大人BEAMS発信。52人の「わたしが愛してやまない服とモノ」 Instagram Facebook Twitter Line

INSTAGRAM

いま惹かれるパワーブランド
いま惹かれるパワーブランド

DIRECTOR & BUYERのコレは買い!

いま惹かれるパワーブランド

<International Gallery BEAMS><EFFE BEAMS><Demi-Luxe BEAMS>の3つのレーベルから、ディレクターやバイヤーたちが登場。ファッションプロの彼女たちがいま最も夢中になる、アップカミングなブランドとは?

塚本 知絵

<EFFE BEAMS> ディレクター・バイヤー
塚本 知絵 Chie Tsukamoto
のPICK UP ITEMS

2002年、クオリティーコンシャスで色香のある“バランスのとれた女性”のライフスタイルをサポートするために生まれた<EFFE BEAMS>。単なるトレンドやブランドバリューに流されず、本当のクオリティーを知り、さりげなく着こなすことのできる女性へ贈りたいアイテムとは?

夏小物と言えば、やはりかごバッグ。取り入れるだけでぐっと夏気分に。<EFFE BEAMS>では大人の女性の手にとって欲しいかごバッグとして、レザーコンビの<HEREU(ヘリュー)>をピックアップ。「HEREU」はスペイン語で『後継者』や『跡取り』という意味。ロンドンとパリでキャリアを積んだホセとアルベールが、地中海地域の伝統工芸品を見直し、ハイアートと伝統的な民芸、そしてポピュラーアートに着想を得て現代にマッチしたモノづくりを行うブランドです。デザインはシンプルですが、レザーのサークルハンドルがアクセントに。これを持って、気分だけでも常夏のリゾートへ。

モロッコでハンドメイドされている<CONTRE ALLEE(コントレアリー)>のラフィアシューズ。先にメンズレーベルにてお取り扱いしていたのですが、スーツにこのシューズを合わせているコーディネートを見て素敵だなと思い、今回セレクトしました。例えば、いつものシャツとパンツのスタイリングも、このラフィア素材のローファーに変えるだけでぐっと夏感が増しますよね。もちろん夏のワンピースやデニムにもぴったりなので、着回しの効く夏アイテムとしても優秀。ラフィアは湿地帯に育つヤシの一種。その繊維は強く丈夫ながら柔らかさもあり、さらにインソールはクッション入りなので最高の履き心地です。

生地に惚れこんで2型を仕入れた<L â chement(ラシュモン)>。どちらの型も昨年好評だったデザインですが、プリント生地は初展開なので違った印象で着こなせると思います。とくに定評のあるドレスは、一枚で着て肌見せを楽しんだり、クルーネックのノースリーブを重ねてみたり、気温やシチュエーションに合わせた着こなしもおすすめ。個人的にメンズライクなテイストが好きなので、<L â chement>のブランドコンセプトである「メンズライクなテイストも、女性ならではのエレガンス」というフレーズがとても好きです。ここでは紹介していませんが、別注アイテムも実現したので、そちらもぜひチェックしてみてください!

My Favorite

好きなコスメは?
香水は<L'ARTISAN PARFUMEUR>のミュール エ ムスク エクストリーム オードパルファムを愛用中です。ヘアスタイリング剤は<rolland O-WAY>のシャビー マッド。オーガニックでクレイ状というところがお気に入り。外出前に、オイルと混ぜてつけています。好きなシャンプーはオーガニックの<giovanni>のモイスト。アボカドオイルが配合されていておすすめです。

塚本 知絵 Chie Tsukamoto

<EFFE BEAMS>ディレクター。静岡県出身。趣味はドラマ・映画鑑賞。「これからの季節に気分が盛り上がるような鮮やかな色、柄ものを中心に集めました。特にブルー、イエロー、オレンジ、グリーンがキーカラーとなっています。クオリティコンシャスというコンセプトのもと、ひとつひとつに細かいこだわりがたくさん詰まっているので、ぜひチェックしてみてください」

@chie_tsukamoto_
安藤 由美子

<Demi-Luxe BEAMS> ディレクター
安藤 由美子 Yumiko Ando
のPICK UP ITEMS

仕事もプライベートも充実した女性に向けて、上質でベーシックなアイテムを大切にしながらモダンなスタイルを提案する<Demi-Luxe BEAMS>。ディレクターの安藤由美子が、発色や心地いい肌触りにこだわったリラックスムードのアイテムを厳選。

パリのショールームで見つけた<A EMERY(エー エメリー)>のサンダル。大人の女性が気負わず履ける、都会的な印象にとてつもなく惹かれました。シャープな印象のスクエアトゥと、華奢なストラップの女性らしさのバランスが絶妙。このブランドのInstagramやLOOKのイメージそのままに、リラックスしたムードのワンピースがこのサンダルを合わせると不思議とミニマルで都会的なスタイリングにまとまるので、この夏に大活躍の予感です。そして、最近の春夏シーズンに気になるのが<A EMERY>をはじめとするオーストラリアブランド。力強く都会的なムードのブランドが多く、<Demi-Luxe BEAMS>での取り扱いも増えつつあります。

トレンドもあって、被ったり被らなかったりするハット。今シーズンはどうしても直線的なデザインのハットに目がいきます。ニューヨーク発<CLYDE(クライド)>のハットは、クラシックなデザインに対する、独特のモダンな空気感が魅力。そのモダンさは、ナチュラルな素材に対する一切無駄のないシンプルなデザインと、ハンドメイドにこだわってしっかりと丁寧に編まれた、高級感からくるものなのかもしれません。なので、ナチュラルな素材感にも関わらず、不思議とジャケットやシャツなど、そこまでリラックス感の強くないモダンなアイテムとのコーディネートもしっくりとなじみます。また、Tシャツやカジュアルなワンピースなど、ラフなアイテムに合わせるとワンランクUPのスタイリングに。

My Favorite

おすすめの本や映画は?
エッセイ集『サンドウィッチは銀座で』など平松洋子さんのシリーズ。出てくる料理が想像しやすくて好きです。最近観てよかった映画は、「Amazon プライム・ビデオ」でも配信されている『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』。シャルロット・ペリアンの回顧展で印象的だったアイリーン・グレイを思い出しました。

安藤 由美子 Yumiko Ando

<Demi-Luxe BEAMS>ディレクター。鹿児島県出身。趣味は食べ歩き、映画鑑賞。「今季のテーマ『NOW ROMANTIC』を考えるにあたり、スタッフやお客様のテンションが上がるアイテムかどうか、トレンドや世相を拾えているかなど、色々な想いを巡らせました。<Demi-Luxe BEAMS>に関わる全ての方が少しでもパワーをもらえるようなシーズンになりますように」

yunko0401
坪井 純子

<Demi-Luxe BEAMS>バイヤー
坪井 純子 Junko Tsuboi
のPICK UP ITEMS

<Demi-Luxe BEAMS>から、小物やシューズを中心にバイイングする坪井純子。今回のニュースは、気になるシューズブランドから送り出される、魅力的な真夏のサンダルたち。

コーディネートしやすいサンダルを探しているなら、ぜひスウェーデンブランドの<ATP ATELIER(エーティーピー アトリエ)>を。一足は持っていたい、いま一押しのブランドです。今回セレクトしたのは、ブラウンのウォータースネークの型押しと、進化形トングの今年らしいデザイン。傷が目立ちにくいのも長く愛用できる嬉しいポイントです。サンダルから始まったブランドならではのホールド感は格別で、最高級の革と植物性染料のみを使用し、イタリアの職人によって手作りされています。この気軽で優雅なサンダルは、手持ちのワンピースに合わせてもいいですし、ブラウンのワントーンでまとめるのも今季はおすすめです。

1966年から続くスペインの老舗ファクトリーがプロデュースするシューズブランド<ANGEL ALARCON(アンヘル アラルコン)>。なんと今季が日本初上陸。モダンなデザインと、チャレンジしやすい価格帯が魅力のブランドです。今シーズンたくさん登場しているトングサンダルですが、<ANGEL ALARCON>のトングは痛くなりにくいのが最大のポイント。柔らかいレザーと安定感のあるチャンキーヒール、インソールもふかふかで、一日中履いても快適なはず。デイリーに履ける都会的で洗練されたコレクションをぜひチェックしてみてください。

履くと気持ちがときめき、足元からコーディネートを決めたくなる。そんなサンダルを作りたくて、特別にカラー別注をしたのが<LAOCOONTE(ラオコンテ)>。サンダルが得意なスペインのシューズブランドで、高い職人技術による機能性を重視した履き心地が魅力です。今回は、トレンドカラーのピンクとグリーンのサテン生地を親指のリング部分に施しました。発色が美しく、コーディネート全体のさりげないポイントになること間違いなしです。

My Favorite

おすすめのアプリは?
睡眠記録アプリの「ぐっすり〜ニャ」。寝る前にアプリを起動して枕元にセットすると、スマートフォン内蔵の加速度センサーが睡眠時の寝返りなどの動きをキャッチして楽しく、睡眠を管理してくれます。瞑想のアプリ「MUON」も愛用中。時間と場所を問わず、スマホひとつで日常的に瞑想を続けられます。

坪井 純子 Junko Tsuboi

<Demi-Luxe BEAMS>シューズ・バッグ バイヤー。東京都出身。趣味はお酒。「今シーズンのシューズとバッグは幅広く楽しんで頂ける内容になっていると思います。この春日本初上陸のブランドも必見です。皆さまの心に届く(=テンションの上がる!)、素敵なアイテムを<Demi-Luxe BEAMS>を通してご紹介できると嬉しいです」

紹介した商品はこちら

新着記事

STAFF'S EYE 〜人気スタッフ発信。私達のケーススタディ〜
連載記事一覧

TOP