Sexual Wellness Talk
For Girls

セクシャルウェルネス、もっと知りたい!

ビームススタッフ(以下、bb部員)から、女子3名が招集されての座談会。4月22日からラフォーレ原宿で開催されるBE AT TOKYO主催の「SELF LOVE FES」のテーマでもある「セルフラブ」「セクシャルウェルネス」について、最初は少々とまどい気味だったbb部員ですが、一度トークがスタートすれば…盛り上がりが止まりません! 「SELF LOVE FES」のキュレーターで、セルフラブメディア「Lim Love」を運営するMutsumi Leeさんをお招きして、直球の質問をぶつけていきます。

Featuring

Mutsumi Lee

(LimLove Founder、セルフラブガイド、Somatic Sexガイド)

孤児との同居生活、父の自殺、DVシェルターでの避難生活、病的なワーカホリックなど、幼少期から30代後半に至るまで、さまざまな経験をする。20代からカウンセリング、セラピー、ヨガ、瞑想などにトライし、40代でセルフラブを獲得。それと同時に、セクシャルウェルネスがもたらす心身への影響の大きさを実感する。東京とLAを行き来しながら、セルフラブや、セクシャルウェルネスについての理解を広げるべく、さまざまな活動を行っている。
https://limlove.net

Sexual Wellness?

BEAMS会議室に「セクシャルウェルネス」「セルフラブ」についての話をするために集まったビームススタッフ(以下、bb部員)の女子3名。正直わからない部分もあるけれど、興味はすごくある! ということで、気になるあれこれをその道のプロ、Mutsumi Leeさんにぶつけていきます!

[参加メンバー]
A子(20代)/幼いころから、セクシャルウェルネスについて母親としっかり話し合う環境で育つ。アメリカ留学経験もあり、この方面の知識は豊富。

B美(30代)/セクシャルウェルネスという言葉すら聞いたことがない。大学時代から10年以上付き合ってきた彼氏と最近結婚。子どもはいない。

C代(40代)/ふたりの子のママ、結婚歴は15年以上。セクシャルウェルネスに興味はあるが、パートナーとセックスについて話し合ったことはない。

Q.

セクシャルウェルネスすごく興味あるけど、どこから始めるの?

A.

A子: 私は大学時代に1年アメリカに留学していて、そのときにセクシャルウェルネス系のお店も当たり前に見てきたし、こういう話題は日常の一部って感じだなー。

B美: え? なにウェルネス…? 私、まずそこからなんだけど…。

C代: 私自身も全然詳しくないんだけど、こないだ後輩がプレジャートイの話をしてて、休憩時間にみんなでオンラインショップを見てたばっかり。でも、自分で実際使うっていうのは、抵抗があるなぁ…。

B美: ??? プレジャー…なに?

C代: 笑。今日はその道のプロ、Mutsumi Leeさんが来てくれるみたいだから、いろいろ質問してみよう。セクシャルウェルネスがセルフラブにつながるっていう話も、個人的にすごい興味あるんだよねぇ。

女の子には特にセクシャルウェルネスカルチャーについて話してほしい!

Q.

私たち「セルフラブ」が苦手です!

A.

Mutsumi: セルフラブ、日本語でいうと「自己愛」。ありのままの自分を愛するっていうこと。でもこれってシンプルながらも、実はめちゃくちゃ奥が深い。だって、まずは「ありのままの自分」を見つけるところからスタートしないといけないから。私たちは、常に自分を何かしらの「枠」に当てはめて考えがちです。娘、母、友だち、恋人、上司、部下…。でも、その概念のなかに、無理やり当てはめようとするから辛くなる。たとえば、幼稚園のころの自分はどんな子だったかとか、できる範囲で思い出してみて。どんなことで喜んだり、楽しんだりしていたか。まずはそこからです。何か嫌なことがあると環境のせいにしがちだけど、人間って、ほぼ自分の意識だけで生きてるようなもんなんです。意識が変わったら、世界が変わる。私も40歳になるまで自己否定のかたまりだったけど、セルフラブを獲得してから目覚めました。見えている世界の色が、がらっと変わったの。

A子: Mutsumiさんにも、そんな時代があったなんて…。

意識の向きを変えれば、もっと自分を好きになれるんですね!

Self Love

Q.

セクシャルウェルネスとセルフラブの関係って?

A.

Mutsumi: 「ありのままの自分」にもいろいろあるけど、「ありのままの自分のセクシャリティ」っていうのも、セルフラブにおいてはすごく重要な要素です。「セクシャリティ」っていっても、単に「女性」「男性」っていう、性差のことではない。女性のなかにも、すごく女性性が強い人もいれば、逆にメンズっぽい要素を多めにもっている人もいる。恋愛の仕方だって、ここにいる全員が違いますよね? それは、セックスにおける好みもそう。自分がどうされたいのか、どういうふうに触ってもらえたら気持ち良いのか。女性がそういうことを考えることが、日本では文化的にタブーとされがちだったけど、自分への理解が深まらないと、パートナーのことだって理解できるわけないんです。
家庭、学校、職場、友人関係、それぞれのコミュニティのなかで、みなさんずっとコミュニケーションの方法について勉強し続けているでしょ? いろいろトライして、うまくいかなかったら落ち込んで、また別のやり方に挑戦してみる。それを、セックスでもやってほしいの。セックスもコミュニケーションのひとつです。自分から進んで学んで、会話して、習得するための努力をする。それって、絶対に必要なことなんです。

B美: 常に、失敗と挑戦…。

セックスは行為じゃなくて、会話と同じコミュニケーションなんだ!

Q.

ちゃんと伝えたら、相手が傷つかないですか?

A.

C代: セックスに関してもコミュニケーションが大事っていうのは、すごくよくわかるんですけど、「もっとこうしてほしい」って伝えるのは、ちょっと抵抗があります…。

B美: そうそう! 「俺ってヘタクソなのかな…」って、相手がショック受けちゃいそう。

Mutsumi: 気持ちはよくわかる。でもね、たとえばアメリカなんかだと、お付き合いしましょう、ってなったときに、まず相手に聞くの。「どういうのが好き?」「あなたのセックスファンタジーは、どんなの?」って。

B美: セックスファンタジー???

Mutsumi: 自分がどんなことで一番興奮するか、要は妄想です。それをお互いに話し合って、なかにはセックスに自信がないっていう男性もいるけれど、「じゃあ僕は、こうやってあなたを気持ち良くさせたい」「こんなふうに努力するよ」って、コミュニケーションをとりながら、一緒に積み上げていくものなんです。だって、お互い好きだから付き合ってるんでしょ? ふたりの時間をどうやったらもっと良くできるかって、真剣に向き合ったら話し合えるはずですよ。

A子: 私も、そういう関係になる前に、必ず話すようにしています。逆に、そこで真剣に話を聞いてもらえなかったら、その人とは一緒にいられない、さようなら、っていう結論になることもある。

恥ずかしがらず、怖がらず、真剣に伝えてみたいと思います!

Q.

長い付き合いの相手に、切り出すにはどうしたら?

A.

B美: 私は新婚なんですけど、旦那とは大学時代から付き合っていたので、もう10年以上。今までセックスについて話し合ったことなんて一度もないから、話しづらい…。

Mutsumi: 男性ってね、女性が気持ち良いと、めちゃくちゃうれしいんですよ。だから、「こういうふうにされたい」っていうのを伝えたら、絶対喜んでくれると思いますよ。

A子: 私は言い方にも気をつけてますね。「これはやだ! これしないで!」とか否定するんじゃなくて、「さっきのあれ、すごい良かったから、次はこうしてくれるとうれしいな~」とか。

B美: なるほど…。

C代: 私も結婚生活が長くて、これまで話したことないんですけど。よくよく考えてみたら、自分のことを打ち明けるのが恥ずかしいのかも。相手がどうこうというより、もしかしたら自分側の問題の方が大きいのかもって、みんなの話を聞きながら思いました。

Mutsumi: そうそう、こうやって話が盛り上がるのがいいんですよ! ほんとはみんな、話したいはずなんだから。それでも切り出しづらい人たちのために、私、カードゲームをつくったんです。これなんですけど、トランプみたいな感じで1枚ずつ引くと、性にまつわる質問が書いてある。それを順番に答えていくっていうものです。

一同: なにこれ! めちゃくちゃおもしろい!

<Lim Love>オリジナルのセックスのコミュニケーションを円滑にするためのカード。ゲーム感覚で深いコミュニケーションができるのでおすすめ。

みんな本当はもっとセックスのこと、ちゃんと話したいと思っているんです。

For Beginer

Q.

ビギナーが取り入れやすいプレジャーアイテムは?

A.

Mutsumi: ローションなんかは、まず取り入れやすいアイテムですよね。肌に塗って、触れ合うときの質感を楽しむもの。そうそうみなさん、ローションと潤滑油はまったく別のものだから、気をつけてね。

C代: え! 挿入をしやすくするためのものじゃないんですか?

Mutsumi: それは潤滑油。ローションはあくまで肌に塗るものなので、膣のなかに入れるとよくない成分が入ってる。しみちゃいます。
あと、潤滑油にも種類があって、ウォーター系とオイル系に分かれる。オイル系はラテックスのコンドームとは一緒に使えないから、これも気をつけてね。

A子: このカップはなんですか?

Mutsumi: これは、膣の中に入れることによって、生理中でもセックスができるっていうアイテム。アメリカでは最近「period sex」っていうワードも出てきていて、生理中でもいかに楽しむかっていうのが話題だったりします。

A子:私がアメリカにいたときは、まだなかった!

楽しみ方、どんどん進化してる!

プレジャーアイテムも最近では手に取りやすいおしゃれなデザインがほとんど。

Q.

セルフプレジャーって…抵抗があります。

A.

C代: ふたりで使うアイテムなら、なんとなく昔から存在は知っていたんですけど…。ひとりでって、抵抗があるなぁ…。

Mutsumi: マスターベーションする女性って、日本では少ないのかもしれない。けど、私たちせっかく、そういう機能をもって生まれてきたわけです。使わないなんて、もったいない!
クリトリスは人間の臓器のなかで唯一、快楽のためだけのものなんです。男性器は、排泄と兼用ですよね。クリトリスでオーガズムを感じると、エンドルフィンっていうホルモンが出るんですが、これにはモルヒネ的な作用がある。本来、膣のなかにペニスを入れるって痛みを伴うんですけど、それを緩和させてるんです。

一同: !!! 知らなかった!

Mutsumi: だから、セルフプレジャーをして、良いホルモンをたくさん出して免疫をアップさせれば、身体の機能が整いやすくなる可能性は大いにあります。不眠とか、ストレスの緩和にも効果があると私は考えています。
挿入系のプレジャートイはハードルが高くても、クリトリス用のバイブレーターならビギナーでも取り入れやすい。これはペンダント型になっているんだけど、見た目からは何かぜんぜんわからないでしょ? 温度が上がる機能もついてるんです。あったかいと気持ち良いから。保温機能付きじゃなくても、触った感じが冷たくない質感のものを選ぶと良いですね。あとは直感で、見た目が気に入ったものをチョイスすれば良いと思います。

B美: でもマシンに頼ってると、男性としたときに感じにくくなるって聞いたことが…。

Mutsumi: 感度は、練習したほうが上がるの。だから、セルフプレジャーするほど、実際のセックスが良くなっていきます。

特に盛り上がったのがこの“大人のウォータースライダー”。お風呂で楽しむプレジャートイなんです。

ちゃんと練習しないと感度は上がりませんよ!

Q.

Q. 「膣ケア」、気になってます!

A.

C代: 3人子どもを生んだ友達で、「お風呂でお湯が入ってきちゃうから、自分はゆるいんじゃないか…」って悩んでる子がいて。その子は、膣に入れるボールを買って、トレーニングしてたんですよね。でも、効果がわかんないって、途中でやめちゃった(笑)。

A子: けど最近は、膣の中の圧を測れるデバイスありますよね。スマホアプリに飛ばして、記録できるような。

C代: そんなのあるんだ! すごい!

Mutsumi: すばらしい! みんないろいろ友だち同士で話してるのね。

B美: でも、都市伝説かもしれないんですけど、鍛えすぎると硬くなって、相手が気持ち良くないって話を聞いたことがある…。本当ですか?

Mutsumi: 膣自体は筋肉じゃなくて粘膜だし、硬くなるほどトレーニングできないから大丈夫。周りの筋肉でいうと骨盤底筋になるんだけど、逆にここを鍛えておかないと、歳をとってから尿漏れとか、いろんな不調につながります。
あと、大事なのは膣マッサージ。みなさんちゃんと指入れて、自分のことを知るようにしてね。健康な膣は弾力があって、ひだもあって、潤っている。この状態が悪化すると、要は免疫が下がっているってことだから。マッサージオイルも、ちゃんと専用のものがありますよ。

B美: ほんとに、知らないことばかり…。

Mutsumi: そう、いろいろあるってことを、まずは知ってほしい。知ったうえで、使う使わないは、それこそ自分の嗜好次第で決めれば良いわけで。でも、「あのとき知ってたら良かったのに…」っていうのが、一番もったいないじゃない? だから私は、日々普及活動をしているんです。

いろいろな情報を知ったうえで自分の嗜好で選ぶことが大事です

Q.

Mutsumiさんがキュレーターを務めるセルフラブフェスって何するの?

A.

Mutsumi :  「セクシャルウェルネス」はもちろん、「フェムテック」「マインドフルネス」「フィジカルヘルス」だけでなく、アートやカルチャー、海外の最新情報など、さまざまな角度からセルフラブにまつわる“ヒントや気づき”を得られるイベントです。さっき紹介したプレジャートイや「SEX TALK CARD」「SELF LOVE CARD」も購入できます。 このイベントで自分自身のことを知り、愛するためのヒントを見つける機会になってほしい! お友達やパートナーともぜひ遊びに来てくださいね。

Self Love Items

iroha | iroha petit ¥630(税込)

プレジャーアイテムに一歩踏み出せないあなたに、ぜひ試して欲しい気軽な使い切りアイテム。捨てる時もポイっと簡単。98%が水分なので冷蔵庫で冷やしたりお風呂で温めたり、 好きな温度で使えます。

I'm La Floria | デリケートボディウォッシュ ¥3,740(税込)

デリケートゾーンもボディも、豊かな泡で優しく洗う、弱酸性ボディウォッシュ。乳酸菌発酵エキス配合(乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液)で、潤いのあるふっくらとした素肌へ。

Hogara | オーガニックコットン吸水型ショーツフル ¥5,390(税込)

オーガニックコットンを使用したマチ部分はこだわりの4枚構造で、表地はRepur®加工が施されており、抗菌・消臭・部屋干し臭へのケアにも。全4型展開と体型やライフスタイルに合わせて選べます。

相模ゴム | ポジティブサポート ¥3,300(税込)

精子の活動に着目した妊活対応ジェル(潤滑ゼリー)。精子に適した弱アルカリ性、イオンバランス、運動を妨げにくい粘度など、妊娠を望まれる方用に徹底的に考案された妊活をサポートするためのアイテム。

CBDAYS MOMENT | CBDチョコレート 各¥3,240(税込)

ピュアチョコレートというこだわりの素材に日本各地で再探求した食材を合わせた3つの味わいに、CBD200mgを配合。近年では健康機能が注目されているチョコレートとCBD両方の効果が味わえます。

CBD(coffee) | Mēs CBD Tincture 10ml(TOTAL Water Soluble Cannabinoid 50%) ¥1,180(税込)

CBD(coffee)のオリジナルブランド<Mēs>。CBDティンクチャー の1番の特徴は、CBD濃度が30%と高濃度でありながら水溶性でありどんなドリンクにも溶けやすく味の邪魔をしないため、日常にも取り入れやすいところ。

WALALA | CBD POINT CREAM ¥7,500(税込)

なじみやすく透明感のあるテクスチャーで、顔はもちろん、肩や首など全身にも使用できる万能クリーム。厳選された植物由来の成分を配合し、ナノ化乳化剤技術により効果的に皮膚の角質へ浸透を促します。

EIRIS | エイリス ケア フェイスマスク 5枚入り ¥8,250(税込)

植物由来のナノ繊維「バイオセルロース」を使用したCBD配合の贅沢マスク。お肌にピッタリと密着し、美容成分を角質層まで浸透させ、潤いを保ちます。お肌を整え、しっかりと皮膚を保護します。

こちらに掲載されているアイテム以外にも、「SELF LOVE FES」ではさまざまな企業・ブランドのセルフラブにまつわるアイテムを取り揃えています。他にもトークショーやワークショップなども実施されるので、気になった方はぜひ会場まで足を運んでみてください。

Impressions

  • (Team bb)

    セクシャルウェルネス、まだまだ気になることがたくさんある!

    セルフプレジャーやセックスのことなど、初めて知ったことや気づきが本当にたくさんあった有意義な時間でした! なによりも参加した全員が恥ずかしがらずに自分のことをさらけ出せたことが良かったし、そのことでもっともっとセクシャルウェルネスだけじゃなく、セルフラブということにも興味が湧いてきました。4月22日からスタートする「セルフラブフェス」はパートナーとちゃんと話せるきっかけになりそうなので、せっかくだから一緒に参加してみるのも良いですね!

Information

「セルフラブ」に向き合うスペシャルイベント

「セクシャルウェルネス」「フェムテック」「マインドフルネス」「フィジカルヘルス」「アート/カルチャー」「海外の最新情報」などをキーワードに、物販のみならずトークショーや配信番組、ワークショップを通じて、セルフラブにまつわるさまざまなヒントや気づきを提供する、BE AT TOKYO主催のイベント。MutsumiさんもMCとして登壇する。

日程:4月22日(金)、4月23日(土)、4月24日(日)
時間:11時〜20時
場所:BE AT STUDIO HARAJUKU(ラフォーレ原宿 6階)
※入場無料
※会場のラインナップには、一部18歳以上を対象とした商品が含まれます。ご了承ください。
詳細はこちら

男性編はこちら!

BACK TO TOPICS

Category

  • Hi! Professional!
    Hi! Professional!

    教えて! 美のプロフェッショナル!

  • Brand Tour
    Brand Tour

    注目ビューティブランドのほんとのところ。

  • My Best Beauty Gadget
    My Best Beauty Gadget

    みんなのビューティガジェット。

  • Try!
    Try!

    気になるビューティコンテンツ、やってみた。

  • TOPICS

    ビューティなこと、いろいろ。