世話になりました(笑)。

藤木いえいえ、こちらこそ(笑)。それでついに念願が叶い、昨年の12月にCharaさんの生誕50年を記念した『LITTLE HEARTBEAT』という展覧会を開催しました。その展覧会では、Charaさんが物語を書き、妹の綿引光子さんが絵を描いた同名の絵本『LITTLE HEARTBEAT』を刊行し、絵本の世界観をインスタレーションでご紹介しました。

CHARAさん絵本のイメージが、なんとなくクリスマスだったの。絵本に1曲だけ曲もつけて。

藤木Charaさんは、すごく多彩な人だなっていうイメージがずっとあって。50年の歴史みたいなものを、ほんの少しでも紹介できたらなという思いでお声掛けしたんです。少女が冒険に出るストーリーの絵本で、色々な人たち、出来事に出会って、少女が成長していく物語なんです。クリスマスも出てきますよね。

CHARAさん日本ってわりとシャイな人が多いから、ロマンティックなことに向き合うのが苦手だけど、クリスマスはそんなロマンティックなことが叶うっていうことや、信じる力を育てるシーズンでもあって。子どもの時期からそんな風に育てられると、言葉で伝えることの大切さとか、それができないときはハグをするとか、そういうことが絵本を通して伝わるといいな。

藤木歌うように作ったというか、声に出して作りましたよね。

CHARAさんそうですね。普段から歌うように話したいって気持ちがあって。同時に、話すように歌うって気持ちもあります。絵本の内容全部じゃなくても、どこかに気になるフレーズ、声に出して読んだら気持ちいいフレーズを見つけてもらえると嬉しい。それってすごく大事だから。ちょっとでも美しいなって思ったら、日常の言葉として自分の中に取り入れてみようとか。そういうことだけでもすごく楽しい。たとえばそのフレーズが理解できずにいて、しばらく経って、あるとき点と点が繋がったとか、そういうのが好きなんです。私も父親に「なんかわかんないな、これ」って思うようなアート展にたくさん連れて行ってもらったりして、多分自分の中で点をいっぱい作っていたんだと思う。

思い出深いクリスマスギフトはございますか?

CHARAさん私も藤木さんも子どもがいて、藤木さんの方がまだお子さんは小さいと思うのでサンタさんは毎年来てると思うんですけど、そういう思い出はたくさんあるんじゃないですか?

藤木そうですね。

CHARAさん自分の思い出は?

藤木妻とか、若い頃の彼女とかにギフトを贈った思い出はいっぱいありますね。サプライズでギフトを贈ることが好きなんです。7割ぐらいが失敗に終わっているんですが(笑)。けっこういいものを贈っているんですけどね…。

CHARAさん男っぽいね~それ(笑)!何あげたんだろう…?いいものって何?

藤木例えば、蝶とか昆虫の剥製とか。結構きれいなやつで、そんなにグロくないんですよ。でもだいたいこけるんですよね…。本当に喜んでくれたのは数回だと思います。付き合ったり好きになったりする人って、だいたい相手のことを理解できているって勘違いしているところがあるんですよね(笑)。

CHARAさん自分が欲しかったの?

藤木もちろん、自分もいいなと思っているんです。でも彼女の部屋にも合うんじゃないかみたいな。いや僕の話じゃなくて、Charaさんの話をしましょう(笑)。そういったギフトの思い出はありますか?

CHARAさんOvationの12弦のギターをもらったことがあった。その場でくれるのかと思ったら、「どこそこに埋めてきたから」って言われて(笑)。その相手を驚かせようっていう男心ってあるよね。「いや、取りに行くのかよ。ましてや掘りに行くのかよ!」みたいな(笑)。もらったと思ったら「ここに地図があるから見つけて」っていう、そんなノリのプレゼントがあったことをいま思い出しました。

藤木それすごいですね(笑)。

CHARAさんそのあとどうしたんだっけなあ。掘りに行ったかは憶えてないんだけど、手元にきたのだけは憶えてる。いいギターなんですけど、もう友達にあげちゃいましたね。

藤木お子さんにはクリスマスプレゼントをあげていましたか?

CHARAさん毎年あげてました。信じる力を育てるシーズンだからね。うちの子はお姉ちゃんがいま24歳で、高校1年生ぐらいの時に気付きましたね。息子からは彼が戦国武士にハマっていた頃に「サンタさんに何お願いする?」って聞いたら、「サンタさんなんでもくれるんだよね~これがいいな~!」って、見ていたパソコンの画面を覗いたら、2mぐらいの槍で(笑)。「これは危ないね~!サンタさんのあの白い袋破れちゃうね~!」とか言って、なんとか説得した思い出も。

では、選んだギフトを贈り合いましょう!

CHARAさんお〜白いブラウスだ!こんなところ(袖)にキスマーク柄も!さりげないやつですね。

藤木それちょっと恥ずかしくて言えなかったですけど。気付いていただけて嬉しいです(笑)。Charaさんは古着のイメージがあって、刺繍のものとか、冬なので羽織るものとか色々考えたんですけど、白のインナーでドレッシーにもカジュアルにもいけるものだったら、普段の洋服にも合うし、レストランとか行く時にも使ってもらえるんじゃないかなと思って。わりと真っ当なものを選ぼうとしたら、意外と派手なものになってしまいましたっていうパターンです。すみません(笑)!

CHARAさんリボンとか首元がおおぶりなデザインは、わりと似合うと思う。最初セーラー襟かと思って、けっこう挑戦だな~!って思ったけど(笑)。80年代とかこういう大きい襟が流行ったよね。中学校の時にめっちゃ着てた。

藤木あっ、たしかにおおぶりのあしらいがある服を着ているイメージあるかもしれないです。

CHARAさんまた最近こういう襟も流行ってきていて面白いですよね。たしかに古着は好きなんです。「どこに売ってるのその服?」みたいな意外性あるものが好きです。これを着てレストランに行きますね(笑)。

藤木ぜひ!

CHARAさん藤木さんは、スリムパンツとかブラックジーンズを穿いているイメージ、わりと髪も伸びたなあっていう印象もあって。革ジャンとかライダースとか、冬は寒いから巻物とかふわふわなものはどうかと思ったんです。このタートルネックはカシミヤで触ったらけっこうふわってしていて。白で中にも着やすいから、首元だけでも暖まっていると、わりと全身も暖かくなるので。私も、歌うっていうこともあって、首をすごく温めるんですよ。

藤木全然タートル着ないんですが、これからは週1で着てみようかなと思います。社内でめっちゃびっくりされると思います(笑)。

CHARAさんどうしたの!?みたいな(笑)。でも70年代っぽくていい感じ。

藤木でも本当に久しぶりに誰かからクリスマスギフトをいただきました。父親になるとあまりもらわないんですよ、実は。

CHARAさんもうちょっと大きくなると子どもからもらえるよ。

藤木楽しみです!今年ホームパーティーはされるんですか?

CHARAさん今年はどうしようかな。多分やると思うんですけど、子ども達がどうかにもよる。でもだいたい毎年、独り者の友達がうちに集まります。レストランはどこもカップルで、そういうなかでね、なかなか難しいし「うちに来て食べな」って(笑)。そういう集いの場所になってきてますね。だからパーティーが無くなると困るって言われるんで、多分あると思います。

藤木いいですね、楽しいパーティーになりそうですね。

CHARAさんそう。やっぱり、ご飯食べるのは楽しいじゃないですか。ね、みんなで美味しくて温かいものを食べるって。

Chara 初台湾単独ライブ開催決定!
<Chara Live Information>
  • Chara Baby Bump Tour 「Baby Shower」In Taipei
  • 日程:2020年1月10日(金)
  • 会場:The Wall Live House(台北市羅斯福路四段200號B1)
  • 時間:open 19:00 / start 20:00
  • チケット料金:adv.1800 / door.2000 (台湾ドル)
  • チケット購入:
    https://romanticoffice.kktix.cc/events/charaintaipei
  • チケット注意事項:
  • ・台湾プレイガイドにて販売(中国語英語対応)
  • ※台湾のプレイガイドは日本語での案内はなく、中国語英語対応となります。
    (日本からクレジットカードでの購入は可能)
  • お問い合わせ:romantictaiwan55@gmail.com(中国語英語対応)
  • ※台湾公演に関しましては上記アドレスへお問い合わせください。
  • ※お問い合わせに関しましても中国語英語対応となりますのでご了承ください。
  • Chara Birthday Live 2020
  • 日程:2020年1月22日(水)、23日(木)
  • 会場:LIQUIDROOM
  • 時間:open 18:00 / start 19:00
  • チケット料金:スタンディング 7,480円(税込)
  • お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)
  • Chara オフィシャルサイト

最新楽曲
Charaと荒田洸(WONK)のコラボでお届けする寒い冬の季節にそっと誰かに寄り添いたくなるような、
スウィートで愛が溢れるウインターソングChara×荒田洸「愛する時」を配信リリース

ビームス各店舗では、
ホリディシーズン限定のショッピングバッグや、
無料ギフトラッピングをご用意しています。
※無くなり次第終了となりますのでご了承ください

BEAMS WINTER HOLIDAYS 2019
HOLIDAY GIFT for... #2 CHARA

PHOTOGRAPHY : Daisuke Mizushima/
DIRECTION : BEAMS CREATIVE/
WEB DESIGN & DEVELOPMENT : maam.inc/
EDIT & TEXT : Rocket Company*/RCKT

BEAMS

WINTER HOLIDAYS 2019

FOR EVERYONE !

HAPPY DAYS OF CHRISTMAS

DAYS TO GO BEFORE CHRISTMAS

BEAMS

WINTER HOLIDAYS 2019

FOR EVERYONE !

HAPPY DAYS OF CHRISTMAS

DAYS TO GO BEFORE CHRISTMAS

BEAMS

WINTER HOLIDAYS 2019

FOR EVERYONE !

HAPPY DAYS OF CHRISTMAS

DAYS TO GO BEFORE CHRISTMAS

BEAMS

WINTER HOLIDAYS 2019

FOR EVERYONE !

HAPPY DAYS OF CHRISTMAS

DAYS TO GO BEFORE CHRISTMAS

読み込み中