大人BEAMS発信。52人の「わたしが愛してやまない服とモノ」 Instagram Facebook Twitter Line

INSTAGRAM

『華モードなスカート』で気分を上げて
『華モードなスカート』で気分を上げて

EDITOR三尋木奈保のベーシックノート

『華モードなスカート』で気分を上げて

きれいめなベーシックスタイルに、働く女性からの厚い支持が集まるエディター三尋木奈保。ビームスで見つけた、私的好みのベーシックを発信する当連載。今回は、自身のワードローブの基本アイテム「ひとくせスカート」をピックアップ。

Item01:フェイクレザープリーツスカート

王道のフェミニンプリーツを、今年らしい辛口素材で

「シーズン問わず、いちばんときめくアイテムは?と問われたら、私の場合は間違いなく‟スカート”!凝った素材感だったり、ボリューミーに広がるシルエットだったり、華やかでスペシャル感のあるスカートを、いつも探しています。トップスやアウターはシンプルなものが好きだから、‟着映え分野”はスカートに託す、という考え方。なにより、お気に入りのスカートの裾を揺らしながら歩くだけで、どんなに忙しい日も気分が上がります(笑)。

さて、そんな私が今年大注目しているのがフェイクレザースカートです。環境に優しくお手入れがラクなのはもちろん、フェイクレザーならではのクールで今っぽい個性が、着こなしのモード感をぐっと高めてくれるのがいい!コンサバなプリーツスカートも、黒のエコレザーならこのとおり、キレよくかっこいい方向に映えますよね。プリーツの分量をたっぷりとったデザインですが、通常の布帛プリーツとは違う、レザー独特の重みのある揺れ感を楽しめますよ。スカートも、ただ甘いだけでは大人の女性にはもの足りないから。こんなふうに、モードだけど華もある一枚がしっくりきます♡」

Item02:ツイードフリンジスカート

ツイードスカートに ひとくせディテールで個性をプラス

「こちらのツイードスカートも、モード感と華やかさ、両方兼ね備えた一枚です。カーキやベージュの色糸とラメ糸が織り込まれた凹凸感のあるツイードは、お出かけシーンでも映える華やかさ。素材はラグジュアリーだけど、ミディアム丈のタイトなのでキリッと洗練されたい仕上がりです。左側のサイドに配された共生地のフリンジが、モードなアクセントとなり着映え力も抜群。甘すぎず派手すぎず、だけど大人の女心をくすぐるバランス、<EFFE BEAMS(エッフェ ビームス)>は上手だなぁ……。
私的には、ベルト部分が黒の切り替えなのもかなり高ポイント。このスカートにはブラウスをインして着たかったから、黒ベルトのウエストマークで着こなしが簡単にサマになるのがありがたいのです。女っぽくて華やかなツイードタイトと、ツヤブラウスの組み合わせ、私の中では年末のイベントシーンに着ていきたいイメージ。今年は大勢で集まることは難しそうですが、本当に大切なひととだけ、互いを思いやりながら集う会、というのもいいですよね。そんなシーンでは、思い思いのおしゃれをして出かけたいもの。ファッションには、自分も周りも幸せにする力があると信じて♡」

ほかにもおすすめ! スカートのおしゃれを広げるワードローブ

味つけしだいで着こなしの幅が広がるのもスカートの魅力。三尋木視点で、おすすめをリコメンド!

ウールロングタイトスカート

「ベーシックな長めタイトは、ボリューミーなロングニットに合わせるのに便利。身体のラインをひろいにくい上質な地厚ウールは、微ストレッチ&長めのフロントベンツで穿き心地がいいのも魅力です。ブーツで足元を重めにすると今年らしいバランスに仕上がりますよ」

アイボリーショートブーツ

「今季大注目の白ブーツ。今年は量感のあるボトムが主流だから、足元に白がくると全身に抜け感が出て、バランスよくまとまるんです。こちらは真っ白過ぎないアイボリーの色味が合わせやすく、意外とどんな着こなしにもハマるはず。ラウンド形のヒールも今どきです」

チェックリバースカート

「柔らかい配色のチェック柄が印象的なスカート。ほかにないペールトーンの組み合わせがなんとも洒落てます♡黒タートルと黒のロングブーツで、スカートのチェックを引き立てたい。デイリーからオフィスカジュアルまで幅広く活躍しそうな一着です」

華モードなスカートをもっと見る

My Favorite

「すっかり寒くなってきましたねー。家ごはんのときの私の癒しは、自家製味噌でつくるお味噌汁!身体の芯からあったまります♡行きつけのイタリア料理店の女性店主が、毎年節分のころになると手作り味噌教室を開催してくれるんです。2月に仕込んで春夏のあいだに発酵させて、秋になると食べごろに。麦味噌と米味噌の2種類をタッパーに保存して、合わせ味噌の配合をいろいろ楽しんでおります。自分で仕込んだ味噌は本当に美味しくて!これが本当の手前味噌(笑)。ほかの料理は手抜きをしても、お味噌汁だけは朝晩欠かさず用意しています」

三尋木 奈保

三尋木 奈保 Naho Mihirogi

Editor

ファッションエディター。雑誌『Oggi』『Marisol』などを中心に活動。近年はアパレルブランドとの商品開発にも多く携わる。自身のおしゃれルールを公開した著書『マイ ベーシック ノート』(小学館刊)は、シリーズ2冊累計18万部を超えるベストセラーに。

ファッションエディター。雑誌『Oggi』『Marisol』などを中心に活動。近年はアパレルブランドとの商品開発にも多く携わる。自身のおしゃれルールを公開した著書『マイ ベーシック ノート』(小学館刊)は、シリーズ2冊累計18万部を超えるベストセラーに。

Photography_Keiichi Suto
Hair&makeup_Harumi Kanbe
Direction_Miku Nishizawa[LVTN]

新着記事

BASIC CLOSET 〜ベーシックスタイル、私の場合〜
連載記事一覧

TOP