ストレッチフラノのトラウザーズ

( BEAMS PLUS )

コレ一本持ってりゃ

仕事服選びに悩まない

ストレッチフラノのトラウザーズ

BEAMS PLUS

  • スニーカー奨励が最たる例ですが、昨今ビジネス服のカジュアル化は進む一方。大企業を中心に、営業職などを除けば表現の違いこそあれど「仕事服のルールはない」と言っていい会社が多くなっているそうです。一方で、半ばルーティンで仕事着を選んでいた多くの人にとっては「そんな丸投げされても……」なんですけれど。
  • WHY?

    とりま、迷ったら

    一本いっとこ!

    で、ビジネスカジュアルにふさわしい服装って何?って話なんですが、結局のところ「合わせるトップスがちゃんとしてればパンツはたいがいOK」なんですね。ジャケットやシャツさえ着とけば、パンツはほぼ何でもアリ。さすがに短パンやダメージデニムなどは論外ですが。とはいえ、毎日トップスとの合わせを考えるのってぶっちゃけ面倒。そんなに深く考えなくてもコレ着ときゃ大丈夫、ってなパンツを持っていれば日々の仕事服選びが格段にラクになるのに……。ということで、コイツの出番。ポイントは「ノープリーツ」と「裾ダブル」です。

    紺、チャコール、ライトグレーにブラックウォッチと、着回し汎用性の高い色柄ばかり。

  • DETAIL

    テレワーク時代の

    “正買い”がここに

    パッと見の印象はプレーンなグレースラックスですが、プリーツなしのお顔(でもセンタークリースがあり)と、ダブル仕立てになった裾がそのキモ。これだけで仕事対応なのはもちろん、カジュアルなトップに合わせれば、テレワークの合間のワンマイルもこなせる、こなれたカジュアル感が出るんだ。ちなみに、シルエットやデザインは1960年代のスリムパンツがベース。ただし当時はベルトループがない仕様だったので、諸々の汎用性を考慮してベルトループは補いました。いかにもビームス プラスらしい、こだわり特盛りのベーシックウェアですね。

    生地は“温もりリッチ”なウールフランネル。ポリウレタン混なので伸縮性があり、巣ごもりワークにはもってこい。

    腰裏にはウエスト調整のための尾錠が設けられるなど、クラシックなディテールを残します。でもシルエットは現代的ってトコがポイントなんですよね。

( Staff Snap & Voice )

上質なフランネル素材とコントラストを抑えたブラックウォッチカラーの一本。ビームス プラスらしいクラシックなスタイリングに取り入れると、ビジネスシーンでも活躍してくれますよ。

柳井 純一(ビームス プラス 有楽町)

随所に散りばめられたクラシックなディテールに対して、シルエットはすっきりとモダンです。9分丈の強みを生かして、ハイカットスニーカーを合わせてみました。

丹羽 望(ビームス プラス 原宿)

BUSINESS : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS