伊野宏美|BEAMS HOLIDAY GIFT GUIDE
伊野宏美
ビームス ボーイ ディレクター
32歳
趣味:古着好きが高じて週1で高円寺に通っています。古いメンズの日本雑誌収集、戦後の日本のメンズファッション史を調べることにもハマっています。あとは、Unextとアマゾンプライムを駆使して、映画を2日に1本観ています。仕事との向き合い方:「努力は夢中に勝てない」は、社長がよく言う言葉ですが、まさに自分はそんなタイプで、良くも悪くも趣味と仕事が一直線でつながっています。平日も休日もフルで洋服のことしか考えていないので、意識的に料理をしたり映画を観たりして息抜きを。でも気づいたら結局洋服のことを考えているんですが!(笑)
伊野宏美さんが選んだギフト
ニット|BEAMS HOLIDAY GIFT GUIDE
今年はなかなか会えなかった母へ
今年はコロナの影響でなかなか会えなかったので、タートルネック好きの母に、上質なウールのニットを贈ります。ホールガーメントでつくられているので着心地もよく、飽きがこないシンプルなデザインが魅力です。普段、自分のお洋服になかなかお金をかけない母なので、永く使える洗練された一枚をあげたいなと思い選びました。パンツスタイルの多い母のワードローブにもぴったりだと思います。
ダウンジャケット|BEAMS HOLIDAY GIFT GUIDE
独立したばかりのスタイリストの友人へ
以前、ビームスのショップスタッフとして一緒に働いていた友人は、スタイリストを目指し、最近独立したので近々お祝いをしたいです。デニムにスウェット、コンバースのハイカットといったボーイッシュなコーディネートにどこかモードを取り入れたファッションが好きなので、シンプルだけどクラシックなデザインのSIERRA DESIGNSの別注ダウンを選びました。外ロケの現場も多いと思うので、付属の巾着袋にパッカブルで持ち運べる便利さもポイントです。
腕時計|BEAMS HOLIDAY GIFT GUIDE
大人になって改めて尊敬の念が湧いた父へ
料理人だった父は、仕事柄、腕時計をつけていなかったのでずっと贈りたかったもの。今年は会えなかったので、この機会に贈ろうと思います。車が好きなので、1980年代に一世を風靡したアナデジテンプのデザインなら気に入ってくれると思います。お休みの日や、気が向いたときにつけてもらえたらうれしいです。口にするのが恥ずかしくて直接伝えたことはないのですが、いままでもこれからもずっと尊敬しています。
ソックス|BEAMS HOLIDAY GIFT GUIDE
古着を愛し、古着しか身につけないこだわり屋の夫へ
ファッションへのこだわりが強く、モノを永く使い続けることを大切にして、古着しか身につけない夫。ふだんから贈り物を探すのが難しいのですが、消耗品でもある靴下なら喜んでもらえそうと思って選びました。古着ではなかなかない発色のよいカラフルな色と、上質なコットン素材のリブソックスです。味のある古着に、さりげなく合わせたら絶対おしゃれだと思います。何色か組み合わせて色合わせを楽しんでもらうのもよさそうですね。
シューケア|BEAMS HOLIDAY GIFT GUIDE
会えば話が尽きない、新社会人のいとこへ
学生時代にスポーツをやっていたいとこが、今年社会人になったので、履きなれない革靴のケアグッズをプレゼントしたいです。スーツのシワやシャツの白さなど洋服の清潔感は気にしがちですが、つま先まで気を遣える社会人になってほしいなという願いを込めて。アパレル業界で働いているわたしからの唯一のアドバイスです(笑)。大人の嗜みのひとつとしてぜひ。長年のベテランスタッフたちを満足させた伸びのよさや艶やかさが特長のBEAMS Fのオリジナルです。