ジョンスメドレーの別注ニットポロシャツ

( JOHN SMEDLEY )

「ジョンスメ」なる略称が定着しているのは

圧倒的多数による支持の証

ジョンスメドレーの別注ニットポロシャツ

JOHN SMEDLEY

  • 餅は餅屋とはよく言ったもので、ニットのように専門性の高い工程を必要とするアイテムであればこそ、ニッティングを専業としているブランドから探すのが名品を手にする近道。伝統的にニット産業が盛んなのは冬の寒さが厳しい地域であり、その代表格は英国。そしてその英国でもっとも旧い歴史を持つのがジョンスメことジョンスメドレーです。
  • WHY?

    ジャケットのインにニットポロ

    この着合わせもジョンスメから

    英国王室御用達としても知られ、仕上げにいたる最終工程を手作業で行うのがジョンスメの持ち味。そのためニットの中でも糸番手の小さい(細い)ファインゲージニットの品質の高さはピカイチなんですね。そもそもこの手のファインニットを世に知らしめたのがジョンスメであり、ニットのビジネス使いを日本に定着させたのもジョンスメ(と、それを扱ってきたセレクトショップ)の功績。勝手ながらファインプレー賞をあげたいくらい。普段着としてだけでなくビジネスでも着られるニットポロを選ぶなら、オーセンティックな、その道を最初に切り拓いたフロンティアブランドを選びたいものです。

    控えめなリラックスを感じさせるイージーフィットパターンを採用。このさじ加減もファインプレーだと思う次第。

  • DETAIL

    230年以上にわたって築き上げた

    職人による手仕上げの美しさをとくと見さらせ!

    材料からニットウェアの完成まで、1枚のジョンスメドレーを作るのにかかる時間はおよそ1年。この長袖ポロはチクチクとは完全に無縁で、むしろヌメッとするくらいの滑らかさですが、それは人間の髪の毛よりはるかに細いエキストラファインのメリノウールを使用するがゆえ。この原材料を供給する羊の畜産農家の段階から深く関わっています。1784年の創業来今日に至るまで、ジョンスメドレー家によって経営され、国内工場にて生産されるからこそ、初志の英国クラフトマン精神が貫かれるのです。

    エキストラファインメリノウールは染色時の発色がよく、ナチュラルな光沢すらたたえるほど。艶やかな色味はビジネスに必要な品格をお約束!

    昨今のビジカジはもちろん、休日スタイルにもビタッとくる華やかなカラーも含むラインナップ。

( Staff Snap & Voice )

ブランドが誇るロングセラーアイテムです。私は綺麗なエメラルドグリーンに惹かれました。カジュアルなスーツスタイルでも、頭ひとつ抜けたオシャレな雰囲気になりますよ。

阿由葉 銀河(ビームス ハウス 丸の内)

ウールの滑らかな質感と相まって、黒色は特に大人っぽくキマります。カーコートの下に着るのが今の私の気分ですが、スウィングトップにデニムを合わせたブリティッシュカジュアルな装いも素敵だと思います。

伊藤 昌輝(ビームスF 新宿)

BUSINESS : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS