コットンツイルのベースボールキャップ

( BEAMS )

4番やエースを引き立てる

なくてはならない名脇役

コットンツイルのベースボールキャップ

BEAMS

  • 手っ取り早く休日感を出すために、帽子をかぶるのは賢い選択。それだけでさっと外出できるし、力も抜けて見えるから便利なんですよね。でも、そんな“気楽だけどお洒落♪”に見せたい目線で見ると、世の中にあるキャップ類って意外と主張が強め。ちょっと油断するとイタい事故を起こしかねないモノだってチラホラ。例えば配色にひとクセあったり、ロゴがドヤァと鎮座したり。誤解を恐れずに言えば、コレはそこに居心地の悪さを感じる人たちのための名品です。
  • WHY?

    多くは語らず仕事は確か

    ワードローブの寡黙な主戦力

    プレーンな色合いのコットンツイルを使った、単色の6パネル。ロゴもなければメッセージもなし。唯一、洗いをかけてこなれ感を強めているくらいで、自己主張はほぼ皆無です。でも、いや、だからこそどんな服にも引き立て役としてマッチして、毎日かぶってたって飽きません。クラウンの深さとバイザーのバランスも絶妙で、ちゃんとファッション性を保つギリギリところにちゃんと落ち着いています。悪目立ちしたくないけど、お洒落はしたい。そんな控えめさんたちの攻めの選択。大手を振って無地を謳歌しましょ。

    それ自体が幼いイメージのあるベースボールキャップも、ここまでシックを極めれば誰がかぶっても“大人の帽子”ですよね。

    背面のアジャスターはダブルリング式。このキャップでは数少ない、パッと見でそれだと判別できる個性がココ。

  • DETAIL

    無造作に見えて

    めちゃくちゃ計算されたフォルム

    フロントパネルには芯の入らない、昨今主流のオールドスクールな6枚ハギのスタイル。とはいえ、クラウンはクラシックすぎず今っぽすぎない程よい深さになっていて、トレンドに過剰に左右されずに取り入れられるのもありがたいポイントです。洗いの掛かったヴィンテージライクなコットンボディは、おろしたてからすでに何年もかぶっていたかのように馴染んでくれるはず。

    ベンチレーションも同色で控えめに。室内外の寒暖差などで汗ばむことも多い冬場にも、しっかりと意味のあるディテール。

    ゆるやかにカーブしたバイザー。ステッチの運針のきれいさが、質の良さを物語ります。

( Staff Snap & Voice )

黒を基調にして、全体的にシックな雰囲気にまとめてみました。スタイルを選ばない汎用性の高さが魅力なので、どんなスタイルのハズシ要員としても活躍しそうです。

野崎 亮佑(ビームス バイヤー)

寝グセを隠したいときなど、ひとつ持っておくと重宝するベーシックな帽子。インパクトのあるビッグサイズのチェックシャツも、爽やかなオフホワイトをプラスするとクリーンな印象にまとまりますよ。

杉浦 駿(ビームス Eコマース)

CASUAL : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS