ハイゲージニットのカーディガン

( B:MING by BEAMS )

素肌に触れても気持ちいい

コットン仕立ての万能選手

ハイゲージニットのカーディガン

B:MING by BEAMS

  • 気温の安定しない季節の変わり目のデートは、何を羽織るべきか迷うもの。厚めのアウターで汗だくは論外だし、「なんか薄着だね(=天候と合ってないね。笑)」なんてガールフレンドに言われるのも、考えただけで身の毛がよだちます。で、迷った時にとりあえず選ぶべきはコレ、ちょっと薄手のカーディガンです。この薄手というのがポイントで、グランジやらアメカジやらのニオイがしない、アジよりも品行方正さを重視したものが鉄則です。
  • WHY?

    目の細かさと品格は

    この場合、比例します

    このカーディガンは、12ゲージのコットンニット製。いわゆるハイゲージの中ではハリも厚みもある方で、すっきり見えつつ、華奢になりすぎない絶妙なさじ加減がオススメの理由です。さらにウールと違ってチクチクせず、洗濯できるコットン素材なので、半袖のTシャツに羽織っても快適そのもの。そのうえ、キザったらしくならずにキレイめな着こなしができるんです。何よりこの中間色で引き立つ編み目の細やかさは、女子からの好印象へと直結するハズ。ニットの編みと彼女への連絡は密に、が間違いなさそうです。

    細番手の糸をハイゲージで編むことで、とてもなめらかで上品な顔つきに。

    胴の脇には編み目を変えた切り替えも。チラッと見える程度のさりげなさがいいんです。

  • DETAIL

    なめらか微光沢のニットは

    肌触りのよさも格別です♪

    コットン100%ながら、特殊な加工を施すことで表面の毛羽立ちを抑えて、柔らかい肌触りと落ち着いた光沢感に。シームレスなホールガーメント製法なので動いたときにも突っ張らず、裏側が素肌に触れたときのゴロ付きがほとんどないのも嬉しい所。シルエットはざっくり羽織れる少しゆったりめです。

    首元のネームタグは老舗ニットメーカーのような上品なもの。脱いだときにチラリと見えても、上品さを損ないません。

( Staff Snap & Voice )

すっきりと細身で、仕立ての良さがお勧めです。シンプルですが細かいディテールやサイズ感は着ればわかる高品質です。

神矢 直人(ビーミング ライフストア by ビームス たまプラーザ テラス店)

ベーシックで着回しが利き、ホールガーメント製法による着心地の良さも特徴の1着。上質な素材感と絶妙なサイズ感で、オンオフ問わず活躍してくれます。

佐藤 嘉紀(ビーミング by ビームス セクションマネージャー)

WITHGIRLFRIEND : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS