Ray BEAMS BEAMS BOY
キャンプの新しいカタチ
PICK UP OUTDOOR

キャンプの新しいカタチ

2020.09.29

BEAMSが外遊びを発信するプロジェクト『HAPPY OUTSIDE BEAMS』と、日本の環境に適したトレーラーハウスを提案する〈TRAIL WORKS(トレイルワークス)〉がタッグを組み、セカンドハウスさながらのBEAMSらしいトレーラーハウスができました!

BEAMSが外遊びを発信するプロジェクト『HAPPY OUTSIDE BEAMS』と、日本の環境に適したトレーラーハウスを提案する〈TRAIL WORKS(トレイルワークス)〉がタッグを組み、セカンドハウスさながらのBEAMSらしいトレーラーハウスができました!

先日、このトレーラーハウスのWebコンテンツの撮影をかねて出張に行ったのは、長野の「ASAMA CAMP FIELD」。

生憎の霧模様でしたが、なんとか雨には降られず撮影スタート。

今回は、このトレーラーで、外遊び好きなBEAMSスタッフ4名に、実際にキャンプを楽しんでもらいました。

お料理担当は、B MAGの“澤ちゃん食堂”でお馴染みの澤田さん。

澤ちゃん食堂の料理は、パエリアでした!撮影後は、撮影スタッフ含めてみんなでペロリ。

 

トレーラー内は広々と開放的な空間になっていますが、真ん中のソファとテーブルは、上げ下げが自在。

フルフラットでゆったりとした寝室にもなるし、流行りのリモートワーク場所にも様変わり。小柄な女性なら四人が川の字で寝れちゃいます。

わたしの普段のキャンプは、テント泊かハンモック泊。もちろん、自然に溶け込む良さもありつつ、その代わりに虫との戦いや、ベッドに比べると寝心地の悪さ…などなど、不安もいっぱい。

それに比べて、トレーラーハウスは、まるで自分のお部屋がそのまま大自然の中に移動してきたよう…!そんな贅沢なことって無いですよね!!

B MAG読者の皆様は、まだ車なんて…という方も多いかと思いますが、

少しでも興味のある方はぜひ、〈TRAIL WORKS × HAPPY OUTSIDE BEAMS〉のスペシャルサイトをご覧ください!

新しいキャンプの形が見つかるかも!

詳しくはこちら

佐竹 彩

PR

最近は、断捨離にはまっています。

SHARE

おすすめのキーワード