タートルネックのスウェットシャツ

( BEAMS LIGHTS )

ヴィンテージさながらの風合いで

大人なスウェットができました

タートルネックのスウェットシャツ

BEAMS LIGHTS

  •  「え~!なんか今日のカッコ、ちょっといい感じだね♪」。デートの際のそんな何気ない好評を獲得すべく、我々は日々クローゼットと向き合うわけです。手抜きは論外だけど、キメすぎもダメ。気張ってないけど洒落て見える、そのサジ加減が難しい。リラックスして見えるスウェットはトレンド性もあるし、デート服の最右翼だけど、できればもう少しだけお洒落感をアピりたい。だったら、こんなタートルネックなんていかがでしょう?
  • POINT

    希少な編み機で

    ゆっくりじっくり編んだ生地!

    折らずにオッ立つしっかりとしたネックに、今っぽいゆったり大きめのシルエット。ベーシックに見えつつ、一枚でシンプルに着てもちゃんとアカ抜けて見えるのがコイツの凄いところです。厚手のボディは古着好き垂涎のトンプキン編み機という希少な機械でゆっくりじっくり編み立てた生地で、空気をしっかり含みながら編まれるがゆえ、このボリューム感とやわらかさが備わるというワケ。その風合いはヴィンテージなんて知らないあのコにも特別なものだと伝わるはず。「気負ってないけどひとつウエノ男でしょ?」という自信が、首元からきっと自然に流れ出ることでしょう。

  • DETAIL

    モダンとクラシック、

    両方兼ねたミニマルデザイン

    カラーはグレーとオートミールの2種類で、どちらもレトロな杢が特徴的。ふっくらヘビーオンスのボディながら、肌触りは至ってソフトなので着心地のよさも申し分ありません。シルエットは肩が自然に落ちる昨今主流のバランスで、身頃のサイドパネルが広めボディのよいアクセントに。寒さが本格化したら、この上から大きなコートをバサッと羽織れば即座に絵になりますよ。

    生地を二重に採ったネックの厚みが、美しい立ちの秘密。現代の高速編み機に比べて10倍もの時間がかかるトンプキン編み機だからこそ、この風合いのよさが備わるのだ。

    身頃は横、脇パネルは縦に生地を使うことで、縮みを防ぐと同時にストレスのない着心地も実現。

( Staff Snap & Voice )

ややキレイめなスラックスを合わせて、キメすぎずユルすぎないイメージでコーディネートしました。レイヤード使いにも便利です!

隈元 陵(ビームス Eコマース)

スラックスとレザーシューズを合わせて渋めで大人っぽく。ダウンベストを羽織ったレイヤードにも合いそうですね。トンプキン編み特有の着心地のよさも魅力です。

齊藤 亮(メンズドレス部)

DATE : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS