ジェイエムウエストンのローファー

( J.M. WESTON )

Tシャツからスーツまで

これ1足で格上げします

ジェイエムウエストンのローファー

J.M. WESTON

  • 服飾業界人には「コインローファー最強説」を唱える人が少なくありません。こと「シーンを問わない」という汎用性の面で考えると、実際そのとおりじゃないでしょうか。ジーンズ+シャツに、ビジネスのジャケパンスタイルに、果ては軽めのスーツにと、守備範囲の広さはメジャーリーグのスター外野手レベル。フェンスを越えてホームランボールをキャッチ。塁を欲張ればレーザービームで補殺。そんな超一流の守備範囲にコインローファーを重ねてしまうのも無理からぬ話(?)じゃないかと思います。
  • WHY?

    背番号「180」が

    世界中の靴好きを魅了!

    そんなコインローファーの中でも、随一の品質と人気を誇る超メジャー級の大物(もとい、本物)がジェイエムウエストンの「180」でしょう。1946年に誕生し、当時と変わらぬ木型のまま息づく名品は、しなやかで均整のとれたプロポーションがまずもって美しい。本国パリの直営店ではキツめのフィッティングを勧められる(※革がいいからいずれは伸びて足に馴染み、まるで靴下のような履き心地になる)という逸話があります。ビームスでもこの「初恋の背伸び」的洗礼を受けた先輩諸氏がいるとのことですが、それもあってか(?)、ビームスでは今日的なフィッティングで気兼ねなく購入できますので、どうぞご安心くださいませ。

    ブランドの象徴と言っていい代表的モデルが、この「180」シグニチャーローファーなのです!

    サドル部分に切り込みを設けたデザインで、かつて学生たちがここに硬貨を挟んで履いたことからコインローファーと呼ばれるように。

  • DETAIL

    職人の手仕事を経て製靴される

    最高に“革いい”ローファー

    自社で皮革タンナーを所有するシューメーカーは、他にレッド・ウイングだけと目されるほど、革へのこだわりが深いウエストン。実際にレザーソールは自社謹製で、さらにアッパーは某老舗メゾンとウエストンにしか卸されていないと言われるデュプイ社のボックスカーフです。わずかに磨くだけで自然な光沢が放たれる宝石のような素材は、文字通り唯一無二の輝き。初恋のあの人はもとより、もしかしたら結婚指輪よりも付き合い長~くなりそうな一生モノとなることでしょう。

    高級紳士靴メーカーとして唯一、レザーソールを自社で用意。それにしても細部の仕上げが美しすぎ、そりゃあ一目惚れしちゃいますって。

( Staff Snap & Voice )

どんなスタイルにもマッチする万能靴であり、いつかは手に入れたい憧れのアイテム。リラックス感のあるニットジャケットとコットンパンツの組み合わせでも、上品なビジカジスタイルにまとまります。

吉田 淳(ビームス 辻堂)

自分的の中では、ローファーといえばこの一足。包み込むような履き心地とフレンチブランドらしいエレガントな佇まいが好みです。カントリーテイストなコーディネートにもよく馴染んでくれます。

阿由葉 銀河(ビームス ハウス 丸の内)

BUSINESS : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS