ループウィラーの別注スウェット

( LOOPWHEELER × BEAMS PLUS  )

長〜く愛するなら

やっぱり吊り編み!

ループウィラーの別注スウェット

LOOPWHEELER × BEAMS PLUS

  • “吊り編み”スウェットは、今や週末カジュアルの定番品目。糸を無理に引っ張らずに編み上げられてるから、ふっくら嵩高だし、柔らかくて丈夫。洗濯を繰り返しても生地がヘタレにくくて、着込むうちにだんだん身体に馴染んでくるから、服好きから愛されるのも当然ですよね。ただ、そんないいとこ尽くめの吊り編みスウェットなんですが、1時間に約1m(!)編むのが限界。それもあって、実は高速編み機が普及した’70年代以降、一度パタッと姿を消していたんです。それから約30年ぶりに人気を再興させたのが、ご存じループウィラーです。1999年にブランドをスタートし、古きよき吊り編みスウェットを復活させると、これが服好きの心にスマッシュヒット!その魅力を改めて世に知らしめる契機になったんです。このシリーズは、そんな吊り編み復権の立役者とタッグを組んで、素材から一緒に作り上げた渾身作。肉感があるのに柔らかい特注のミドルウェイト生地は、独特のもちっとした着心地が唯一無二。アウターとしてはもちろん、インナーとしても活用できるように、適度にスリムなシルエットに設計しているので、真夏以外はフルで活躍してくれるはずです。
  • POINT

    “吊り編み”再興の

    旗手との蜜月コラボ

    古きよき吊り編みスウェットの人気を復権させたループウィラーと、素材開発から共同で取り組んだ完全別注品。柔らかさとコシを両立させた特注のミドルウェイト生地は、当然旧式の吊り編み機によってゆ〜〜〜っくり編み立てられたもの。体を優しく包むスリムフィット仕様だから、普通のスウェットじゃ味わえないもっちりとした着心地を、より堪能できるのも特筆点。

    ぷっくり膨らんだ裏毛は見た目以上に肌触りソフト。吊り編み特有のもっちり感も、リピーターを生む理由のひとつ。左袖にはお馴染みのループウィラータグもつきます。

( Staff Snap & Voice )

ダル着見えしない、すっきりとしたシルエットが特徴。シンプルなデザインなので、ディテールに凝ったパンツと合わせてもバランス良く見えますよ。

天池 隆佑(ビームス 池袋)

ライトウェイトで、ロンT感覚で着られるスウェットです。薄手だからインナー使いもしやすく、実は1年を通して一番使えるスウェットかもしれません。

柴田 佳晃(事業企画部)

CASUAL : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS