トンプキン編み生地のスウェットパーカ

( BEAMS LIGHTS )

普通に見えて新鮮な

生地と形のさじ加減

トンプキン編み生地のスウェットパーカ

BEAMS LIGHTS

  • 昨今のメンズライクブームも手伝ってか、メンズのベーシックなワードローブに対して、女性陣の評価が厳しい……もとい、目が肥えてきた感があります。例えばスウェットで言えば、やっぱりテロテロよりは肉厚・がっしりがいいモノである、と彼女たちはすでに気づいています。で、定番スウェットブランドももちろんイイんですが、一見普遍的だけど、こっそりと現代的なアップデートがされているモノなら、さりげなく評価を上げることができるのでは!?という仮説のもと、こんな一着をピックアップ。そう、パッと見のインパクトで気を惹こうとするのは、拙速。ゆっくり、じっくりが、恋にもスウェット生地にも効果的かと思われます。
  • WHY?

    ゴワついてるのは見た目だけ

    こんなに厚くて、超快適

    しっかり厚手の杢グレーのスウェットに、きれいに立つ大きめフード。これぞクラシックフーディといった佇まいですが、自然と落ちる肩や過不足のないゆとり、ちょうどいい着丈と、ただのスタンダードに見えて街着としての洒落っ気ポイントもしっかり押さえています。実はこの生地、トンプキン編み機という希少な旧式の丸編み機で編まれていて、高速化された最新機に比べると同じ長さを編むのに約10倍の時間が掛かります。しかし、だからこそゆっくり空気を含んだ編みができ、厚手でガッチリした見た目でも、着心地はフワフワ。快適だからと気軽に選ぶだけで、女子からは定番を今っぽく、かつ自分らしく着こなしているように見えるわけです。Win-Winってこういうことを言うんじゃないでしょうか?

    しっかりした肉厚感が本格スウェットの風格を醸し出します。でも着心地はふんわり。

    この裏毛ループのふんわり感こそ、トンプキン編み機ならではの風合い。素肌に触れても心地よいのだ。

  • DETAIL

    分厚い生地と

    立ちのいいフード

    肉厚だから、ゆったり着るとこの通りいい感じのドレープ具合。生地を2重使いしているフード部分はへたり知らずで、コートやアウターの中に着ても首元のベストな形をキープできる。ちなみにハトメは設けつつ、ドローコードは最初からなし。なぜって、その方が格別にスマートだから。

    サイドに縦リブの切り替えが入る、お馴染みのヴィンテージ的ディテールもしっかり再現。無地でも表情は豊か~♪

    リブは太め、カンガルーポケットは狭め。わかる人にはわかる、このイナタいバランスがクールさの鍵。

( Staff Snap & Voice )

シンプルなパーカですが、縫い目のディテールなどに遊び心があって存在感◎。ラフな着こなしでもこなれ感を演出できるので、デートにぴったりだと思います。

植木 光弥(ビームス ライツ 渋谷)

グレーのワイドパンツを合わせてクリーンな印象に。ヴィンテージスウェットのような、小さめのカンガルーポケットがお気に入りです。レザーパンツと合わせてモードにキメてもGOOD♪

齊藤亮(ビームスライツ バイヤー)

WITHGIRLFRIEND : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧
BEAMS