バブアーの別注「ビデイル」

( Barbour × BEAMS PLUS )

経験者ならみんな納得?

バブアーのあの悩みを解消

バブアーの別注「ビデイル」

Barbour × BEAMS PLUS

  • めちゃくちゃ好きなんだけど、ずっとベタベタされるのはちょっと気になる。わりとルーズなところも憎めないんだけど、スマートなところも見せてくれたらもっとハマりそうなのになぁ……。付き合いの長いパートナーを見る女子たちと、クローゼットにかかる古着のバブアーを眺める我々は大体こんなことばかり考えてるような気がします。前者のほうは自力で解決していただきたいのですが、後者についてはビームス プラスが請け負いました。まず、ベタベタしがちなオイルドコットンはポリエステルコットンに変更。シルエットは現行のクラシックフィットを踏襲しているので、ゆとりは残しつつも野暮ったく見えないのがポイントです。もちろん裏地はタータンチェックで、タグにはロイヤルワラント入りの王道デザイン。つまり、“らしさ”はちゃんと残しながら意外性も感じてくれる、安心感と新鮮味に溢れる別注モデルということです。「やっぱりカッコいいよね、見直した」。男もバブアーも、これに勝る賛辞はちょっと思いつきそうにありません。
  • WHY?

    とにかく着やすさが増した

    バブアー別注

    ビームス プラスでは定番となっている別注バブアーですが、最大のポイントはシェルをオイルドコットンから変更している点。ポリエステルベースの生地にはポリウレタンをラミネートしていて、撥水・透湿・防風性も備わっています。ベタつきゼロの生地だから、彼女をギュッとしてもベタベタしません。いや、それはそれでベタベタしてるのか(笑)。それはともかく、袖口内側のリブやタグのロイヤルワラントなど、おなじみのディテールを踏襲している点もベーシック好きを安心させてくれるポイントです。

  • 裏地はもちろん、古参ファンも納得のハウスチェックのコットン製。羽織ったときにこの柄がチラッと覗くあの洒落っ気は健在です。

( Staff Snap & Voice )

2レイヤーの素材は元来のオイルドコットンに負けない撥水性があり、レインコート代わりにも。軽めの表地になったことで、シティ感を俄然出しやすくなりましたね。

清野 拳(ビームス プラス 原宿)

メンズカジュアルの大定番。ローファーなどキレイめなアイテムで元来持つ無骨さを中和させました。タイドアップしたビジネス&ドレススタイルにもOKな汎用性も魅力ですね。

木村 祐太(ビームス 新宿)

WITHGIRLFRIEND : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS