フランネルのジャケット

( BEAMS PLUS )

ネイビーブレザーとは似て非なる

スポーツコートの正統ここに極まれり

フランネルのジャケット

BEAMS PLUS

  • スポーツコートって、知ってます?主に白い線で区切られ、そこから外にボールが出たらアウトになる……ではなく、着るほうの。テニスやアメフトなどが人気となりはじめた時代、それらを観戦する際にいわゆるスーツではフォーマルすぎたため、カントリースーツやブレザーなどの運動に適したジャケットが流行しました。それらは学生の街着としても浸透し、より簡略化されたのがスポーツコートです。1960年代にはアイビールックに取り入れられ、日本でも洒落者のあいだで広まりました。
  • WHY?

    オーセンティックなアメトラは

    ビジカジ兼用に最適だ

    ここまで読んでお気づきかもしれませんが、このバランス感は21世紀におけるビジカジ兼用アイテムのそれとほぼ同じ。仕事着として嫌味がなく、休日カジュアルで着るなら大人っぽく見えるのも必然なんです。前述の歴史を念頭におくと、一番おいしいのは1960年代のアメリカントラッドの仕様にならったものでしょう。となればビームス プラスの出番です。正統派のアメトラを気の利いたプラスアルファによってアップデートするのが真骨頂のレーベルですからね。ちなみによく似た服にブレザーがありますが、あちらはイギリス海軍に端を発し、正式にはメタルボタンを用いるなど、よりフォーマルな位置づけ。へぇ~。

  • DETAIL

    1960年代のスポーツコートをベースに

    フィッティングをアップデート

    ディテールはセンターフックベント、セミナローラペル、段返りの3ボタンという極めてベーシックなスタイル。さらには低めに設定したラペルのゴージライン、ハーフライニングの仕様、アメリカのスポーツコートを意識した少々前振りのスリーブなど、クラシックながらも着用すると不思議と現代でも自然になじむルックです。フィッティングのバランスを今どきに調整した、残すとこは残して変えるとこは変えるビームス プラスの手腕が光ります。

    スーパー100’sのトップ糸を原料とした、しなやかな風合いと滑らかなタッチが特徴のフラノ素材を採用。短く毛羽を残したサキソニー仕上げで、どこか温かみも感じさせる風合い。

( Staff Snap & Voice )

普段ジャケットを着る時はタイドアップで品良くキメますが、こちらの場合はニットポロを合わせてノータイに。時代に左右されないベーシックなデザインだからこそ、引き算のスタイリングが楽しめます。

吉田 淳(ビームス 辻堂)

インナーをツヤのあるニットにして、お利口なセットアップスタイルにヌケ感をプラスしてみました。パンツをチノに変えると、休日に着ても違和感のないカジュアルな雰囲気になりますよ。

坂本 翔一(ビームス 立川)

BUSINESS : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS