復刻ジャーマントレーナー

( GERMAN TRAINER )

大人が履くべきスニーカーは、

ずばり“モードなミリタリー”

復刻ジャーマントレーナー

GERMAN TRAINER

  • 男ってやつは、いくつになっても軍モノに弱いんです。彼女やオカンに理解されずとも、その魅力はメンズだったら必ず共有できるはず。でも、デートとなればそうも言ってられないので、女子ウケする軍モノってあったかな?と振り返ってみると、コイツがあった!ってワケ。かのマルジェラが’90年代にコレクションに取り入れて、一躍人気ファッションアイテムとなった旧東ドイツ軍のトレーニング用シューズ、そう、ジャーマントレーナーです。
  • POINT

    余計なことはしない。

    潔い復刻が◎

    朴訥としたレザー使い&ガムソールに、甲が低い昔ながらのフォルムで復刻したこの1足は、’70~’90sのオリジナルに忠実な復刻版。そのクラシックな質感ゆえか、様々なデザイナーが惚れ込んだ無駄のないデザインゆえか、その品格は革靴にだって劣りません。いい大人が大事な人と会うときに履くスニーカーなら、レアなバッシュよりもこっちのほうが断然オススメです。恋の駆け引きに臨むなら、ぜひ戦果が期待できそうなこんな足元で。某ドイツの軍人じゃないですが、恋とお洒落こそ“わが闘争”。平和にいきましょう。

    かなりナローなコットン製シューレースも、オリジナルに倣ったもの。ちょっとキツめに縛って履くと、こなれていい表情になりそうです♪

    白のイメージが強いモデルですが、黒もあります。よりクロウト感が醸し出せるかも!?

  • DETAIL

    この飾り気のなさが

    今見てもハイセンス!

    うっすらとシボの立ったカウレザーに、スエード素材のトゥガードという王道のデザイン。昔の放出品が古着屋でもチラホラ出てきますが、やっぱり新品のこのきれいさがあってこそ素材感が引き立ちます。ナローなフォルムは、旬なワイドパンツから上品なクロップドパンツまで、合わせるボトムスを選ばないのも大きな利点です。

    うっすらとシボの立ったカウレザーに、スエード素材のトゥガードという王道のデザイン。昔の放出品が古着屋でもチラホラ出てきますが、やっぱり新品のこのきれいさがあってこそ素材感が引き立ちます。ナローなフォルムは、旬なワイドパンツから上品なクロップドパンツまで、合わせるボトムスを選ばないのも大きな利点です。

    黄土色のガムソールもジャーマントレーナ―を象徴するディテール。アッパーとのコントラストが目を惹きます。

( Staff Snap & Voice )

全体をモノトーンでまとめて、モードとミリタリーを掛け合わせたスタイリングに。軍モノを取り入れる時は、自分のキャラも考慮して土くさくなり過ぎないように意識しています。

小田嶋 崇之(ビーミング ライフストア by ビームス テラスモール湘南)

高いファッション性と汎用性を併せ持つ、わがままな1足。足馴染みがよく、履き込むほどに味が出てくる革も魅力的ですね。トレンドのミリタリーアイテムとも相性◎。

佐藤 嘉紀(ビーミング by ビームス セクションマネージャー)

WITHGIRLFRIEND : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS