BEAMS

〈トラディショナル ウェザーウェア〉
の別注『ウェーバリー』

( Traditional Weatherwear × BEAMS )

エース交代、

春はこの顔です

〈トラディショナル ウェザーウェア〉
の別注『ウェーバリー』

Traditional Weatherwear × BEAMS

  • “ダイヤのエース”として、2023秋冬シーズンの百名品にもノミネートされていた〈トラディショナル ウェザーウェア〉の名作キルティングジャケット『ウェーバリー』。スナップボタンではないちゃんとしたフロントボタンと、ジャケットの裾が隠れる着丈がその特徴。オンオフどちらのシーンでもエース級の活躍!てのが、ダイヤのエースたる所以でした。ただ今回はダイヤのエースじゃないのが、選出のミソ。見てみてほら。ダイヤ顔じゃなくなってるでしょ?
  • CHECK

    アーバンスポーティな

    春のエースアウター

    じつはこれこそが、数々の別注『ウェーバリー』を手掛けてきた〈ビームス〉の目利き力。な~んとお馴染みのダイヤのキルティングボディを、キルティングなしのナイロンシェルに別注しちゃったのです! もちろん相応の理由があります。より軽快なナイロンシェルは春のライトアウターとしても機能。またクラシカルなキルティングジャケットのデザインとの相性も超新鮮。マットなナイロンシェルによって、都会的かつスポーティにアカ抜けて見えるんですよね~!

    シャカシャカ感のない、ドライでマットなナイロンのチョイスもポイント。

  • DETAIL

    シェルとコーデュロイの

    ネイビーコントラストもソソる♪

    じつは衿や袖などのパイピングに使われているコーデュロイにも妙味あり。畝を細身にアレンジしたことにより、こんなに違和感なく、スタイリッシュに仕上がってるってわけ! それにマットなナイロンと、ほんのり素材感あるコーデュロイという、異なるネイビーの2トーンもシックで上品。カジュアルはもちろん、通勤にも使える品が保たれているので、これまたオンオフともにエース級の活躍間違いなしですよ! 

    コーデュロイの畝を細めに。また今回はボタンもスポーティな親和性あるスナップボタンにアレンジ。コーチジャケットのような感覚で、クラシカルな英国アウターを楽しめます。

    内ポケットもスポーティなメッシュタイプに。

( Staff Snap & Voice )

スッキリとして見える細身のシルエットが好みですね。普遍的なデザインで、ロングシーズン愛用してもらえると思います。

伊井 優一朗(ビームス 二子玉川)

上品に着こなしたかったので、あえて第一ボタンを止めて、ジャケットのラインを際立たせました。薄手のナイロンで撥水加工がされているので、梅雨の時期などにも活躍しそうですね。

森田 倫太郎(ビームス メン 渋谷)

NAVY : OTHER ITEM

このカテゴリーの名品一覧